ロコモ丼のレシピ

さよなら 石灰石列車 (記事追加)

すみません。写真をアップロードして記事を書こうと思ったら時間がなくなってしまいました。

だんだん日中は陽気の日が増えてきましたね。でも早朝は0度近い日がまだまだあります。
筆者はこの時間原付バイクに乗るのですが、走行してると指先とつま先に冷風が当たって辛くなってきます。足の方はその後安全靴に履き替えたら改善しました。鉄板が冷風をブロックしくれます。でも指先は・・・・・・・・
たまらず途中のコンビニに立ち寄り、あつあつの缶コーヒーを買います。自販機でなく店内のです。うっかり強く握るとやけどしそうな熱さなのですが、手のひらで転がしてるうちにだんだん指に生気が戻ってきます。
鉄道投稿誌を読んでいると40年前のSLブームの撮影者の手記に「缶コーヒーを二個買う。一個は飲むために、もう一個はかじかんだ手をほぐすカイロ代わりに」というくだりがありました。
あの頃よりは世の中色々と便利になりましたが、こういう生活の何気ない描写は何十年経っても変わらないようですね。
今後の地球は太陽活動の低下により氷河期に入るという見方をする専門家がいるようです。えっ、地球は温暖化の一途ではなかっけ? 筆者は寒いのより暑いのが苦手ですがあまりに極端なのは困りものですね。

で本題なのですが、
タイトルに惹かれこんなものをポチりました。

j-martinez (2)
1995年頃奥多摩での魚釣りの時何度か見ていた気がします。しかし鉄冬眠中だったので写真まで撮ろうとは考えず。

j-martinez (3)
ご覧の通り手すりは一体モールド、台車マウントカプラー、スプリングウォーム動力。
これが2010年過ぎ発売品の仕様です。
ロクヨンセンなら決定版が大手2社から出ているのになにをわざわざ。
マイクロと筆者はDV夫と妻の関係に近いかも知れないです。
騙されても、裏切られても、コケにされても、やめられない。
昨今の爆発価格は離脱するいい機会なのですが4110やE10の再販アナウンスなんぞがあった日にゃ。
KATOさん、TOMIXさん、せめて適正サイズのEH10を早く出して下さ~い。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/02/26(金) 17:40:03|
  2. Nゲージ電気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

くうちゃんが逝きました

jose-mann (2)
先日、実家猫のくうちゃんこと黒助が亡くなったことを聞かされました。
享年16歳。♂。黒猫。家族唯一の東京生まれ。
逝去の報を聞いた後、筆者はただ部屋の一点を見つめてボーっとしていました。

くうちゃんは16年前、当時東京で働いていたうちの家族に保護されました。腹を空かせてさ迷い歩いていたそうです。
子猫の段階でエイズキャリアが判明。長生きは難しいだろうといわれました。
帰省の際に初対面。筆者の姿を見るや押入れに逃げ込まれるという洗礼を浴びました。
第一印象は「眼力のない仔だなあ」。体調の波が激しいそうでした。ただ食欲は旺盛で元々骨格が大きいこともあり、あっという間に7kg弱の大猫へと変貌を遂げました。

それから実家との連絡がつながると開口一番「ドス黒いのはどうしてる?」「暗黒怪獣は元気か?」と体調を確認するのがお約束になりました。多少の波はあるものの大方の予想を裏切り、二桁年齢に突入。嬉しい誤算でした。

いくつもの四季が巡り巡りて、15歳の声を聞く頃から体重の低下が止まらなくなりました。
昨秋、母が上京してきましたが体調が相当厳しくなったとのこと。
この頃から筆者にもある種の心の準備ができていました。でも逝ってしまった今はとても寂しいですね。なくなる直前は1.7kgだったそうです。

くうちゃんはエネルギー体に還って、痛みも苦しみもない世界へ行き、今頃幼き日に生き別れた兄妹たちと再会しているのでしょうか。

くうちゃん、うちに来てくれてありがとう。いつでも戻っておいで。大好きだったミオコンボデリパックとねずみちゃんのじゃらしを用意して待っているからね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  1. 2016/02/19(金) 18:25:16|
  2. ねこログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センテンススプリング!

kim-chul-ho (2)
去る9日(火)、久しぶりにカメラを手にホームに立ちました。

大崎駅山手線ホームから4086レをショットガン!
81号機でした。

kim-chul-ho (3)
山手線ホームといってもこちら側はメイン乗り場でないので他の列車と被ることはほとんどなさそうです。

kim-chul-ho (4)

kim-chul-ho (5)
とてもきれいなコキ104

kim-chul-ho (6)
コキ107

kim-chul-ho (7)
コキ50000禁忌コンテナ

kim-chul-ho (8)

kim-chul-ho (9)

kim-chul-ho (10)
最後尾はずいぶんすすけたコンテナ
列車は山手線に別れを告げて西に向かいます。

柵が若干邪魔ですがなかなかいい撮影ポイントです。
なおこの翌日の牽引機は66号でした。

ここ最近、テレビ、ネットはタレントの不倫やアイドルグループの解散問題や元野球選手の転落人生などで持ちきりだったようですね。テレビは見てないので詳しくは分かりませんが、取材もとの文春冴えまくってますねえ。
(まもなく脱テレビ一周年! テレビをやめたら電気代がなんと半額になりました。もっとも最近家を空けることが増えたのも原因のようですが。)
芸能ニュースに隠れるように高浜原発が再稼動したと報じられました。また政府に不穏な動きも見られます。次回選挙で自公で過半数を取ったら改憲に着手するという情報もあるようです。本当ならこれはとても恐ろしいことですよ。タレントの話題も否定はしませんが、大手メディアが政府御用報道機関と化した今、一人ひとりが絶えずアンテナを張って自分たちの未来を決めるようなニュースから目を離さないことが肝要だと思います。

きよはらぁ・・・・・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村

  1. 2016/02/12(金) 18:51:55|
  2. 山手貨物線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動力近代化


beeboo1.jpg
最近は仕事面で色々とありましてこちらの更新が停滞しています。

C62呉線仕様が西落合からアナウンスされたようです。急行音戸との抱き合わせになるみたいですね。
15号機かと思ったのですが北海道形と被るのであえて25号機にしたのでしょうか。

さて本題なのですが、絶賛発売中の「国鉄時代」今回は動力近代化がテーマです。
筆者は「浜田・米子の蒸気機関車」という記事につられて購入しました。喉から手が出るほど欲しかった貴重な資料です。
C57は昭和48年でわずかに3両となっています。D51は昭和49年になっても当たり前のように貨物を引いていましてまもなく消えるなんて信じられなかったですね。
浜田区のC54は筆者が生まれる前に形式消滅しています。
あたかもかとうの模型発売に合わせるかのようにC59の特集記事もあります。
C59をもっと知りたいという方にはご一読をお勧めします。
C53 1号機の走行写真など鼻血もののフォトもありました。
蒸機時代は筆者の人生のスパンから言うと「出会いが別れ」のようなものだったので高校、大学時代にSLブームを迎えた人がうらやましい・・・。

記事を読んで動力近代化(無煙化)計画がいかに壮大なプロジェクトだったかがよく分かりました。
昭和35年に計画がスタートしてわずか15年後の昭和50年に完了、考えれば凄いことです。高度成長期の余勢を駆ってという感じでしょうか。
実は計画にはB案というのもあって、こちらはもっと緩やかに進めて昭和62年完了というものですが没になっています。
C60、D61、D62をおのおの100両以上改造整備して投入するという計画だったのだそうです。
D61は車齢の高い9600の置き換え用です。
こういう話、筆者は全然知りませんでした。筆者の鉄分は冬眠時代が長いので知識の欠落が多いのですよ。

そして現在。鉄道は人々のくらしを豊かにしているでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
  1. 2016/02/05(金) 19:02:51|
  2. 鉄道車両(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0