ロコモ丼のレシピ

ロボコン機関車

不眠不休耐久レースな仕事が3日続き、ようやく火曜日にOFFが取れ、下界に下りて服や日用品の買出しに出かけました。
そしてお約束のこんな余計なお持ち帰り品も・・・・・・・・・・

dusty-lopez (20)
DF90-1。ミヒャエルエッセもとい、マイクロエースのDF90・標準色・秋田機関区(A8206)。
3..5kといったところでしょうか。クリアケースの上ぶたがキツキツだったので新品同様品といっていいようです。

この手の試作ディーゼル機はあまりに外観がもっさりとしてるというか、緊張感がないというか正直引いていたのです。
なんだか手を出してはいけないようなジャンルのような気がして。
ロボコンみたいだし(笑)。
しかしついに禁断の世界に足を踏み入れてしまいました。

dusty-lopez (25)
メーカー公式によると2008年製品です。
同社がディティール表現に目覚めだした頃の製品なので、鮮やかな塗装の塗り分けに色々細かい作り込みがよいです。

dusty-lopez (21)
日立製の1号機♪
ロボコンというよりキャプテンウルトラのハックに似ているかも。ジジイな話題ですみません。でも昭和50年過ぎまではよく再放送していたので(言い訳)。

dusty-lopez (23)
実物をよく知らないのでどこまで実機に肉薄しているのか分かりませんが、
よくありがちな信号炎管やホイッスルもデカ過ぎるということもないようです。

dusty-lopez (24)
2008年ものともなると運転席も作られコクピットカラーで塗られているのが楽しい。
区名札まで印刷済み。
手を入れるとすれば暗めなライトくらいでしょうか。
あとはナックルカプラーがすんなりつけばいいのですが。

で、もうひとつはオークション落札品。

dusty-lopez (14)
EF12-1原型(A2101)。
メーカー公式によると2002年製品ですね。
初期製品の中では好評だったようでずっと欲しかったのですがようやく格安入手できました。
純正ケースなしだったのがその理由のようです。
とはいえこの原型は他社からアナウンスがあったわけでもないのに最近安く出品されてます。

dusty-lopez (19)
正面ライト形状は相変わらずですが比較的よく作りこまれています。
ホイッスル、信号炎管は車体色。

dusty-lopez (15)
サイドビューです。

dusty-lopez (16)
あらかじめ摺り板にオレンジ系の色差しが施されていました。

dusty-lopez (17)
このへんはご愛嬌でしょうか。あとで隠蔽します。

後発製品のEF12は高崎仕様だったのですがこれは首都圏用として使ってよさそうです。
新宿Mycityをバックに重連回送している写真などが懐かしいです。
ただマイクロものは同社同士でも重連協調しないことが多々あるので悩みどころです。

当分はこんな入線記事や非鉄な話題でお茶を濁すことになりそうですがどうぞよろしく。
スポンサーサイト
  1. 2015/04/08(水) 19:41:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安物買いの・・・(DU-1 トランジスタ・コントローラー) | ホーム | 2両目!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurokikumie.blog.fc2.com/tb.php/361-8c1058e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)