FC2ブログ

ロコモ丼のレシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悪夢

この3日間、夏風邪?で体調を崩し寝込んでいた。原因は分からないが部屋の冷房をガンガンかけていたので外気との温度差からくるものか、あるいはこの1年、月3休でやってきたので疲れの蓄積があったのかも知れない。
体調が悪い時というのは得てして眠っている時に怖い夢を見るもので、今回見たのは一人では裁ききれない量の仕事を請け負ってしまいいつ終わるか分からない作業を延々と続けるというものだった。子供の頃から印象に残るとても怖い夢というのは共通点があり、それは「終わりなき」「際限なく続く」である。どこの国だか分からない山道を走り続けているが何時間たっても風景がまったく変わらないとか、そういう類の夢だ。作業自体は苦痛なものでなくてもそれがずっと続くとなると話は別である。
とりあえず町内のクリニックへ行ったら薬3種を処方してもらいゆっくり養生したら3日目から食欲が復活してきた。今日からはまた酷暑との戦いである。

西日本豪雨被害が死者200名を越え、平成最悪になってしまった。被害に遭われた地域のみなさんへお見舞い申し上げます。
で、今回問題になっているのは政府の初動対応の悪さである。5日に気象庁から非常に激しい雨が降るとの警報が出ていたに関わらず同日の夜宴会を開き(俗にいう赤坂自民亭)、対策本部を立ち上げたのがなんと8日であった。国民の生活に興味のない政権というのは知っていたがここまで人命軽視の政権とはビックリである。

筆者はナウなヤングの頃からオカルトなものが結構好きで今でも暇つぶしに「そういうもの」を見ることがある。ユーチューブで見たものだがタイムトラベラーと名乗る人物が世界地図を持ち込んできてそこにあった日本列島は「国連管理下(ちょっとうろ覚え)」となっていた。数十年後にこの国は滅亡しているらしい。新種のウイルスか、戦争による焦土化か、大地震で再び原発に引火か、それは分からないが・・・。こんな話も以前ならネタとして笑って済ませるような代物であるが、今回のような政府の対応を見ているとそうも言ってられなくなったようだ。
悪夢が現実になるという恐怖の未来図である。

なお新たに原発を作る構想があるらしい。ソース↓
健康になるためのブログ さんより

恐ろしや、恐ろしや。

で、と

2018_11.jpg

意外と早かったですね、C62 常磐型。製品化に当たってはドーム他色々形状の違いがある汽車会社製(37~49号)が濃厚かと思われるがオールドファンの間ではゆうづる牽引機としては23号を一番に上げる人も多いはず。メーカーも悩みどころだろう。
東海道型の動力リニューアルは来年以降に期待。
20系は緩急車のみの購入かな。電気機関車の購入は今年は自粛しようと思っているがEF80はちょっと捨てがたいです。




スポンサーサイト
  1. 2018/07/13(金) 07:40:20|
  2. 鉄道車両(模型)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロコモ、単品王子に戻る

サッカーワールドカップのポーランド戦で日本チームがパス回しによる時間稼ぎで決勝T進出した問題で、セネガルサッカー連盟 (FSF) がFIFAに正式にクレームを入れました。

セネガルは日本チームのパス回しに怒り心頭で、「FIFAはこういうやり方で試合を行うチームにペナルティを課すべきだ」と主張。
今のルールの欠陥に言及。

日本チームの対ポーランド戦の戦いぶりが賛否両論になっているようだ。勝利を取るのは当然、いや競技以前に興行なんだから観客にエキサイトメントを与えるような試合をすべきetc。有名人をも交えてヒートしているようだ。
橋下徹元市長「パス回しを批判するのは頭の悪い証拠」「あそこで勝負するのは旧日本軍と同じ」なんだそうな・・・、いやはや。相変わらずこの方は一言多い。
筆者はサッカーには疎いのだが、オレの考えはこうだみたいな大層なものでなく、自分自身のスポーツ観戦歴に照らし合わせ、雑感みたいなことを述べてみた。
筆者はかつては熱狂的なボクシングファンであった。醒めるなんてことなんて一生ないとまで思っていたのだが結局醒めてしまい、今は世界戦すら見ない。どうしてこうなったのだろう。
ファン歴20年を迎える頃だったろうか、ある時期から露骨な流し行為が横行するようになったのである。並みの選手同士の試合でなくスーパースターと呼ばれる同士の試合で、である。試合の終盤、勝ちを確信した方がパンチを出さず足を使ってサークリングしたりクリンチしたりして時間潰しをするのである。そういうものを見せられた時、筆者の中で何かが萎えていたのがよく分かった。楽しみにしてた試合の落胆。どんなに「好試合と勝利は常に両立できない」「まず勝ちにいくのが最優先。それに文句を言うのはただの駄々っ子」などといわれても自分の中の情熱といういうのは正直である。(なおボクシングに興味を失った理由はこれだけでなく、「微妙な判定」の問題とか他の原因をも複合的に合わさった結果であった)。ああ自分はスポーツに「非日常」を求めていたんだなあと確信した。また同時期ネット掲示板にてスタンスの違うファンとは永遠に平行線ということも身を持って学んだ。なので論争には参加しない。
サッカーとボクシング。世界一選出システムも競技内容も全然違うので単純比較はできないし、ましてやサッカーの最高の栄誉の機会は4年に一回。これだけの論争になるのは非常によく理解できる。(でも橋下さんのような挑発的な文章はやめましょう)。
ベルギー戦の結果が出た模様。選手もファンもお疲れ様です。

で、と

6月の購入品はこれだけ。
年の初めにセットものの入手が相次いだが今は元の単品王子に戻っている。
これから先もそうだろう。

kiha10kkl (1)

キハ10系。
9年ぶりの再生産。
本当はキハ20系にして欲しかったのだが。

kiha10kkl (2)

前回品との違いは豚鼻ライト。

kiha10kkl (5)

キハ20のバス窓はたぶん生きているうちに出ないのでこれで我慢しよう。

kiha10kkl (6)

最後の活躍に入る末期の姿。

kiha10kkl (7)

トイレ無し。
こういう車両に囲まれている時が至福。

しかし今回もキハ20の時と同様に嵌め込みを変えてあるので前回品のボディとシャーシを交換することは不可であった。
M車も新たに買い求めなさいということか。

  1. 2018/07/03(火) 07:53:58|
  2. Nゲージ気動車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。