FC2ブログ

ロコモ丼のレシピ

Locomo in Tsurumi

最近2日に一回更新ペースが崩れてきています。
その理由のひとつに課外授業ならぬ課外勤務が増えてきたこともあり、まあアルバイトのことなんですが
あまり趣味に打ち込める状態ではありません。
お金が回るようになれば事態が徐々によくなるのではと考えています。
先日夜勤明けに一度東海道の列車を見ておきたいと思い、ヘロヘロの体を引きずるように鶴見駅ホームで出待ちしました。
すると来るわ来るわで、30分の間にサンライズ出雲、赤ナンバーPFや桃太郎牽引コンテナ列車その他色々。
さすが主要幹線ですねえ。
この辺の事情には明るくないのですっかり慌ててしまい満足な写真は撮れてません。
そのうちまた再挑戦しますね。

ruis-pena (16)
で、話はガラリ変わり、先日購入のD51のナンバープレートを取り付けてみました。
「私はこうやってつけてる」みたいな記事なのでもし真似されるなら上手な人の記事をされた方がいいかも知れません。

juan-l-pena (5)
ランナーからナンバープレートを切り離すのですがゲートはちょっと残した状態で切り離します。
で、残ったゲートをカッターで切り落とし、

プレートを裏返しにし棒やすりをやや傾けて少しやすります。傾けるのはプレートの縁を落とさないようにするためです。
(ゲートが取り付け足についてる新タイプのもの、失敗が少なくてよかったのにいつの間にか採用しなくなりましたね)。

juan-l-pena (6)
で、ここで登場するのが両面テープに

juan-l-pena (7)
プラ角棒。
角棒の先にテープを巻きつけ、

juan-l-pena (8)
接着剤はコレ

juan-l-pena (9)
プラ角治具に乗せて、取り付け位置まで持って行きます。

juan-l-pena (10)
juan-l-pena (11)
正面ナンバー、接着剤がはみ出してますね。
Gクリア同様、爪楊枝でめくり上げるようにチョイチョイすれば除去できます。
なのではみ出しに神経質になる必要はないです。

以前治具は角棒でなく厚めのプラスマイナスドライバーを使ってたのですが、取り付ける段でパタンと45度傾いたりするので角棒を採用するようになりました。
この道に入って最初にする工作といっていい基本的なことですが一応掲載してみました。

鶴見の写真、やはり一応載せておきますか。
ガッツお粗末~ですがご笑覧下さいませ。

juan-l-pena (4)
juan-l-pena (3)
juan-l-pena.jpg
juan-l-pena (1)

スポンサーサイト
  1. 2015/03/02(月) 21:55:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0