ロコモ丼のレシピ

インナーン セブンティーン! (トミ機関車のナックル化)

表題にまったく意味はありません。叫んでみたくなったので・・

間もなくGWですが今月は肌寒い日々が続いているようです。関東では不意な雨によく見舞われました。おととい夕にもゲリラ的にザッと降りました。「天気予報、全然当たらネエ」と感じる方も多いのではないでしょうか。
先々週日曜なども出先の世田谷で予期せぬ雨にやられ「ふざけるな天気予報」とひとりごちたのですが、この天気予報、つまり天気協会の予想(公式Webサイト)についてはなんだかんだで結構信頼を置いています、条件付で。
一週間先の日がどうなるか、結果的に降ろうと降るまいと当日どんよりとした空になっているのだから専門家の予想というのはバカにできません。ただ外れる時も外れ方にはいくつかの法則性があるように思います。筆者が気づいたのは、
週間予想で「一週間後を雨と予想→2、3日前に雨予想を取り下げる→しかし当日は盛大に降る」。このパターン、多いように思います。なんで途中でいじるんですか。一週間前の予想を押し通せば協会の予想は飛躍的にアップするじゃありませんか(笑)。
あと違うパターンで「雨の一日前倒し」という得意技もあります。「過去の膨大なデータを基に一番ありえる予想を立てている」そうですが素人目には逆のことをしているような印象を受けます、それも自信なさげに。一応税金で運営しているのだから(そうだよね?)、気象専門家の方々はもっと自信を持って職務を遂行して欲しいなと思います。

で、と

カスタマイズ手付かずだった機関車のナックル化を進めています。
TOMIXの機関車も基本ナックル化しますが、下回りがグレーの機関車を前にはたと困りました。
かもめナックルカプラーのグレー版こと「EH200ナックルカプラー」の市場在庫がまったくないのです。

なので代案。

EH50039 (1)
使うのは購入時機関車についている方のアーノルドのホルダー。

EH50039 (4)
そしてシンキョーカプラーのグレーの登場です。

EH50039 (3)
1mm厚のプラ板をホルダー底に貼り付けます。プラ板ならなんでもいいんですが、
evergreenの品番146、040×125というのは上の画像の通り、幅がドンピシャ!カットが楽なのでお勧めできます。

EH50039 (8)
お尻の突起は現物あわせでカット。
接着します。

EH50039 (9)
ホルダー上下のパーツを合わせて出来上がり。

EH50039 (10)
水平になっているのを確認

EH50039 (15)
なかなか小ぶりな感じでいいですね。

EH50039 (16)
早速貨車を牽かせてテスト走行。貨車がミスマッチですが問題なく牽いて勾配を駆けて行きました。

しかし、最近KATOは下回りグレーの機関車は発売してないんですかね。こういうパーツは常に買えるように安定供給して欲しいものですが。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2017/04/24(月) 06:51:33|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会社を潰す ~三流社長の危険な経営~

のバナーがしつこいのでネタにしてやりましょうか。
筆者の実体験です。筆者が25歳から12年間勤めた会社の社長なんですが、

誰でも採用する人でした(笑)。そのお陰で筆者も入れたわけなんですが、常識を超えた人も多数出ては入って出ては入って・・・。
こういうとこの社長、人間大好きな人と思われるかも知れませんが、外面はいいけど社内では辛気臭い人でした。
そしてさらに問題なのは仕事の方法論を含めて、各セクションのリーダー、つまり部署の長のことなんですがその人たちに何でも○投げしてしまうんです。なので部署の長たちは増長しまくりでした。
「新入社員のDさん、もうやめたんですって」
何でも出先でC部長に罵倒されたんだそうです。つまり社外の大勢の人がいる前でです。しかもDさんの方が大分年上です。
そりゃプライドズタズタでしょうね。
部署の長たちは決して仕事のコアの部分やノウハウの共有など絶対しない人たちばかりでした。理由は簡単、部下が自分以上に有能になられては自分の地位が危なくなるから(笑)。長たちはでしゃばる部下が嫌いですから(笑)皆指示された以上のことはやらなくなり、定時で帰っていきました。元ウチの会社は中小企業の抱える問題はおよそ持ち合わせていたわけです。大企業なら人事異動などがありますから人の入れ替わりで一気に風通しがよくなることはあるんですが中小でしたら嫌な奴とはやめるまで顔を突き合せなくてはなりません。
そんなある時、業界内を揺るがすような出来事が起き元うちの会社も打撃を受けました。その後の潮流の変化にもついていけず、状況は悪化、20数人いた社員も一桁になりました。筆者もその時会社を去ったんですが正直ホッとしました。上司という人が重箱の隅をつつくような性格で、毎日が胃の痛くなり日々でしたから。

そうそう、最後の頃になって社員に「打開策があれば何でも意見を言ってみろ」と言われました。何を今さら・・・

その後会社は業務縮小しつつも何とか続いていると聞きましたが今はどうなっているのか分かりません。
ダン・ケネディは元ウチの社長をどう評価されるのでしょうか。

で、と

KATOから発表になっています(笑)。

2017_8a.jpg
山手貨物で見た奇怪な車両が製品化です。車両限界を超えていそうなすごいカタイです。
特に語ることもないラインナップです。(ドツボだった人へごめんなさい)。

TOMIXからはキハ45系の首都圏色(タラコ色)やEH200などが出るそうです。
TOMIX風ブルーサンダーはちょっと楽しみです。姥捨こえを模型で楽しもう。

筆者、4月はKATOのC11とキハ26初期急行色バス窓は購入予定ですがTOMIXのC11は叩き売りになったら考えたいです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

  1. 2017/04/15(土) 01:33:39|
  2. 鉄道車両(模型)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよなら蒲田 (& ED70・・・)

まずは私事になりますが、
夜勤で通っていた物流倉庫との更新はしないことにしました。前々から申請していた配置転換は認められず担当は「嫌ならやめれば」といわんばかりだったので意を決しました。返事をした時点でもうあの職場へ行くことはありません。「2年間一緒に働いてきた人たちに別れの挨拶もできず終いじゃん」「蒲田の街ともお別れじゃん」なことにあとになって気がつき軽く後悔しましたが、基本悔いはありません。
というわけで昼型の生活に戻りましたがこれが実に快適。夜ぐっすり眠る毎日がこんなに心地よいとは! そして何より趣味の時間を取れるようになりました。ここ2年、朝方に帰ってきて寝床にIN。お昼に目が醒めて少し食べてまた寝床にINな日々でしたから。
この春から新しい生活のスタートです。以前の生活サイクルに戻っただけですが少しワクワクしています。

で、と

Nゲージ蒸機製品が軒並み延期、延期になっています。
なので余計な買い物をしてしまいました。

ef5315 (16)-001
キハ45形ディーゼルカー JR四国色

ef5315 (17)
アマゾンで35%引きでした。

ef5315 (18)
最近四国色に嵌っています。
無煙化先行地域として四国では早くからディーゼルカーやディーゼル機関車が活躍していました。
(蒸気機関車は8620やC58らが活躍しました。書物によってはD51はいなかったとしているものもありますがこれは誤りで実際には配置されていました。)

ef5315 (19)
走らせて楽しみました。

ed7014 (1)
ED70!
ですがこれはマイクロ製です。

ed7014 (2)
2号と14号。貫通と非貫通、スノープローの有無くらいの違いですがディティール表現頑張っています。

ed7014 (3)
あえてKATO製を見送りましたが、このマイクロ製、予想以上に作りこみがされてますし、走行もスローがとてもよく効いてます。
2両で4k少々でしたがとてもよい買い物だったと思います。
とはいえ大手2社から決定版登場→暴落したマイクロ製を導入という流れもそろそろお終いにしたいところですね。マイクロ製で「これは買ってよかった」と思えるものがそうそうあるわけではないですし。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2017/04/05(水) 07:11:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4