ロコモ丼のレシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

C62やらキハ53やら

「フォークル」などの活動で知られるフォーク歌手のはしだのりひこさんが亡くなりました。72歳でした。筆者が物心ついた頃は人気が若干落ち着いていて楽曲のリリースやテレビなどの露出はあまりなかったですが、精力的にライブ活動をされていたようです。また元メンバーだった女性ヴォーカルの洋子さんが長く中国放送のラジオ番組のレギュラーだったので「花嫁」や「嫁ぐ日」など往年のナンバーを時々披露してくれました。
記事で初めて知ったのははしださんはパーキンソン病だったそうです。難病中の難病なのですが、この病気ですぐに連想するのはモハメッド・アリですね。アリ氏は1996年のアトランタオリンピックの最終聖火ランナーを務めました。激しく震える体で大任を果たそうとするその姿は感動を呼びましたが同時にパーキンソン病という病気を世間に知らしめる形となりました。
パーキンソン病の原因や治療法がわかったというニュースを1990年初頭に読んだ記憶があります。しかしアリ氏の病状はその後一向に回復せず、2016年還らぬ人となりました。一体どうして?
2000年になって18年、医学の進歩が停滞しているような印象を持つのは筆者だけでしょうか。パーキンソン病にしろ、癌にしろ、エイズにしろ、さまざまな分野で期待される再生医療にしろ、これらは周期的にニュース記事になるのですがなかなかブレークスルーにまでは至らない。研究開発の現場は努力しているのか? 努力はしているけど資金が足りないのか? あまり考えたくはないですがドス黒い大人の事情ですかね。人類から病気が根絶すると困る勢力のせいでわざと開発を遅らせているとか? 「病気産業」といわれる勢力ですね。
「難病制覇なんてそんなに簡単なものじゃない」と科学通に怒られるかも知れませんが医学の停滞は痛切に感じます。
あと科学マスコミの論調ですが、病気に苦しむ人をぬか喜びさせるような記事は控えるべきではないか、永い道のりの小さな一歩くらいにとどめるべきだと思います。

で、と

オークションの売り上げでこんなものをポチッ

kiha53c62 (6)
C62呉線(2両目)
昭和40年頃、本州における大型蒸機最後の砦である呉線にて最後の活躍に入る頃の姿です。(同線区は昭和45年蒸機廃止)。
前回のKATO C62 東海道形(昭和31年以前の姿)との違いも興味深いです。
広島区や常磐線平区のC62もここに集結し鉄道ファンを熱狂させました。下がりつばめの18号もそのメンバーの一両でしたが電化を待たずして昭和43年廃車になりました。
常磐線のC62は軽量改造されていたので空転が多かったらしく現場での評判は芳しくなかったようでした。23号以外は37,46~48号と汽車会社製でした。個人的には23号の端正な顔が大好きです。

KATOさん、次は汽車会社製C62ですね。常磐仕様、あるいは北海道44号もいいですね。楽しみにしてますよ。


kiha53c62 (4)
キハ53は木次線最終形として導入。キハ52との混結を楽しみましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2017/12/20(水) 08:26:13|
  2. 鉄道車両(模型)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幸福の黄色いトラック | ホーム | DD51-800@愛知機関区>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurokikumie.blog.fc2.com/tb.php/526-76749b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。