ロコモ丼のレシピ

今年最後の工作です

s-ogrrady (10)

泣いても笑っても2014年はあと1日になってしまいましたが、
皆様におかれましてはどのような思いで年越しをお迎えでしょうか。
筆者は大晦日も仕事でしたがお陰で若干趣味資金が捻出できそうです。


さて、本題です。
工作といってもテープで貼り付けただけですが。
前回登場したDD51なのですがマイクロ動力車の中でもカプラー交換でとびきりに難物な奴です。

前回記事です。

s-ogrrady (4)

シンキョーカプラーに換装したものの自然解放は避けられず挙句の果てに破損してしまいました。

s-ogrrady.jpg
そこで登場願ったのが、閻魔君、じゃなくてこれなんです。

s-ogrrady (1)
超強力両面テープ、金属にも対応とのことですがですが、N車両の下回りのプラには未知数です。

s-ogrrady (3)
真鍮板にマグネマチックカプラー#2001をこのテープ貼り付けまして、

s-ogrrady (2)
真横から見るとこんな感じ。
真鍮板の低反発の性質を利用します。小さく曲げて微調整が可能ですから。

s-ogrrady (7)
台車の下に貼り付けました。
そう、今度は発想を変えて台車マウントでいきます。
昨今のリアリティ追求で台車マウントはユーサーに嫌われる傾向にありますが、連結、走行の安定性でボディマウントより上なのは否定できないところです。

s-ogrrady (6)
カプラー本体が若干はみ出てますが許容範囲でしょうか。

s-ogrrady (9)
トラを牽かせて試走しましたが全然解放しません。連結については抜群の安定感です。
ただ若干床下が線路と干渉するみたいでたまにカチッという音がします。
ひどいようなら善後策を講じます。

やはり機関車は客貨車を牽引できないとダメです。
何も牽けない機関車などただの鉄塊だーっ!(そこまで言いますか・・・)。

マグネマチックカプラー#2001については各地の模型店で扱いがありますが、
火で炙ったドライバーなどで焼きごてなどの工程があり組立てが少々面倒です。
ただ安定性はさすがですね。
上以外のマグネマチックカプラーについては埼玉浦和のトレインショップさんで各種販売されています。
#2001とよく似たもので焼きごてが不要な#1015というものもありますが床下に取り付けの場合は高さが違うので注意が必要です。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/31(水) 18:37:27|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

キハ66・67 (国鉄復活色) きましたよ

j-cardinal (11)-001
これを身請けしてきました。
「長崎」行きです。筆者とは縁もゆかりもない車両ですが、

j-cardinal.jpg
92197 JR キハ66・67ディーゼルカーセット(国鉄復活色)。
噂の2両で1ユニット気動車。

この車両デザイン、このカラーには弱いですね~。
マイクロの車両を見て心動いたのですがジッと我慢で待つこと数年、ついにTOMIXが製品化してくれました。

j-cardinal (8)
実車からでなく模型から入った車両なので語るほど詳しくはありませんので画像をとくとごらんのほど。
格好いいでしょ。
キハ66。こちらにトイレがあります。
側面窓が素敵。

j-cardinal (9)
キハ67。こちらには発電機を搭載。


j-cardinal (5)
シンプルな屋根上。
エンジン更新など、国鉄時代とはいくつかの変更点がある模様です。

j-cardinal (4)
事故対策のため、キハ58系などより運転席が高めになっています。

j-cardinal (10)
ドア両脇がロングシート、それ以外は転換クロスシートになっています。

j-cardinal (18)
現在は長崎県内で活躍中。
筆者は下調べするまで筑豊本線が既に電化していたことなど知りませんでした(アチャー)。

早く上下線を設置してこの車両と機関車牽引列車とのすれ違いなどを楽しみたいものです。
それにしてもさすがは「ディーゼルカー」のTOMIX。
番台区分ごとに作り分けたキハ40系リリースあたりから気動車への力の入り方がなかなかです。
さて今後ですが、個人的には木次線などで活躍したキハ07の製品化を熱望したいところなんですが。
待ってますよ、TOMIXさん。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2014/12/28(日) 06:24:18|
  2. Nゲージ気動車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

にほんブログ村の不思議

lee-sung-hung (2)
ここ数日のアクセス数にはとても幸せな気分になれました。
来訪に感謝です。
またバナーを押して下さったり、拍手を下さった方、とても励みになっています。
ありがとうございます。

lee-sung-hung.jpg
当ブログも開設から1年半が経過しましたが、ぶろぐ村の総合ランキング的には大きな変化はありません。
100~200位を行ったり来たりです。ぶろぐ村のシステムでは上位進出にINポイントが大きなウェイトを占めます。
当ブログは今でもINポイントなしが10日くらい続くことがあります。
*本日分が「圏外」になってる~、また不具合なのかな。

ただFC2のアクセス数は最近上がりつつあります。
ここ数ヶ月はそれを実感しています。これが一番嬉しい。

どういう記事が受けているのか、FC2だとそれを解析する機能がないようですが、大体の傾向は分かりました。
趣味資金は2014年も苦しい状況でした。
というか開設した頃から状況は悪くなっています。
豊かな趣味生活=潤沢な趣味資金という公式は必ずしも成り立ちませんが、構想はあってもなかなか思うようなことができずもどかしい気分になることしばし。
少ない予算で鉄道模型を楽しもう、これをコンセプトにした記事がいいのかな。
今後は真鍮線で色々なことをやるつもりです。

lee-sung-hung (1)
もうひとつ励みになるデータが。
最近導入されたPVポイントというモノなのですが、
当ブログではこれが高めというのは知っていましたがPVポイントだけのランキングですと上のようになってしまいます。
なんだか信じられないランキングですね。
ブログ村名物の不具合のなせるわざという奴なのでしょうか。
そもそもPVポイントとはなになのか、ブログ村の村長の説明を聞いてきました。
・・・・・・・・・・・・分かったような分からないような筆者の理解を越えた説明を聞かされまして。
筆者は小難しいことを考えるのが苦手なので分かったようなフリをして村長宅をあとにしました。
工作経過記事ひとつをとってもなるべく無味乾燥にならないように心がけています。

今年も残りわずかになってまいりました。
年の瀬のあわただしい時期ですが筆者のような事故に遭っては目も当てられません。
皆様が無事平穏に新年を迎えられるようお祈りしております。

  1. 2014/12/26(金) 02:03:26|
  2. 素朴な疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

二コマでいきます (後編)

m-denarco (21)
常磐貨物線の入り口(出口?)付近までやってきました。


m-denarco (22)
EH500-62の3055レが来ましたよ。12:19通過です。
車体がピカピカです。


m-denarco (23)
m-denarco (24)
銀のタンクコンテナ(内容未確認)

m-denarco (25)
m-denarco (26)
m-denarco (27)
m-denarco (28)
ACROSS

m-denarco (29)
すっかり汚れて元の色がわからなくなったコキ104

m-denarco (30)
牛乳専用!

m-denarco (31)
JFEスチール

m-denarco (32)
札幌通運

m-denarco (33)
m-denarco (34)
いってらっしゃ~い

m-denarco (35)
単機の金太郎がいます。
田端操車場から常磐貨物線にかけてレールが大きく蛇行しています。
フェンスも低いのでなかなかよい絵が撮れるのではないでしょうか。

m-denarco (36)
長く停車してましたが、踏切の警報機が鳴り出すとともに動き出しました。
35号。またしてもフレームアウト。

m-denarco (37)
テールライトが光るのをはじめて見ました。
赤目だとけっこう可愛いな。

m-denarco (38)
さようなら~(自転車の兄ちゃん、君じゃなくってよ)。

CAULRR4L.jpg
すっかり体が冷えてきたので、帰りに新宿のとんかつの店、豚珍館でお昼。
写真はカニコロセットです。豚汁で体がすっかり温まりました。
このお店で特筆すべくはご飯と豚汁がおかわり自由なこと。
新宿にお勤めしている人にはよく知られているのではないでしょうか。
新宿郵便局近くです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
  1. 2014/12/21(日) 20:36:04|
  2. 鉄道車両(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二コマでいきます (前編)

m-denarco (1)
富永一朗先生ではないんですが・・・・・・・・・
写真が増えたので分けますね。
久々に常磐貨物で撮ってきました。しばらく行けなくなるかも知れないので雨天決行です。
EH200-4の2071レ(たぶん)。10:37頃。

m-denarco (2)
恒例の尻打ち~

m-denarco (3)
m-denarco (4)
濃硫酸専用 日産化学工業株式会社

m-denarco (5)
アクリルアマイド専用 毒60(笑) コキ106 200形式専用積載
・・・だそうです。

m-denarco (6)
NO-06 ○○専用 味の素物流株式会社

m-denarco (7)
雨が降ったり止んだり、

m-denarco (8)
日差しが差したり隠れたりとめまぐるしい天気です。

m-denarco (9)
この界隈は1時間1~2本の割合なのですが
効率いいのか悪いのかよく分かりません。

m-denarco (10)
ここは日暮里道踏切なんですが、

m-denarco (11)
いいロケーションなんですけどそれなりに人通りも多いので少し恥ずかしいです。

m-denarco (12)
さようなら~
で、しばらく時間を潰したあと隣の踏切へ移動~

m-denarco (14)
4094レの1028号~
フレームあわせミスってスカート切り魔になってしまいました。

m-denarco (15)
1028号もけっこう縁がありますね。11:45頃です。

m-denarco (16)

m-denarco (17)
宇部興産

m-denarco (18)
コキ50000積載禁止、だそうです。
このコンテナのマークが意味深

m-denarco (19)
えらく短い編成でした。

m-denarco (20)
ここらでまた移動します。

後編に続く

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
  1. 2014/12/21(日) 00:46:46|
  2. 鉄道車両(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プチ奥中山越え

leehakson (7)
時節柄忙しくあり、けっこう疲れがたまってきました。
疲労~疲労になる時 それは今~

古い唄ですね。失礼しました。
で、先日購入のD511次形の後部カプラー交換しました。
ナンバーについてはまだ迷っています。

leehakson (12)
交換の際には後部ステップを破損されないようお気をつけください。
筆者は以前マイクロ社のものをへし折ってしまいました。

で、定数一杯の黒貨車を牽かせてみました。

leehakson (11)
抜群のスロー走行ぶりについては、前記事やC574次記事でも述べましたが、
これができるということは、とりもなおさず実機の様々な場面を再現できるということなんです。
入れ替え作業時だとか、勾配を奮闘する姿だとか。
蒸機が勾配に弱いというのはよく知られたことですが、20‰程度でもそれが延々と続く勾配だとかなり苦しい戦いになります。砂を撒きつつ青息吐息でまい進するわけですが、歩くようなスピードになってしまい時には完全に止まってしまうことも多々あったようです。
その昔東北線のD51貨物列車が勾配で力尽き、後続のはつかりを1時間遅らせてしまったエピソードを思い出しました。
当時「特急は絶対にとめるな」というのが至上命令だったそうでくだんの運転士さん、あとで大目玉を食らったのでしょうね。

最新動力はなかなかリアルで楽しいです。
スローの方がロッドや車輪の動きが美しいですし。

しかしこれが兎発進傾向のカマだと、

leehakson (4)
この498号のことなんですが、あたかもJR最新電車のようにサミットまで軽々と駆け上がってしまいます。
あまりリアルとはいえないですね~。
498号は来年早々、ひさびさの再生産のアナウンスが来ていますが、最新動力にバージョンアップされる可能性がありますので要注目です。
走行面でやや不評だったC62東海道形も次回登場時には北海道形と同様のエンジンになっているかも知れませんね。

年内の予約品はあと、キハ66・67があります。
これもなかなか楽しみですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2014/12/20(土) 07:39:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KATO D51 1次形 きましたよ

一昨晩は人身事故の影響でJR線が麻痺し、出張先のJR川崎で足止めを食らいました。
仕事が終わったのが9時なのに最後の乗り換えは最終でした。
2時間だけ寝て翌朝は夜明けとともに出勤。
疲労の取れない体をひきずり秋葉へ向かいました。

これを身請けするためです。

bb-jones (2)
bb-jones (3)
2018-1 D51 1次形(東北仕様)。
今回からケースの収納が変わりました。
取り出し方も変わったので手間取りました。前ので十分よかったと思うが慣れなのかな。


bb-jones (4)
期待にたがわぬ再現ぶりです。

D51 1次形・・・・・・・・・・・・
D51一族1115両の10分の1にも満たないグループですが、全95両なのでそれなりのグループです。
C61の3倍ですから(笑)。
実機は北から南まで活躍しました。
東京にもいましたよ。21号とか原形をよくとどめた50号とか。
異色機としてはスーパーナメクジの22、23号。ドーム後部がぶつ切りになっている31号など。
あとナンバーは失念したが吹田にデフなし入れ替え機もいました。

bb-jones (6)
標準形とは対照的に柔らかなフォルム。

bb-jones (5)
巨大な重油タンクが目を引きます。
ちなみに1号機も東北本線時代にこれを搭載。
私見ですが今回の製品に1号のナンバーを入れてもなんら問題はないと思うのですが・・・・。

bb-jones (12)
副灯にレンズ入ってますよ。
丸みのある煙室縁。

bb-jones (8)
非公式側も。

bb-jones (15)
1次形の特徴であるテンダー台車も表現。


例によって重連用カプラーは先台車マウントです。
機能性ならこれが最強。見た目重視したいなら各自工夫です。Zゲージ用マグネマチックカプラーなどが候補になります。


bb-jones (7)
走行です。
相変わらずすごいのがスロー走行部分です。
一定の速度をずっと保ちます。
いつからこうなったんだろう。
C57 4次からか、D51北海道形からか?

bb-jones (11)
KATOのファインスケールシリーズの走りであるD51498(初回品)と比較してみました。
上の1次形と同じようにパワーパックを操作するとどうしても兎発進になってしまいます。
スローがダメというわけでないですがパワーパックのスロー走行の域が小さいです。
とはいうものの発売当時はこれでも十分すごい動力でしたからね。
(比較は当方鉄道の個体なのであくまで参考程度に)

KATO蒸機の更なる進化です。
この分だとあと10年もすると本当に煙を吐くものも出しかねません。

bb-jones (16)
こんな工作素材も購入。
レールマイスターというお店に初めて行きました。
工作素材のそろえがいいです。
車両製品の販売もあります(新品、中古とも)。
  1. 2014/12/18(木) 02:25:37|
  2. Nゲージ蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

D51 1次形など

一段と寒くなりましたね。
明日から関東に強烈な寒波がくるようですので体調などにご注意くださいませ。
昨日は仕事のあと慌しく投票所へ向かいました。
開票結果はご周知の通りですが、中間層~低所得層の暮らし向きは悪くなりそうです。

d51 (154)
EF81-81(田)の勇姿 手持ちのストックにはこんなのしかなかった。

さて、と(笑)
KATO D51 1次形(東北仕様)が16日出荷とのことで、これは待ちに待った一品ですので水曜日にも見受けに参る予定です。奥中山~御堂の奮闘をNゲージ模型で!
カマ関係ですとこのあとKATOからはEF71にED78、人気のEF81-81、さらに曲球としてED19などが控えています。
筆者は交流機は見送りになりそうですが、元ロイヤルエンジンの81号は外せません。
TOMIXに目を移すと年内 門デフC57180、EF65セットがありますが、来年上半期の予定にはEF62、EF63があるくらいです。
タカラトミー本社の仕分けが厳しくなっているのでしょうか、新規製作品が少なくなっています。
ただ塗装や細部変更で済む電車・気動車製品は色々出るようです。
キハ40系の四国色なんてなかなかよいカラーですね。
個人的な希望は生産終了品となったEF15、EF30、DD54、DF50などのリニューアルですね。
すべてKATOから最新仕様で出てますがTOMIXの作風も見てみたい。
DD54など形態違いで出せば喜ばれると思います。
古いEF15も味のあるよい製品ですしなぜ旧型電機をやらないのか残念な気がします。
ジージー五月蝿いですがよく走ります。レールが汚れていると走りが悪くなります。なのでレールの掃除どきを教えてくれるありがたい模型です。
  1. 2014/12/16(火) 00:05:56|
  2. 日常のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マイクロEF57の集電強化

maurice-h (13)
マイクロエース旧型電機の集電強化第2弾です。
もうひとつ不調なこのマイクロEF57を完全復活させます。

maurice-h (14)
純正の集電シューです。これは今回使いません。
というかすぐにヘタって電気を送れなくするこれが諸悪の根源なんですが。
EF13の新動力では集電向上しているのでしょうか?

maurice-h.jpg
まずやることは・・・・・・・・・
0.2mm厚真鍮板からこんなのを4つ切り出します。

maurice-h (1)
仕上がりがなんか汚くてアレですが、
半田を盛りすぎないよう注意すれば大丈夫です。

maurice-h (3)
L字に折り曲げぇ~

maurice-h (6)
ダイキャストに干渉しないよう短くカット、ばねに干渉しないよう角をヤスリ、

maurice-h (9)
真横から見るとこんな感じです。

maurice-h (7)
4つ分出来ぃ~
これがばねを保持する金具となります。

maurice-h (11)
ばね(tomytec JS19)を入れます。乗せるのではなく差し込むのです。
ばねの下から2巻き目くらいを先ほど作った保持板に差し込んで通すのです。
ばねが垂直に立ったのを確認して台車を動力ユニットに戻します。

なお動力ユニットの左右のダイキャストを締めるネジふたつを緩めると、動力ユニットを分解することなく、
台車を入れたり出したりすることができます。
本当はこういう機会にユニットの分解清掃とかグリスの交換などもやっちゃうといいのですが、分解組立てはとても面倒なので積極的に推奨はできません。筆者も初めてバラした時は半泣きで組み立てました。

[広告] VPS


スローに若干不満が残りますがまずは成功ですね。
モーターが先ほどのEF59と同調しますので重連が可能になります。いざ瀬野八越え!

こちらが当工作の考案元のblog様です。
いつも感謝です。
他社製の分売パーツを使用されているので半田の環境になくても工作を行うことができます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2014/12/11(木) 19:50:52|
  2. Nゲージ電気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

異形の機関車

pp-benson (1)-001
前記事でちょっと触れましたが、
久々のレビューです。
ただし発売3ヶ月経ってますんで鮮度ゼロですが。

何とか2割引で買えました。
近場の定価店では1次改装後と箱型各1個のみだったのでまさか大型店に残っているとは思ってもいませんでした。

yuji-gomez (2)
なかなかの珍車ですね。
徹底して資材節約し簡素化しています。
デッキ手すりすらないとは、
闇市へ買出しに行く人たちはそれでもこのデッキに乗ったのでしょうか。
このままでは振り落とされてしまい非常に危険です(笑)。
ただでさえ補助コイルばねなしだったので乗り心地は劣悪だったそうです。

yuji-gomez (17)
公式側です(たぶん)。

yuji-gomez (6)
非公式側(おそらく)。

yuji-gomez (1)
サイドビューです。
あれっ?

yuji-gomez (10)
エアタンクが1個欠品だっ!


画像検索をかけたところ、どうやら片側1個なのがノーマルな状態なようで胸をなでおろしました。
人様のところでは「砂箱が外れていた」「ナンバープレートが欠品だった」などの報告があり、
お店の検品では目を皿のようにしてチェックしたつもりだったんですが。

yuji-gomez (8)
動力を一新したりとなかなかの意欲作だと思うのですが
現地工場の労働争議の混乱のあとが垣間見えるようです。

台車も旧動力とはけっこう違うようですね。

yuji-gomez (9)
列車無線アンテナ?
この時代にはないですね。

yuji-gomez (12)
正面ライトは1次改装時にボンネット上に移されました。

yuji-gomez (14)
カプラーポケットはふたつのツメでパッチンはめ込み式です。
同社のEF10と一緒ですね。
このあとKATO EF66ナックルカプラーに交換したのですが基部(おしり)をギリギリまで削ってようやく入りました。

yuji-gomez (5)
ナンバープレートのロゴが鮮明ですね。
有井製は印刷の方がいいと思います。

yuji-gomez (16)
屋根上もスッキリしてて簡素です。

yuji-gomez (18)
トラやワムを牽かせて見ました。
スローはギクシャク感もなくよく効いているようです。ただ本格スピードに上がるまで電圧をかなり食います。
とはいえ特に不具合等も見られないので今回分解はしません。

格好いい車両、洗練された車両もいいですがこういう珍車もレイアウトに彩りを添えてくれるのでたまにはいいですわ。
ヘンな車両といえばトムフ1なんかこのEF13に牽かせたら似合いそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2014/12/09(火) 23:09:14|
  2. Nゲージ電気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ