ロコモ丼のレシピ

高円寺・野方を食べ歩く

高円寺です。
音楽、演劇など若者文化に満ち、飲食店の数もかなりのものなんですが、
鉄道関連のお店は残念ながら皆無! 街を闊歩する若者も鉄分は希薄なようです(偏見)。
なので筆者がこの街に来るのは、衣類や生活必需品を買うか、美味しいものを食べたくなるときです。
「腹八分目に病なし」といいますがたまの外食は胃袋も満足させてやりたいものです。
筆者は上京以来「安くて量の多い飲食店」を追い求めてきました。
その答えの多くはこの街で得ることができたのです。
その一部をご紹介。

arsenfadzaev (18)
まずMashです。前に紹介したニューバーグの姉妹店なのですが、
筆者はどっちかというとMashで食べることの方が多いのです。
味とメニューはほとんど一緒です。

arsenfadzaev (17)
旭川らーめん一蔵なのですが、筆者はあまりぴんときませんでした。
人気はあるようなので取り上げておきます。

arsenfadzaev (11)-001
ラーメン万福です。ニューバーグ、Mashとともに筆者の食生活に欠かせないところです。
筆者の親父(78歳)より明らかに年上の店主が中華なべを振っています。
店名はこうなっていますが、

arsenfadzaev (12)-001
ご覧の通り中華全般です。
筆者はチャーハンを頼むことが多いです。
普通盛560円、大盛り590円ですがそれぞれ、大盛り、超大盛りなんですな。
腹がパンパンになって帰り道が大変です。でもこれを食べるのが至福の時間です。

arsenfadzaev (16)-001
看板はこうなってますが中国家常菜 祥龍房というお店です。
ここも盛りが非常に多いです。
ひとりで来ると合い席が多いのであまりしょっちゅうは行きません。

ここらで場所を野方に移します。
高円寺から環七を北上したところにあります。電車だと西武新宿線野方駅になります。
大きな町ではないですが飲食店のレベルは高いです。

arsenfadzaev (19)-001
味噌ラーメンの名店です。でも実はまだ食べたことがない。

arsenfadzaev (21)-001
今日の最大の目的はここのチャーハンを食することだったんです。
麺飯研究所。丼物メインのダイニングキッチン。
実はここ、2週間前に開拓しました。
何気に入り、チャーハンを頼んだところ、味は中華というよりダイニングキッチンのチャーハンという感じ。
若干濃い目かな。そして量は・・・・・・・・あの万福以上でした。
筆者の横で常連らしき体格のいい兄ちゃんが至福の時とばかりにチャーハンがっついてました。
が、筆者は最後の方はかなり苦しかったです。
なので今日はおとなしく普通盛りに小ラーメンのセットを頼みました。
普通盛りは意外と「常識的な」量でした。

josefgomez.jpg
テイクアウトも可です。

arsenfadzaev (20)-001
他にも色々なメニューがあります。
チャーハン党はもちろんお米のご飯大好きな人は是非。

おまけ
arsenfadzaev (9)
何かと話題に事欠かないアントンですが・・・・
高円寺に彼の道場があったとは。
彼のソウルを継承する若者が汗を流しています。
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2014/08/31(日) 23:39:52|
  2. B級グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

遅ればせながらKATO EF10入線

arsenfadzaev (33)
今さら感が強いですがこういうものが入線しました。

arsenfadzaev (23)-001
この春発売されたEF10 3次形なのですが我が鉄道にようやくやってきました。
落成当初みたいにきれいです。
有井機のくたびれ感みたいなのもあれはあれで作風なので好きです。

arsenfadzaev (31)
洗練されたフォルムです。EF15と並べるとどちらが後継機なのか分かりません。

arsenfadzaev (32)
走行もしましたが滑らかで力もありそうです。
同社EF15はフラホ効果があまりない走行だったので実機と模型とでスペック逆転しています。

山手貨物線の顔がまた増えました。
あのへんへはよく撮影に行きますが、30年のうちに街の景色は激変しました。
しかし線路周りはそう変わらないもので(目白の貨物ヤードは消えましたが)。
EF10、EF13、EF15らの黒貨車列車がビュンビュン往来していたあの頃を想像するのは難しくありません。

時空を超えた山手貨物線ごっこが色々できそうです。
電車関係がほとんどないですが・・・・りんかい線、スーパービュー踊り子、埼京線、NRA。
りんかい線とか出して売れる車両なのかな?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/31(日) 21:29:59|
  2. Nゲージ電気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

KATO オハ31系に室内灯を組み込もう その5 ~完~

johnconte (4)
車両を組み立てて一応の完成となりました。
画像にありませんがウェイトは行き場を失い、屋根裏にゴム系とテープで接着しました。


johnconte.jpg
このアルミテープでライトと導光材を接合しました。
ホムセンでは500円台だったのですがダイソーにもありました。量を使うものでないのでこれで十分なのです。

johnconte (1)
この車両は車体側面と床が一体なので、バラせません。なのでライトユニットやら導光材などの設置や調整がちょっと面倒です。アルミテープはピンセットでまきまきしました。

johnconte (5)
正方向
ちょっと光りムラ発生。

johnconte (3)
逆方向
いい感じです。

johnconte (2)
C56に牽かせて見ました。この客車にC56はよく似合います。
実際に牽引していたこともあったのでしょう。
動画も撮ったのですがファイルが行方不明になりました。
当blogで悪名高い動画なので載せなくてよかったのかも。

1両分作ってみて大体の要領や2回目以降の課題も分かりました。
この項はいったん終了として2回目以降の製作は量産編としていずれupしようと思います。
その間もう少しサクサク作れる方法を考えます。

長い歴史を持つこのKATO オハ31ですが最近新バージョンが発売になりました。が、やはり室内灯非対応のままのようです。
子供の小遣いでも買える入門用車両として価格維持のためあえてそうしているのかも知れません。
将来は21m級ダブルルーフ客車なども発売になるでしょうがその時は多分こういう工作は不要になっているでしょう。
それではまた。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


  1. 2014/08/28(木) 23:11:05|
  2. Nゲージ客車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

KATO オハ31系に室内灯を組み込もう その4

昨日、今日と首都圏は涼しかったですね~。
今日は1ヶ月ぶりに外でラーメンを食べました。博多天神というところなんですが博多風とんこつで替え玉が一皿無料でついてきます。ワンコインなので財布にもやさしくておすすめ。
涼しいと箸がどんどん進みます。模型工作もどんどん捗ります。
でこちらもちょっと進捗がありました。
件のオハ31なのですが、

miguelcanto (1)-001
車両側の集電関係がほぼ終わったところでまた1週間放置でした。
今日はライトユニットを半田付けします。
しかし半田ごてを近づけると車両が熱でダメージを受けそうだったので、

miguelcanto-001.jpg
ライトユニットの足に集電板をつけてみました。
先にあけた丸孔に車両側の集電棒(笑)を差し込みます。

miguelcanto (2)-001
ライトに水性のクリアオレンジを塗布しました。

miguelcanto (3)-001
導光材にはこれを使います。パイプでなくて丸棒なのですが。
近場のホムセンで130円也。

miguelcanto (4)-001
ライトユニットを両端にセット。

miguelcanto (5)-001
導光材となるアクリル丸棒をガムテープで仮留めしました。
丸棒は表面をヤスリでギザギザにしました。こうした方がなぜよいかはよく分かりません(笑)。

で、いよいよ緊張の点灯テストです。

miguelcanto (6)-001
光り・・・ましたね。

miguelcanto (7)-001
逆方向

miguelcanto (8)-001
正方向

まだウェイトが載ってないので線路を転がすとチラつきます。

miguelcanto (9)-001
側面から目の高さで。
色合いは大体狙い通りですかね。
てっぱくで見た実車のイメージから大きく逸脱はしていないと思います。
まだ導光材の位置が高いですね。
ここを調整してライトと接合すれば完成です。
しかし接合が安定しなかったら丸棒でなくパイプに変更するかもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/27(水) 19:01:06|
  2. Nゲージ客車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワ工芸 D52ボディキット

necochan (2)
だいぶん朝晩が涼しくなりました。
先週連日34度超だったのがうそのようです。が、日中は暑い日がまだまだありそうです。
久しぶりに工作室に入り浸って色々弄りました。
うちみたいな新参者は進展にかかわらずもう少しマメに更新すべきですね。

D52のボディに追加の半田を流しました。
すると古い半田が泥状になってコテ先にこびりついてきました。
古い半田がバカになっているようでした。
やはり半田作業のあとの洗浄は大事なようです。

今回なぜD52を引っ張り出したかというと、

necochan (3)
我が鉄道唯一のアリイ製D51、D51 51。
我が鉄道唯一のD51 1次形でもあります。

ご周知の通りこの1次形、ナメクジ形はこの11月にKATOよりファインスケールの最新仕様で登場します。
いい機会だと思いまして。

necochan (5)
このナメクジはよく走るのですが一度、我流で分解・再組み立てしたので走りながら小刻みに振動します。
実物もキャブの振動が標準形よりも大きくて現場ではあまり好かれていなかったと聞きます。
リアルでいいんじゃないんでしょうか(言い訳)。

D52キットの説明書によると、
下回りだけでなく、「テンダー台車の組立て、車輪と終電部分はアリイ、テンダー側のものを流用し、
台車枠をキット中のロスト製のものと交換します」となってます。
つまり、今回の流用でアリイD51 51とは永遠にお別れになってしまいます。

さっき「さよなら運転」を済ませてきました。

また明日から滞っている作業を進めたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/26(火) 01:38:48|
  2. Nゲージ蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワールド工芸のSL製品

本年のSL製品の発表分がほぼ出揃いました。
ご周知の通りKATOからは11月にD51東北形2種が、TOMIXからは12月にばん物C57の門デフ版がリリースです。
トラムウェイからはC11 3種が9月と発表になっています。
トラムウェイ社のものはできばえを確認してから購入を決めたいところですがボヤボヤしていると完売になりそうです。
おそらく少量生産でしょうからあまり悠長なことができないのが辛いところです。

そして金属製品のワールド工芸からは
C5534号
C6232号リニューアル
が予定されています。
C5534というのは、K-3タイプの門デフ、形式入りナンバープレートの美しい罐です。
C6232は北海道の好調機です。あと1年を残して全検切れで無念の廃車となりました。
ワールド工芸のSL製品はしばしば特定機としてマニアックな製品を発表するのでなかなか侮れません。
近代SL以外でもプラ製品が出ていない私鉄機関車や、マヌ34暖房車、ミキ20水槽車など戦前列車に不可欠な車両も過去に製品化されているようです。
完成品となると高価で手が出ませんがキットなら普及価格のプラ製品を少々我慢すれば手が届きそうです。
しかしその我慢がなかなかできなくて(笑)。

enkabayer.jpg
画像は我が鉄道唯一のワールド工芸製のキットです。
上回りだけのキットでして、これを組んだ上で、プラ完成品の下回りと合体させるというわけなのですが、
「アリイ製D51」が指定されています。ご存知マイクロエース製のD51です。
2年位前にこのキットを購入、勢いだけでここまで組みましたが、
デフを組む段になって面と面を合わせて半田を流すやり方が分からず、またキャブ屋根のベンチレータを破壊してしまい、そのまま作業を中断してしまったようです。

enkabayer (1)
ここまでできています。

enkabayer (2)
ランボードの水平やランボードとキャブの垂直は何とか出せているようです。
しかし半田作業後の洗浄を怠って酸化してしまっていまい、半田がもろくなっています。
こんな状態ではありますがここからできるところまで頑張ってみるとしますか。
半田については熟練な方の実演を見るのが一番いいのですがそういう動画がYoutubeにあったような・・。
勉強してみますね。
ある程度の形になれば自信になり、次は旧型電関にSLフルキットと目標が上がっていけばいいかなと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/24(日) 00:52:43|
  2. Nゲージ蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

立秋を過ぎても (4083レ)

yunsuktae (18)
暦の上では秋になったわけですが暑さは衰えを知らないようです。
今日はちょっとヤバかったです。移動の途中、自販機の前でしゃがんでドリンクを飲み干し立ち上がろうとした時!
めまいで身体が泳ぎました。
今晩も熱帯夜ですので工作関係はお休みです。明後日から落ち着くとの予報ですが果たして。

yunsuktae (17)
神田川から望む都庁。
緑の多い憩いのスポットでして、たまにドラマのロケなどが行われています。白線流し(SP)、ハンチョウ等。
筆者はドラマを見るとロケ地がどこなのか気になって筋が頭に入らなくなります。

yunsuktae (7)
意外と日が差していたのでコンデジでもまだ対応できました。
EF66-128

yunsuktae (8)
次位の化学物質コンテナ、撮り逃しました・・・・・

yunsuktae (9)

yunsuktae (10)

yunsuktae (11)
これはステアリン酸カルシウムですね。

yunsuktae (12)

yunsuktae (13)
代わり映えしない写真が続きます。
同じ写真をコピペしているわけではありません。
工夫が足りないだけですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/20(水) 23:07:43|
  2. 山手貨物線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KATO オハ31系に室内灯を組み込もう その3

atanasiadis (1)
こんな集電板を作ってみました。ライトユニットとの通電をつなぐものです。
0.8mm真鍮線をL字に折り、半田付けしました。

atanasiadis (2)

“車体側の”床にΦ1.0mm孔を開け、これを通しました。

atanasiadis (8)
上から見るとこうです。失敗孔は気にしないで(笑)。

atanasiadis (3)
車体とシャーシを合わせる前にすることが・・・・・・・
シャーシ側の6つの爪を少しヤスります。
この車両の分解を面倒にしている原因のひとつとしてこの爪のエッジが効きすぎていることにあります。
・・・とまあこれは某サイト様のアドバイスなのですが。

atanasiadis (4)
そしていよいよ点灯テストに入ります。
事前に抵抗を半田付けしたLEDを床から突き出したふたつの真鍮線にtouchさせます。

atanasiadis (5)
おっ!

atanasiadis (7)
光った!

atanasiadis.jpg
感涙に咽ぶのはまだ早いです。
とりあえず目標が「ちゃんと光るのか」から「どう光るのか」に変わっただけですからね。
また静止した状態ならよくても走行でチラツキなどがないかどうかもチェックしないといけません。
製品のウェイトだけで足りなければ、東急ハンズに小さな鉛球なども売ってましたのでそういうものでウェイト追加する必要が出てくるかも知れません。

今日はここまで。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/17(日) 10:44:23|
  2. Nゲージ客車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UPし損ねた画像たち

コピー ~ czarate (6)
話の流れの中で振ろうと思ってたんだけど振りそびれてしまったとか、単にUPするのを忘れてしまったとかそういう画像を集めてみました。

まずEH500-6。
ファインダーにうまく収まるようなレベルになったのはうれしいのですが、車体に架線や柵が影になって写りこんでしまっているのが惜しいところです。

leehakson (10)
こちらは世田谷大蔵運動公園のC5757です。
肝心のキャブ内をUPするのを忘れていました。

leehakson (9)
展示されている機関車、キャブの中までは入れるのですが運転台にはご覧の通りアクリル板の仕切りに覆われてしまって入ることはできません。
計器類とかそういうパーツの保全を考えると筆者はこういう仕切りには基本賛成なのですが、根こそぎ荒らされたあとになって設置するのはいかにもちぐはぐ感が拭えません。
SL車両などに決して理解のあるとはいえない土地で元の姿を維持することの難しさを痛感させられます。

shingaki (7)
で、こちらは3社競作となったEF65-1019。左からTOMIX、KATO、マイクロエースです。
マイクロのは同社10周年記念製品とのことで、屋上釣りフックに運転席下手すりなど、プロモデラーの人でもないとなかなかやりそうにない細密化に挑んでいる意欲作なのですが・・・個々のパーツがオーバースケールなのでかえって機関車のシルエットを殺している感じがします。
真ん中のKATOは無難にまとめている感じなのですが、

shingaki (6)
残念ながら長いです。
後発のTOMIXに軍配が上がったか?

gforeman (5)
みーちゃんズのみーちゃんAなのですが、
なんとなくこれに似ているような気がするんですがどうですか。

saensakM.jpg

どうもすいません・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/16(土) 19:14:07|
  2. 鉄道車両(模型)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4083レ運休・・・・・・・・・・なので

jorgelujan (1)
運休 うんきゅう ウンキュウ・・・・
お盆休みに入ったことを今日まで知らなかったのです。

なので話題を変えて、
最近食べたカップめんの話題などを・・・・・・・

jorgelujan (3)
今日ミニピアゴでこれを見つけました。期間限定販売品。
焼きそば弁当の方は最近よく見るのですがこのバゴォ~ンはなかなか見かけなくて。
なんだか島根の山中でナガサキアゲハを見つけた気分です。
これは本当に美味しいので関東でも常時在庫にして欲しいところなのですが・・・

jorgelujan (2)
バゴォ~ンと一緒につまれていたのがこれ。
マルちゃん熊本風バリうまとんこつ。
これも地域限定品なのでしょうか?

jorgelujan (4)
スープに深みがあってとてもよいです。粉末と特性油の二層構造といったとこですか。
何度でも食べたくなりそうです。

yookkyun (1)
最近ピンときた味といえばこれかな。スーパーサミットで常時在庫ですがたまに特売になります。
一平ちゃんしょうゆ味。
一平ちゃんといえばいまだ松村邦弘のイメージを引きずってるんですよね。
松村さんは準地元在住でしてたまに通りで見かけます。
一度会釈したら反応してくれました。

thomashearns (2)
これもスープがよかったです。まろやかなとんこつしょう油。

thomashearns (1)
これも地元サミットでいつでも買えます。

yookkyun (2)
スープ美味しい!
九州ものに外れなし?

parkchanghi.jpg
ダイコク、広島風お好み焼きそば
以前レビューしましたダイコクは冷やしたぬきがよかったとレビューしましたが、これはどうか。

水でなくお湯で切ります。

うーむ、イマイチだなー。どこが広島風なのかわかんね。上げ玉だけだろ(怒)。

wilfredogomez (1)
冷食の餃子食品といえば、味の素のギョーザと 大阪王将が東西横綱になるのかな?

博多うまかひとくち餃子。

すいません、パッケージ捨ててしまい、メーカー等の詳しいデータを報告できません。
地元のドン・キホーテにはここ数年常時在庫されてます。
お味はまあ冷凍食品ですので肉汁とかは望むべくもないのですがそこそこの味だと思います。
特筆すべくは「失敗なく作れる」点ですかね。
筆者は味の素のはともかく大阪王将は上手に作れたためしがありません。
簡単さが受けているんですかね。
他の地域、他の店舗でどのくらい流通しているのか気になります。

食に関する語彙が壊滅状態なので、まあこんな内容でよろしければ時々レポートしますね。


テーマ:カップめん - ジャンル:グルメ

  1. 2014/08/15(金) 17:43:47|
  2. B級グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ