ロコモ丼のレシピ

ロクヨンセン カプラー交換

devidcoty (11)
当鉄道の標準装備はナックルカプラーなのですが、手持ちが尽きましたのでこちらで換装して見ましょう。
台湾からやってきた優れもの、Shinkyoカプラーですよ。

devidcoty.jpg
カプラーのアダプタ(購入時機関車についている方です)、上下ふたつのパーツからなるものですが、これを分離して、
下パーツの底に1.0mm厚プラバンを貼り付けます。
黄色いラインとShinkyoのお尻の部分がツライチになるようにくっつけるのですが、

devidcoty (6)
こんな感じです。
瞬間接着剤を使用しますが、接着剤がイマイチ効きにくい素材ばかりなので、

devidcoty (7)
熱したドライバーで焼きごてしまして溶着し、ダメを押します。
(冷や水鉄道のトータンさんから助言いただきました)
指でやっとつまめる小さなものなので焼きごての際は火傷などに十分お気をつけて下さいませ。
なお今回は焼きごてしたのでプラバンは省略しました。

devidcoty (1)
上パーツを被せて完了!

devidcoty (9)
なかなか実感的でしょ?

devidcoty (10)
小ぶりなカプラーなので取り付けは少々シビアです。ゆがんでついてしまうと解放しまくります。
スノープラウが干渉する場合はその箇所を少々削ります。

devidcoty (8)
黒貨車を牽かせてみましたが解放はなく良好です。
上の作例以外にも色々なアプローチがありますがそれだけTOMIXのカプラー構造が合理的に設計されているということですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/01/28(水) 01:10:36|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

金太郎 撮り初め

camel-ali.jpg
日付は昨日26日です。
三が日のあと、休みナシ20が続いたのですがようやくこの日時間が取れたので行ってきました。
定時に現れたのが66号機。

逆光が厳しいのですが、幸い
camel-ali (1)

次位が空コキだったのでお顔が撮れました。

camel-ali (4)
この日は「札幌通運」はなしのようでした。

camel-ali (5)
camel-ali (6)
camel-ali (7)
camel-ali (8)
camel-ali (9)
camel-ali (10)
バイバ~イ

ダイヤ改正の時期が近づいてますが、毎年気がかりになるのはこの便はどうなるのかということです。
首都圏に入ってくるEH500そのものは今後増えそうなのですが、埼京線等の旅客輸送量増大のため、別コースに変更されるのではないかという危惧は絶えずあります。唯一昼間のカモレなので継続して欲しいところですが・・・。

お昼はココ
CA92F6O3.jpg

歌舞伎町 文華楼のチャーハン半ラーメンセット。
ワンコインですよ。

ラーメンはそれなりですが
CAJG7SAC.jpg
チャーハンウマー。
鉄と美味いものを堪能の至福の日・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
  1. 2015/01/27(火) 06:58:52|
  2. 山手貨物線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

また増備しちゃった (EF64-1000)

pascal-perez (19)
TOMIXのロクヨン1000、品番9111なんですがウチではこれが2両目です。
中古での購入でしたがパーツ取り付け済みでした。「これでなんで手放すの」といいたくなるくらいとても上手につけてありました。
人気の塗装です。首都圏でも見ることができるカラーということもあり、再生産したものの割引店では早々に完売になっています。

pascal-perez (23)
この機会にKATO機との比較をしてみました。
上TOMIX、下KATOです。
塗装・・・・両社でけっこう違いました。特に更新色ブルー色合い、並べるとその違いがハッキリします。
走り・・・・優劣つけ難いですがメーカー違いでの重連は少々厳しい感じです。
ライト・・・・両社ともオレンジ
全体像把握 サイドビュー・・・・優劣つけ難いです。
側面銘板・・・・KATOなし TOMIXあり
解放テコ・・・・KATOなし TOMIXあり
パンタグラフ・・・・KATOエッチング TOMIXプラスチック

pascal-perez (22)
左 KATO、右TOMIXです。
全体像把握 前面・・・・貫通扉窓の大きさがけっこう違いますね。かといってどちらがより似てると判断するのは難しい。
スカート周り(ジャンパー栓)再現度・・・・互角。両社ともジャンパー栓が閉じた状態です。蓋のみ別パーツでその他はモールド表現なのも同じですね。付属パーツで開いた状態も作れるようにしたらユーザー狂喜乱舞だと思います、メーカー様ご一考を。
(いうまでもないですが画像のKATO機はあくまで個人の工作です)。

m-denarco (14)
参考までに実機です。
重連用に複数購入ならメーカーは揃えた方がよいですね。協調の問題だけでなくカラーがかなり違うからです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2015/01/26(月) 01:21:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

見つめられると動揺して大鳴きする猫

c-b-ali (2)-001
首都圏ではみぞれや長い雨が降ったりこのところ寒いですね。
うちの模型部屋というのが外と同じくらい寒いので、模型いじりの際には外出時と同じ防寒スタイルなんですよ。

ミケミケたちですが、そんな人間を尻目に元気一杯です。
みーちゃんBですが、ブロック塀の上で香箱すわりをしています。
北風びゅーびゅーなのに寒くないんかい?
いつもこの子と会うとまずやることは、至近距離まで寄って目をジッと見つめるんです。
すると動揺したかのように高い声で「なーん、なお~ん」と激しく鳴き出すんです。

[広告] VPS


なんなんでしょうね。「そんなに見つめられて恥ずかしい~」なのか、「この人間キモイよ~」なのかよく分かりませんが。
でもね、猫らしい高くてきれいな声でしょ?

g-espinosa (3)

ちなみにこの方の鳴き方は「ギャッ!」なんです。
  1. 2015/01/25(日) 02:03:23|
  2. ねこログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都内最安ラーメン!・・・・・か?

CAN9P0UQ.jpg
久しぶりの鉄道と無関係の記事です。
事情により当分更新ペースが落ちます。もしくは鉄道と無関係の記事が多くなるかも・・・です。
ちょっと貯まっていたグルメネタをばと。

年末に中野区野方の麺飯研究所へ。
チャーハン党の筆者としては昨年開拓した飲食店で一番の当たりといっていいお店です。
うまくてしかも盛りの多いというお店が意外と少ないのはチャーハン党共通の不満ではないでしょうか。

筆者宅からの野方へのアクセスですが、チャリで環七を北上する形になります。
けっこうアップダウンがあって大変なので、電動アシストつきのが欲しくなります。
昔は王子⇔駒沢陸橋間の路線バス(都営バス)があったのですが、いつの間にか廃止になってしまいました。

今回はウインナー入りを注文です。
もちろん大盛りでの注文なのですがいやーたまりませんわ。
画像でどれくらい伝わるか分かりませんがウインナーも大ぶりです。
ケチャップにマヨネーズもたっぷり。日常的に食べてたら確実に腹が出てきますね。
というわけで個人的にはバターコーン味などをお勧めしておきます。

CAA9TE8J.jpg
こちらは高円寺の太陽です。20年近く通ってます。

CACYIJ17.jpg
上のノーマルなラーメンが480円です。煮干風味で口当たりのさっぱりなラーメン。
ここ数年でけっこう値上げしているのですがまだ400円台とは思いませんでした。

CAI52TSM.jpg
筆者はここの餃子が大好き。なかなか大ぶりです。
中央線沿線界隈では東中野の大盛軒の餃子も大きめでよろしいです。
とても入りやすい雰囲気のお店です。

CATTBHSP.jpg
場所は全然変わりますが京急線新馬場の麺々亭
390円ラーメンのお店です。
画像では切れてますが看板には「390」の文字がダンスしています。
もしかしてここが都内最安値ラーメン? もちろんひだ○屋などの中華全般店は除き、専門店としてですよ。

CAM0LEEC.jpg
とんこつラーメンを堪能。
若干スープのコクが足りない気もしますが十分美味しいです。
低価格で頑張っているお店にはつい点数が甘くなります。
これからもずっと続けて欲しいと願いつつお店を後にしました。

そして話が全然変わりますが、
ついについに

CAWNSX1A-001.jpg
水道タンク3兄弟」の残る世田谷の末っ子?を捕捉しました。
住所上は世田谷区弦巻になると思うのですが、住宅に埋没してて直前まで気がつきませんでした。

CA0T1QWX-001.jpg
他の兄弟とはあまりにてなくて王冠みたいです。
それにここのものは確か二基と聞いていたが見えたのは画像のものだけなんですが・・・。

CA1KQCF0-001.jpg
これも「産業遺産」として末永く残してもらいたいものです。
板橋大山のものは解体後レプリカの形で再建されたそうなのですが、これも近いうちに見に行きますね。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2015/01/22(木) 01:12:30|
  2. B級グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東急世田谷線

koto-shiomi (13)
個人的には3日に1回は見ている電車なのですが記事にしたことがなかったのに気がつき先日写真を撮ってきました。
あまりいい写真ではないですがまあそれはいつものことですね。

koto-shiomi.jpg
杉並区 下高井戸と世田谷区 三軒茶屋を結ぶ路線です。

koto-shiomi (1)
こんなオレンジだったり

koto-shiomi (2)
パープルだったり

koto-shiomi (4)
色とりどりです。

koto-shiomi (5)
「レッツ豪徳寺」の舞台になった街です。岡安由美子どうしてるんだろ。

koto-shiomi (16)
宮の坂駅に保存される車両。
オ○ム事件の頃、施設がこの沿線にあったことがあり、ニュース映像に世田谷線がよく登場しましたが、当時はこんな色の電車だったことを記憶の人もおられるのでは?

koto-shiomi (7)
車両のあらましです。

koto-shiomi (8)
京王線、小田急線、新玉川線と3本の私鉄をひとまたぎする路線です。
お陰でわざわざターミナル駅まで出向く必要がないのが嬉しい。
東京にはこういう縦断型の路線が少ない気がします。

丸の内支線も方南町から更に京王井の頭線の永福町(西永福)まで延伸する計画があったとかなかったとか。
そういう要望が多いのは事実ですが今日まで実現に至っていません。

koto-shiomi (10)
現行電車、なかなかグッドデザインだと思うのですがいかがでしょう。

koto-shiomi (12)
各駅、ホームへの入場はフリーパスです。
車内で運賃を支払います。

koto-shiomi (18)
どこまで乗ってもこの値段。
しかもバスより安い!

koto-shiomi (20)
ツートンのが来ました。
ほとんど2~3分に1本くらい来るので待つ必要がありません。
筆者は貨物列車の撮影で相当忍耐を強いられましたからね。

[広告] VPS

ジョイント音が軽快で素敵です。
地面を蹴り上げるように小気味よく駆けていきます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
  1. 2015/01/18(日) 22:37:51|
  2. 鉄道車両(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ロコマニアの2015年

0010011.jpg

KATO
1月
3066-2 EF81 トワイライトエクスプレス色 ¥7,200+税
2016-5 D51 標準形(東北仕様) 予¥12,500+税
3078 ED19 予¥7,500+税
2月
2016-1 D51 498 ¥11,000+税(再)
3079-1 EF71 1次形 予¥7,200+税
3080-1 ED78 1次形 予¥7,200+税
10-1127 DD16 304 ラッセル式除雪車セット ¥12,800+税(再)
3月
3066-6 EF81 81 お召塗装機(JR仕様) 予¥7,200+税

TOMIX
1月
98937 JR EF65-1000形電気機関車(1033・1065号機・JR貨物仕様)セット
4月
98005 国鉄 EF63形電気機関車(1次形・茶色)セット 14,200
未定
国鉄 EF62形電気機関車 未定
3月以降
9108 EF510-500北斗星色(再)   
9109 EF510-500カシオペア色(再)
9129 EF66-100(後期型)

マイクロエース
1月
A2071 秩父鉄道 デキ200形 グリーン 9,800
A2076 秩父鉄道 デキ500形 9,800

A6150 DD53-1 登場時・東新潟 12,500
A6155 DD53-3 改造後・長岡 12,500

春先?までの予定が発表になっています。
割と地味目な気もしなくもないですが、去年が濃厚すぎたのかも。
C57 4次形がアナウンスされた時の衝撃はまだ忘れません。
下半期に期待です。C58やC11のような汎用機が出るといいなと思っています。
マイクロはゼロかと思ったら秩父デキなど出るんですね。
デキはデキ栄えはいいんですけど、復元バネのないアーノルドはいただけなかったです。今回も同じなのかな。
同社のDD51と違ってアプローチは色々あるので(筆者はマグネマチックに換装しましたが今は手元にありません)
その点はいいんですけど。
マイクロにはE10や4110を再生産して欲しいですね。
あるいは鉄道省8000形(EF50)などにも期待。
TOMIXは特に目新しいものがないです。アッと驚く仕掛けに期待したいものです。

冒頭の写真は本文と関係ありません(笑)。
九州最後のC55、52号機です。
多分に筆者の願望が入っているんでしょう。1750mmのスポーク動輪が躍動するサイドビューは機械美が半端ないです。
ぜひNゲージでみたい形式です。
  1. 2015/01/13(火) 23:39:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついでにDD51-1も・・・

c-b-ali (20)-001
DD51-1も加工することにしました。でもこちらはボディマウントナックル化です。
こちらの教本に準じて行いました。お陰さまで2時間弱の工期で済みました。
自分の頭だけでやっていたら何日間とかかったのは間違いないでしょう。

c-b-ali (22)-001
DD51 若番機はこんな顔をしています。
丸目がどこかユーモラスでもあります。
なんとなくKATOの昔あったDD13に通じる顔ですね。

c-b-ali (4)-001
詳しくは教本の方を見ていただくとして本記事では割と大雑把に。
教本と若干違いがありますが、すべてが現物合わせの成り行き任せなのでその点お許しを。

c-b-ali (6)-001
矢印の部分に1.2mmネジを打ち込んで、カプラーピン孔もΦ1.2mmに広げ、差し込みまして、
KATOの補修パーツの板バネを小さく切って仕込みます。
工期2時間のうち半分以上は板バネとの格闘でした。とにかくなかなか思い通りに収まってくれませ~ん。

c-b-ali (5)-001
バネが効いているか確認します。
カプラーが中心に復元するか、シャンクがダラーンと開いたままにならないか。

c-b-ali (25)-001
Before
加工前のカプラー、TN密自連0391です。
我が鉄道の標準連結はナックル系ですのでこのままでは緩急側もTNもしくはShinkyoにしなければならず面倒です。

c-b-ali (23)-001
After
ナックルカプラー(EF200ナックル)換装後。

c-b-ali (9)
支柱用ネジはΦ1.0mmだと前にしおれてしまったので、Φ1.2mmにしました。

結果はなかなか良好です。
支柱用ネジのお陰でブレがありません。

DD51は蒸機を駆逐した代表として蒸機ファンからは忌み嫌われていたと聞きますが、筆者の地元山陰本線では投入が遅れ、昭和50年近くになってもその姿を見ることはありませんでした。幸か不幸か「この赤豚め~」とののしる機会はなかったのです。
その後「特急出雲」牽引機として長きに渡って活躍し、特急牽引最長を記録するにまでになるとは夢にも思いませんでした。

  1. 2015/01/12(月) 20:09:43|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マイクロDD51 一応完工

g-espinosa (50)
このところ、時間的には忙しいのですが、実が伴ってないというか儲けに直結してないとというか。
でも去年の今頃よりはずっとよくなっているので今年は色々なことができるといいな。
「貧すれば鈍する」ですからね。

DD51が何とかモノを牽けるようになりました。
一応動画をUPしておきます。
無事に貨車を牽いて走っているようですが・・・・・・・・

[広告] VPS



g-espinosa (39)
ア、アーッ!
ライトが・・・ライトが・・・


ライト用の集電板が反っていましたので後ほど修正しました。
って本当に涙目になってますね。

一連の工作から導き出された結論というのは結局「DD51はマイクロでなく、KATOかTOMIXのものを買いましょう」ということに尽きるんでしょうか。
アーノルド派なら問題ないでしょうが、やはり整備の難しさとか扱いはKATOなどのものより大変です。
  1. 2015/01/11(日) 10:59:25|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイクロDD51 カプラー台車マウント化やり直し

LEE-SUNG-KOO (6)
鉄道模型情報サイトのNGIさんの方で年間MVPが発表になっていますね。
筆者は投票の方は完全に乗り遅れてしまいましたが、今回は私鉄電車がまぢつおいですね!
マイクロ部門に限っても小田急ロマンスカーMSEが圧勝のようです。
で、気になるEF13 凸形はというとそれなりに票を集めていたようでよかったです。
今後もマイクロ製機関車がリリースされるということなんでしょうか!?

で本題なのですが・・・・
カプラー交換の難儀なマイクロDD51の台車マウント化、先ほど31日記事で公開した両面テープ作戦ですが、テープそのものに肉厚があり、台車下が枕木等に干渉するようでした。
作戦変更!


l-estaba (4)
台車前に取り付けることにします。
ごらんのように真鍮線を埋め込み、

l-estaba (5)
マグネマチックカプラーを乗せる真鍮板を半田付けします。
しかしこのままでは作業能率が著しく悪いので、

l-estaba (16)
分解しました。

LEE-SUNG-KOO.jpg
幸いにも手持ちに構造が同じDD51-1があったのでこれを見ながらやりました。

l-estaba (19)
この手のものの分解は初めてだったので大変です。

l-estaba (17)
こんな風にしました。
しかしカプラーが前にせり出しすぎなのでセットバックすることにしました。

LEE-SUNG-KOO (4)
今度はどうでしょう。

LEE-SUNG-KOO (5)
うまくいったようですね。

LEE-SUNG-KOO (8)
実は若干低いのですが、これ以上高さを上げるとエンドビームにぶち当たってしまうんです。

LEE-SUNG-KOO (7)
カプラーはエポキシ系接着剤で固め、1.2mmねじで補強しました。
ねじは西川ねじ製です(秋葉原のモデルスイモンと同じビルの1Fにあるねじ専門店です)。
半田付け仕上がりが汚いですが、最近半田がスランプ気味なんです。
なかなかキレイに決まりません。

LEE-SUNG-KOO (9)
さてスノウプラウをどうしようか。
このままでは足元が寂しいので、KATOのAssyでも持ってきましょうか。

試走の動画が間に合わなかったので明日以降Upします。

さて訂正です。
このマイクロのDD51、31日の記事のnari-masa様へのコメントのところで、
TNならば貨車用のものが入りましたとなってますがこれは間違いで、

LEE-SUNG-KOO (1)
正しくはこちらです。
TN密自連<品番0391>Sカプラー対応
とりあえず無加工で入りまして、客貨車を牽くことは可能です。

LEE-SUNG-KOO (3)
これではありません。
訂正してお詫びします。
記憶に頼って記事を書いてはダメですね~。

  1. 2015/01/06(火) 00:54:12|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ