ロコモ丼のレシピ

手すり製造マシーンふたたび

RIMG0016-001m.jpg

このEH500は古い製品なので、誘導員用の前面手すりの表現がありません。
別パーツどころかモールド表現すらありませんので何とかつけることを検討しました。
(上の画像のイメージは誤りです。実際にはもう少し下につきます)
そこで、
EF66の手すりを細くする③
の項で登場した手すり製造器にふたたび登場してもらいました。
詳しい使用法は上のページを参照いただくとして、

RIMG0003-001m.jpg
EF66やEF65PFのように天地寸法の大きい手すりにはとても有効なマシーンですが、
小さめなEH500のものだと、

RIMG0002-001m.jpg
L字金具を一つ減らして角材の角で挟み込まなければなりません。
実際にこれでやってみたところ、

RIMG0001m.jpg
直角がまったく立ちません~。これではだめですね。
でもEF210なら使えるかな(笑)。

マシーンの改良を検討してみます。
なおこのマシーンは「金槌でコン」がミソです。
初心者でもベテランが作ったような直角の効いた仕上がりができます。

さてそれ以外の入線整備を進めるとします。

RIMG0009m.jpg
パンタ塗装しました~。
(クリアレッド、クリアオレンジ)

RIMG0008m.jpg
高圧線と碍子塗装しました~。
(フラットホワイト、コッパー)
実機の碍子はかなり赤錆がついているようです。

RIMG0012m.jpg
最小の労力で最大の効果。
なかなかナイスな色差しです~はい~。

RIMG0010m.jpg
エアホースつきました~。
反対側エンドも同じようにしました。

RIMG0011m.jpg
でもパンタひとつ破壊しました~。
分売パーツは0128ですね。売っているかな~?

RIMG0014-001m.jpg
孔あけ失敗です~。
左のはドリル刃が横に流れてしまいました~。
加工しているのか破壊しているのかよく分かりません~。
失敗孔は伸ばしランナーを突っ込み、傷はサーフェイサーできれいにする予定。うまく消せるといいな。

RIMG0006m.jpg
おまけ
ランナーからパーツを切り出す工具として使っています。
先が半円なので小回りが効き、KATOの解放テコを切り出すのに重宝しています。
どこで買ったかは覚えてないのが残念ですが。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/02/07(金) 01:36:06|
  2. Nゲージ電気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<AssyパーツでEF64-1000更新色を組む | ホーム | 新製品の市場動向の予測って可能なの?>>

コメント

エアー

こんばんゎ。
エアーホース取り付け、さっそく実施ですね(^^)

お得意の手すりのリアル化工事、孔あけが鬼門ですね~(^^;
微妙なズレでも、アップで撮るとわかってしまうという悲劇…。

パンタの色差し、これもイイですね~。
うちも、やってみようかな~…
って、機関車はいじりだしたら止まりませんね(;^_^A
  1. 2014/02/08(土) 22:34:46 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

こだわり出したら・・

隠密様
こんばんは。
エアホースはお陰さまで装着できました。
手すりと解放テコがない罐にはやはり入れたいところですね。
(KATOの64-1000に解放テコがないことに今頃気がつきました)。
こだわるところが偏っているような気もしますがジコマンの世界ですからそこはヒトツ(笑)。
解放テコのマシーンも作れたらいいナと思います。
  1. 2014/02/10(月) 19:03:26 |
  2. URL |
  3. LOCOMOTORA #SYSfnBG2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurokikumie.blog.fc2.com/tb.php/161-2eb2697c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)