FC2ブログ

ロコモ丼のレシピ

2時間だけのoasis

信じられない光景を見た!

仕事の移動でバイクを走らせてとある街道に差し掛かったその時、
“開かずのシャッター”だったあの模型店が今日に限ってシャッターが上がっていた!

わが目を疑った。無理もない。この趣味を始めて10年になるがこのお店が営業しているのを一度もみたことがなかったのだ。
お店に引き寄せられるようにバイクを停め中へ入ると、

高齢女性がいて、親子くらい違いそうな男性、女性が何やら忙しく動いていた。高齢の方は一人佇んでいた。挨拶をしたがあまり反応がなさそうだった。決して整然とはいえない店内にプラモデルと鉄道模型がビッシリと積んであった。車両セットにはひとつひとつに商品名と価格を手書きされた紙札が丁寧に貼られていた。

子供のころ、隣町で模型店を見つけた時の驚きと興奮! ときめきを抑えながら店内をキョロキョロしたことを思い出した。そう、あのトキメキ!
いいお年になってすっかり興奮してしまいました。

一通り店内を見て回ったところで娘さんらしき方に話を聞いてみた。

母(店主)の病気入院で模型店は長らく休業していた。
今は週一日、2時間だけ営業している。
高齢の店主がお店に立つ間は家族がついていなければいけない。なので2時間なのだそうだ。

仕事の途中なのでお暇する時間になってしまった。
再訪を約束してお店を後にした。

復活を喜びたい。だがいつかはお店の存続問題に直面するだろう。
我々にできることは時間が許す限り通い詰め、お店に利益が出るように、次の仕入れができるように買い支えることしかない。
比較的新しい製品も若干ながらおいてあった。そんなところに店主のいまだ衰えぬ情熱のようなものが垣間見えて嬉しく思った。

とりあえず特定できるような記述は外しておいた。心当たりのある方はメーカー販売店一覧などの連絡先に営業時間を確認の上、足を運んでみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2019/05/11(土) 07:40:09|
  2. 日常のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよなら秋葉原

この4月に秋葉原にある鉄道模型個人店であるエフモデルズが倒産したという。数ヶ月前に店長自ら経営危機にあると吐露するメッセージがブログにアップされネット上が騒然となり、その後事態は好転することなく最悪の結果となってしまった。このお店はかなり前からよくない評判が流れていた。接客の悪さ、些細なことでの出禁連発、貸しレイアウトなどの無謀とも思える業務拡張などなど。
筆者ロコモは2013年ころから仕事やら家計の問題やらで秋葉原から遠ざかってしまったのでお店の様子はよく分からない。
接客に関してはロコモ自身はひどい扱いを受けたことはそんなにない。ただ引き取ったはずの予約品が引き取ってないことになってたことがある。もちろん向こうのミスと分かったがここでいやなことを思い出した。その昔ゴールデン街に通い詰めていたころ、代金を重複請求されたことがある。この時は店側がまだ払ってもらってないと言い張るので結局払う羽目になったが商売としてはあるまじきミスである。エフの顧客管理の甘さが目に付いた。出禁連発の件もにわかには信じがたかったがもし本当なら愚かしいことだ。
結局何が致命傷になったのかは不明だが残念である。
残る個人店はチヨダレールセンターのみとなってしまった。エフのあと新規参入がないことからもこの商売の難しさが分かるような気がする。
筆者ロコモは仕事絡みで昨年二度秋葉原へ行ったが、数年前に比べて街の変貌ぶりに驚いた。機械いじり好みの電気街がどんどん観光地化している。個人商店的な専門業者が激減し大型店が増えた。お昼休みに立ち寄ったうな丼店が次に来たらもうなくなって別のお店になっていた。鉄道模型店もしかりで観光地価格の中古店ばかりが幅を利かせている。
だからこそ、チヨダレールには頑張って欲しいと思う。
筆者としては秋葉原を趣味の探索の場としての意義を失ってしまったという感が強い。めまぐるしい変貌にはもうついていけない。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

  1. 2019/05/07(火) 07:42:50|
  2. 日常のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0