ロコモ丼のレシピ

ばん物 C57180門デフ

それにしても寒いですね。西日本が大荒れになっています。日本だけでなく東南アジアにも寒波に見舞われているとのこと、太陽活動の低下により今後地球が氷河期に突入するとの説を唱える学者もいるようです。
まあ筆者はこの世はすべてマボロシだと思っていますので(笑)、くだんのレイアウトの製作者が悪さをしているだけかもしれません。

話は変わり・・・・
マイクロエースから久々にロータリー車とマックレー車が発売されるとのことで、ちょっと注目しています。今度は機関車のつかない単品売りになるらしいです。その昔、筆者が小学生の頃、学習雑誌の付録にロータリー車のペーパーキットがついてきたことを思い出しました。たぶん学研の科学だったと思います。(当時学研の雑誌は発売日に学校で買うことが出来たんですが今もそうなのでしょうか。)しかし何でロータリー車? 蒸機の方が受けのいいんでしょうがあえて工作しやすい車両をということでチョイスされたのでしょうか。組み立ては簡単だったですよ。
当時の学習雑誌は付録が独創的で素晴らしいものが多かったです。折ってフックをかけるだけで完成するシルバー仮面のマスクとか、厚紙製のメンコ状のものが宙に舞うガンとかどれもこれも楽しかった。開発設計の人は毎月ネタが良く続くなあと、何より凄いのは子供の工作力でも十分完成にこぎつけられるよう一定のレベルに配慮されていたことです。
これらの付録キットのお陰で筆者もずいぶんと工作心を養われたような気がします。

そしてようやく本題・・・・・

街での野暮用の帰りに中古店に寄ったのがそもそもの間違いでした。

victor-loki (3)
お持ち帰り~

victor-loki (2)
8Kでした。
しかし消費税が重くのしかかります。ほとんど送料(笑)。
再増税を目論む政権は終わりにしなければいけません。

パーツ使用のため査定が低くなったようです。こちとらこんなん有難いだけなのに。

この門デフ180号のみ機炭分離の状態でケースに収められています。輸送中破損等の報告があったのでしょうか。
最新の1号からは元通りになっています。

victor-loki (6)
前オーナーが信号炎管も、握り棒も、エアーホースも取り付けしています。側面ナンバープレートには若干苦戦の跡も見られますがおおむね丁寧です。
前オーナーの愛着のようなものがこの模型から伝わってきます。模型店でこれを買って、せっせとパーツを取り付けている時点では後生手元で大事にするつもりだったのでしょう。どんな事情で手放したのかつい思いを馳せてしまいました。

しかしデフステー太くないか・・・・・

victor-loki (10)
筆者宅にはこういう模型がずいぶんと増えてしまいましたが“多頭飼い崩壊”のような事態だけにはならないよう注意したいと思います。
つまり病気とか怪我とか破産とかのことですよ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/01/28(木) 00:41:17|
  2. Nゲージ蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<動力近代化 | ホーム | 蒲田の空は広い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurokikumie.blog.fc2.com/tb.php/444-2d3c9cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)