ロコモ丼のレシピ

TOMIX EF30をスカートマウント化する その4 (画像、説明追加)

えっまだ引っ張るの?という感じですが「その3」の仕上がりに不満が残るのでさらに改良?を加えていきました。
ここからはほとんど筆者の拘りの追及なので第三者の方が見てもためになるものは少ないと思いますのでよろしければお付き合い下さいませ。

rokomodon40 005
「その3」ではスカート周りが寂しかったので今回これを使います。
KATO DD54初期形お召し用カプラーセットについている車上子保護板です。

rokomodon36 004
しかしこのままでは合わせる部分がまったくありません。

rokomodon40 001
スカートの内側からプラ板を貼っていきます。
これで「はめ込み部分」を作るとともに接着剤の接着面積を稼ぎます。

rokomodon40 002
分かりづらいかも知れないので角度を変えて。
瞬着を圧着しましたので見た目よりガッチリついてます。
ちなみに両側に1mm厚に0.5mm厚プラ板を重ねています。

こういう工作は本当に現物合わせの連続なので画像がないとなかなか説明が難しいです。

rokomodon40 004
ナックルカプラーが上に上がるのを防止するストッパーもこしらえました。
板バネもちゃんとついているので「その3」と違ってちゃんと首を振ります。

rokomodon41 005
スカート下に接着します。瞬間接着剤でガッチリ固めます。
これでもう後戻りはできません。doki doki・・

rokomodon40 008
完成!ステップまでついて実感的になりました。
ナックルカプラーもついたのでKATO機のような感覚で扱うことができます。
碍子を緑に塗装すればKATO機と騙すことも可能です(それはムリ)。

rokomodon41 007
下から見た図です。スカスカ感がなくなり格好よくなったようです。

rokomodon41 004
試走は問題ないようです。復元バネがあると安心感があります。
本当は無理にやる必要のない工作ですがたとえばジャンクで見つけてきた古い模型を今風模型に蘇えらせる助けとしてこうした工作が役に立つことがあるかも知れません。
でこの項を一応終わりとします。

久しぶりにオリジナルの工作を紹介できた気がします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/07/18(木) 01:02:16|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<公約違反には罰則を | ホーム | マイクロエース製品の魔力>>

コメント

なるほど

これはなかなかのカスタマイズですね~
前面が引き締まり、機関車が活き活きして見えます(^^)
旧製品もこうやってカスタマイズすると新製品に負けない気がしますね。
  1. 2013/07/20(土) 20:43:55 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

動作好調です

ありがとうございます。
昨日もう片エンドにも同じ加工を施しました。
結構面倒くさかったですが仕上がりには満足しています。
台車マウントの旧製品に簡単にKATO系カプラーがつけばよいのですが。
昔は取り付けを容易にするアイテムがあったらしいのですが今は入手困難のようです。
  1. 2013/07/21(日) 06:23:17 |
  2. URL |
  3. 浜ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurokikumie.blog.fc2.com/tb.php/49-64ab2a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)