FC2ブログ

ロコモ丼のレシピ

衝撃! KATOよりワ12000発売へ

古典的といってよい黒貨車の登場。
トラ55000、タム500とともに発売だそうです。
近年貨車単品製品がどこもすっかりやらなくなりましたが、貨車までセットもの移行か、寂しいなと思ってた矢先にこんなニュースが飛び込んできました。
単品といっても2両で1600円(定価)ですのであまり財布にお優しくないですが出るだけ有難いですかね。
貨車の世界も深遠過ぎて「あれもこれもやってくれ」といってたら際限がなくなりますので、今後はモ●ルアイ●ン社やGのつく会社がキットもので補完してくれればいいなと思います。
そしてそして、24系北斗星が牽引機とともに再生産です!
最近この道に入った方で「DD51がどこにもない!」といってたアナタ、タイムリーに再登場です!
64-1000牛乳パックも再生産サイクルが早いですね。初回品は売れ行きがよすぎて筆者は辛くもオークション入手した経緯がありました。

最後に・・・C12蒸気機関車が完全新規で登場です。
プラ完成品ではマイクロ製品がありましたが、ボイラーが太いだけならまだしもキャブ形状もおかしく同社の中でも1,2を争う怪作として定評がありました。ただ改造用としてなのか下回りはそれなりに重宝されていたようですが最近は中古もすっかり枯渇してました。
実機の方は高森線のものが湯前線の8620とともに九州蒸機の最後を飾りました。
中央東線のサヨナラ列車がC12の重連だったと記憶しています(その時の若番5号は今もどこかに保存されているはずです)。
現在は真岡の66号に、若桜鉄道の167号(圧縮空気で構内自走)が元気に走っています。
同形式は保存機に良好なものが多いのが強みで今後も明智線ほかで復活する可能性があります。
(もっとも昔埼玉和光市で見た保存C12はフニフニだったですが)。

模型の方は色々な遊び方が楽しめそうです。山岳レイアウトでトラス橋なんかよさげですね。
冷や水鉄道さんのメガネ橋を通過する姿などとても絵になりそうです。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/10(火) 00:52:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2