ロコモ丼のレシピ

本日のJR田端運転所 その2 (3/31)

www0052.jpg
PF2両 機番不明

www0046.jpg
PFはどれも見た目は非常にきれいで、とても30余年過酷な旅客運用についてきた罐とは思えませんでした。

www0047.jpg
工場への引き込み線にDL

www0048.jpg
DE10 1697

www0049.jpg
逆光なので撮影が厳しいです。

www0058.jpg
この日唯一の3桁形式のEF510 509

www0059.jpg
機関庫内にはDE11 1043 EF65 1115

www0060.jpg

www0069.jpg

www0062.jpg

www0063.jpg

www0070.jpg

www0067.jpg
運転所沿いの道は細くて見通しが悪いので車に気をつけて撮影を。

www0065.jpg
EF65 1104

www0074.jpg
下回りも観察しました。
帰宅してから画像をPICASA3で拡大したら肉眼で分からなかった部分もいろいろ認識できました。
ディティール観察が色々できまして思いのほか収穫がたくさんの撮影でした。
時々ここへ撮りに行きます。

www0076.jpg
お帰り。

www0077.jpg
いい年して汽車ぽっぽの追っかけか。ほどほどにな~。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/03/31(月) 23:55:19|
  2. 鉄道車両(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本日のJR田端運転所 その1 (3/31)

vvv0032-001.jpg
田端駅に近づくと何やら見覚えのあるカラーの罐が!

vvv0035-001.jpg
EF64 1023

vvv0034-001.jpg
牛乳パックだー

vvv0033-001.jpg
模型も格好いいけど実物もスゲーいいですねー。

運転所の方向へ歩いていくと、

vvv0039-001.jpg
PFです!

vvv0038-001.jpg
EF65 1107

vvv0043-001.jpg
数々の夜行列車を牽引してきた名機関車です。
丁度柵の切れ目なので撮り放題(笑)。
D51を撮った子供の頃を思い出します。

vvv0042-001.jpg
今は定期運用からは外れていますが、どっこい生きています。

vvv0041-001.jpg
スカート周りを観察します。
こういう写真は盗撮になるのかな(笑)。

vvv0045-001.jpg
栄光の田端の区名札
クーラーやらホイッスルやら細部観察しました。

vvv0044-001.jpg
模型もナンバーはインレタ(転写シール)にして欲しいですね。

以上1107号機。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
  1. 2014/03/31(月) 23:08:43|
  2. 鉄道車両(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のJR尾久車両センター (3/31)

cRIMG0026.jpg
DE11 1041

本日、所用の帰りに尾久と田端へ寄って来ました。
まずは尾久車両センターです。

cRIMG0016.jpg
ひげの生えたお嬢さんがお出迎えです。
車両センターの看板猫でしょうか。

cRIMG0018.jpg
カニ24(車番不明)

cRIMG0030.jpg
Express 185

cRIMG0029.jpg
????

cRIMG0028.jpg
入れ換え作業に勤しむDE11 1041。
牽いているのは和ですかね。

cRIMG0024.jpg
目の前を通り過ぎていったので走って追いかけました。

cRIMG0023.jpg
踏み切りを通り過ぎたあと、今度はバックして来ました。
撮り鉄さんがもうお一人いました。

cRIMG0022.jpg
なかなか働き者の罐です。

cRIMG0027.jpg
このゴージャスな車両、KATOの模型として貸しレイアウトかどこかで見たことがあります。

cRIMG0019.jpg
バックの際にDE11の入換灯が点いてました。模型でも再現したいですね。

cRIMG0020.jpg
そのまま遠ざかっていったので踏み切りを越えて田端に向かいます。
駒込から歩いたので辿り着くまでかなり手間取りました。
素直に田端から歩いた方がよかったようです。

cRIMG0031.jpg
普通の公園にあった謎の展示物

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
  1. 2014/03/31(月) 19:39:41|
  2. 鉄道車両(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャーハンを作ってみました

当ブログはそもそもが鉄道・鉄道模型とグルメの二本立てで行くはずでした。
しかしグルメの記事はほとんどアップされることがなくなりました。
なぜか。
理由は単純至極で「食」に関するボキャブラリーが壊滅的に不足しているからなんです。
食材や道具の名前や、味や風味に関する表現がさっぱり分からない。
上位ブログさんのレポートを拝見すると「うまい言い方するな~」とか感心することしきりです。

筆者がハンバーグ、カレー、ラーメンとともに好物なのがチャーハンなのであります。
外食でもチャーハン単品で頼むこともしばしばなチャーハン狂です。
ただ最近近場のひいきの店が廃業したり単品の扱いをやめちゃったりで今ちょっとしたチャーハン難民状態です。
まあ単に美味しいチャーハンならあるにはあるんですがどこも盛りが少ないんですよね。
高円寺の万福のは大好きです。少々遠いので天気のいい休日に自転車で飛ばして食べに行きます。
そんなしょっちゅういけないのが辛いところですが。

本記事では家庭にいながらうまいチャーハンを堪能できないものかと市販のチャーハンの素で作ってみました。
まず断っておきたいのは世間のパブリックイメージではうまいチャーハンの形容として「パラパラの~」というのがありますが筆者は激しく反発したい!
しっとりやもっさりじゃダメなんですか?
ですから作るのも当然もっさりチャーハンです。

fRIMG0117-001.jpg
今回はこれを使ってみました。
たれ式の素です。

fRIMG0118-001.jpg
具を紛失しましたのでこれで代用。用途が違うので推奨はしません。

fRIMG0119-001.jpg
溶いたたまごを熱したフライパンにぶちまけまして、

fRIMG0120-001.jpg
レンジ700w 2分でチンしたレトルトライスを投入、
しゃもじでチョップしながらなじませていきます。

fRIMG0121-001.jpg
程よくなじんだところで

fRIMG0122-001.jpg
たれの素をまんべんなく降り掛けて

fRIMG0123-001.jpg
フィニッシュへと持っていくのですが、頃合を誤ったのかおこげがついてしまいました。
味としては意外とまあまあです。
ただ何かが足りません。家を独立する前に母親が作ってくれたのには及びませんね。

lRIMG0001.jpg
後日永谷園の五目チャーハンの素も試してみましたが全然ダメでした。
味薄すぎです。粉末式の素で美味しくできた試しがありません。
あっ、上の一枚だけ永谷園製です。紛らわしくてすみません。

もう少し研鑽を重ねたいと思います。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/03/30(日) 21:51:39|
  2. ロコモコ丼、ハンバーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリーンマックス板キット

lRIMG0006.jpg
つんどく状態だったグリーンマックスの板キット、いくつか取り組みました。

lRIMG0008.jpg
木造詰所です。
国鉄時代はたいていの駅にありました。

lRIMG0007.jpg
浜田機関区にも何棟かあったですよ。

塗装は
屋根 ジャーマングレー
外壁 マホガニー 白
はしご パフ

lRIMG0002.jpg
同製品パッケージです。
製作経過写真は取り忘れました(笑)。

とても平易なキットだったんですが、
中には部品の合いが恐ろしく悪いキットもあります。

lRIMG0009.jpg
呼んだかね?
工作初心者がいきなりこの火の見櫓に取り組んだとしたらいっぺんに工作嫌いになることうけあいですね。
部品同士が激しく反発しあう恐怖のキット。


グリーンマックスは筆者の子供の若き頃には既に存在したメーカーでして、
板キットを初めとしたお金のかからない、作る楽しみを主眼とした製品を出していました。
とんでもなく高価なHO金属製品と対極のスタンスだったわけです。


筆者が鉄道模型に出戻る際にこのメーカーが健在なのを知り驚きもしうれしい気持ちになりました。
しかし同社は近年高価な完成品に重きをおくようになっていてキットはほとんど改良もされることなく再生産を繰り返していたようです。ちょっと残念です。


lRIMG0005.jpg
同時進行でマニ60も製作中ですが床下機器にはめ込み足も孔もありません。
このままだと強度的にかなり問題ありです。
先人の方々は各自色々な工夫をされているとは思いますが今のところ強めの接着剤を使うくらいしか思いつきません。

マニ60編に続く・・・・・


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
  1. 2014/03/30(日) 12:16:59|
  2. ストラクチャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EF81レインボー追加工

fRIMG0105.jpg
屋根上の加工が概ね完了しました。

fRIMG0111.jpg
細かいアラはさておき、まあまあの出来としておきます。

fRIMG0112.jpg
スカート周りも施工しました。

RIMG0096.jpg
まず解放テコつきました(KATO EF81-400用)。
これだけでも古い製品の「顔」が引き締まりますのでお勧めです。

fRIMG0115.jpg
ナックルカプラー黒に交換しました。
ナックルは黒、灰ともホビセンでさえ欠品でしたので当分は大事に使わないと。

fRIMG0109.jpg
パンタ塗装しました。
全体をクレオス軍艦色1を吹き、摺り板 クリアオレンジ、内側関節部 赤を指しました。
摺り板、色が十分乗ってないですね。

fRIMG0108.jpg
ここのとこ結局作り直しました。

dIMG0056.jpg
修正前。

fRIMG0107.jpg
万年塗装初心者である筆者には鬼門のステップの色差し。
95号はステップは全体が黒、それに白の縁取りがなされています。
できる限り忠実にやってみましたが如何ですか。

fRIMG0114.jpg
白の縁取りに使ったのがこちら。
初心者でもちょっと練習するだけできれいなラインが引けると思います。
面相筆なんてまだまだめんそうもないんでこういうペンタイプのもののバリエーション増えるといいですね。

fRIMG0116.jpg
碍子の緑、今回は左端のを使用しましたが、今後色々試してみる所存です。
こういうのは個人の感性によるところが大きいでしょうから「これが正解!」というものではないと思います。

fRIMG0110.jpg
加工はこれで完了ではありません。
モールド化されているだけの前面手すり、これは当工場としては看過出来ません。
なんせ当ブログのデビュー工作記事が「EF66手すり自作」でしたから。
ただこのパーイチに関しては自作でなく既成品で十分と考えています。

fRIMG0126.jpg
闇をつんざく黄色いライト(笑)。

追記:「希少列車を追いかけて」様、以前アップされていたパーイチの屋根上写真、とても参考になりました。
感謝します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
  1. 2014/03/27(木) 20:37:43|
  2. Nゲージ電気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

KYなお客

数ヶ月前の話なんですが、
よく行く模型店へ足を運びました。購入予定の品は決まっており、試走だけお願いして早々に帰りそれで遊ぶつもりでした。
模型店はショッピングモールの中にある個人店です。
お店に辿り着くと先客がいてなにやらメモを片手に店主を質問攻めにしていました。初老で長身の人です。「〇〇はないのか」「〇〇なことってできるのか」と結構込み入った感じの会話です。
最近の初老の人ってずいぶんデカい人が多いなと思ったらいわゆる団塊の世代で戦後生まれなんですね。
そのお店は店主一人で切り回しています。一人のお客さんに長引くと後のお客はずっと待たされることになります。
会話は間断なく続いていてすぐにはとても終わる雰囲気ではありません。
筆者のあとからさらに若いお客が来ました。彼は店主の方向に用あり視線を送っている様子でした。

店主が比較的話しやすそうなタイプだからなのかそのお店では「常連客」と雑談している光景をよく見かけるのですが、大概は雑談といってもその常連客がほぼしゃべりまくっていて店主がソフトに相槌を打っている、そんな感じです。
筆者はひそかにそういう人たちのことを「ダベリさん」と呼んでいます。
店主とのコミュニケーション自体は悪いことではないと思うのですが店主も厩戸皇子ではありませんから同時にたくさんのお客の相手はできません。
そこは常連さん自身が常に五感を張り巡らせて自分の行為によって誰かが困っていないか気を遣うべきでしょう。
中には空気を察知して「ごめんなさい、どうぞどうぞ」と自分から会話を中断してくれる常連さんもいますけど。

さて件の初老客、自分の用件に入ってから結構な時間が経っていますが自分の後ろを振り向きさえしません。
どうやらちょっとKYな方のようですね。
やり取りを見る限り、雑談ではなく購入前提の話のようなのでこちらから横槍を入れるわけにもいきません。

さっきの若いお客はいつの間にか姿が見えなくなっていました。
会話の方はというと終わりの糸口が見えてこないので筆者はいったん店を出て近くの本屋などで時間をつぶすことにしました。

数十分後に再度お店に行ってみると、果たして初老客はまだいらっしゃいました(笑)。
先ほどの若いお客もあとから姿を見せましたがさすがにゲンナリした表情です。
その初老客、やがて納得したのか数点の買い物をして立ち去ろうとしたのですが、別件を思い出したのか「あ、そうそう」。また会話が再開されてしまいました。

・・・・・・・・・・結果的に筆者が自分の買い物ができたのは1時間数十分後でした。
なんだかすごく疲れました。
「今日はお店が貸切だったんだ」。そう思うことにしよう・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2014/03/27(木) 04:07:03|
  2. 日常のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

メーカーには振り回されない

各メーカーの生産予定に狂いが生じています。
1~2ヶ月の遅延は当たり前、マイクロに至っては半年遅れになっていまだ発売になってないものもあります。
EF13のことなんですが(笑)、アナウンスの際には凸型車体のものは是非欲しいという複数の声が各サイトから上がっていました。
待っている人はもう待ちすぎて首が伸び切ってしまったのではないでしょうか。

新製品に考証ミス(意図的に見逃した?)やら付属品の不備やらも続出しています。
KATO、TOMIX、マイクロは総合車両メーカーですので幅広いユーザーのニーズに応えなければならないのが辛いところです。とはいえここ数年の過密ダイヤはさすがに無理があるのはないでしょうか。
リーマンショック以降、ユーザーの趣味投資への体力も落ちています。やめていく人も少なくないと聞きます。
TOMIXやマイクロの限定品商法も景気のよい時代ならともかく今にふさわしいとは思えません。
(キハ40旧北海道色の両運は限定品でなく「通常品」枠だったと思うのですが2年以上経っていまだ何のフォローもないのが解せないです。)
ここでいったん立ち止まってslow pace、slow lifeに転換してもいいのでは。新規製作は各ジャンル1年1作、新製品はすべて「分納」。これでいいと思うんです。
KATOさんですと最近ではC62 2号やDD13ですね。分納というのか早期再生産というのかよく分かりませんが。
メーカーも利潤追求の組織ですから大人の事情やらあるのでしょうが、もう少しユーザーの懐も察して欲しいですね。

話は変わりまして、
大変です。我が鉄道で大事故です!

pIMG0097.jpg
北斗星EF81が転落しました!
(画像はあくまで再現です)


pIMG0098.jpg
事故現場です。
最近つとにこの手の事故多すぎです。
再発防止に努め、利用客の皆さんへの信頼回復しなくてはいけません。
(元々ない信頼をどう回復するのだという陰の声も)。

車両の方は
車体や動力に大きなダメージはないようですが、

pIMG0100.jpg
カプラー押さえの差込足と

pIMG0102.jpg
ステップがへし折れてどこかへ飛んでしまいました。
日曜日にとんだステップは見つかりましたので、

LIMG0066.jpg
早速先日秋葉で調達のエポキシ接着剤の出番です。
カプラー押さえは圧着で安定しましたが、
ステップは小さいものなので圧着どころか位置決めにてこずり、タイムリミットぎりぎりでした。
というか・・・・・・「超急速2分硬化」はいささかオーバーでは?
数時間後、ステップの方もどうやら安定してきたようです。
少々泡のようなはみ出しもありますが、へし折れたままよりはずっとマシですね。
これは色々なシーンで使えそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2014/03/24(月) 21:32:04|
  2. 鉄道車両(模型)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

外神田へ買出しに

LIMG0081.jpg
大分寒さが和らいできましたがみなさまにおかれましては体調を崩されずにお過ごしでしょうか。
寒暖差が激しいのでまだまだ油断なりません。
さて筆者は木曜日が休みだったので秋葉原へ出陣しまして、

LIMG0064.jpg
予約品身請けしました。

LIMG0065.jpg
これは軟プラにも塗装が乗るとのことで購入

LIMG0066.jpg
以前100均のエポキシがまったくつかなかったのでFさん選りすぐりの一品を

LIMG0068.jpg
こういう近場の模型店に在庫なしのものもここぞとばかりに

LIMG0069.jpg
仕入れていきました。


で、待望の北海道D51です。

LIMG0085.jpg
北海道ものは本来収集対象外なのですが、ロコマニアのサガには勝てずご購入です。
かの有名な241号を思い出させる独特の煙突です。

LIMG0076.jpg
キャブ下の細密化がハンパないですね。


LIMG0086.jpg
我が故郷のD51にも旋回窓のものはありましたが徹底して耐寒仕様のこのD51はもはや別形式です。
各部位のディティールに走行性能、今更述べるまでもなく大変すばらしいものでした。
足りないものは「煙」だけですね。
我が鉄道にはセキ3000など北海道貨車はありませんがコキ10000とかでも似合いそうです。
そういえば追分機関区最終日9600の背景に4個積みのコキが映りこんでいたのを思い出します。

当時の新聞社系のグラビア誌に廃車体となった無数のSLが留置されている写真をみて悲しい気持ちになったことがあります。もはや命の躍動はそこにはありませんでした。

LIMG0070.jpg
こちらは金曜日にホビーセンターでのご購入。
模型の細密化もやり出したら切りがありませんね~(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2014/03/22(土) 00:49:29|
  2. 鉄道車両(模型)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧製品EF81の屋根上を〇△する

vIMG0025.jpg
少し前の記事にて旧製品のパーイチの屋根上を何とかしたいと匂わせましたが決行する日がやってきました。
KATOがEF81をリニューアルしたのは比較的最近ですがそれ以前は上のような旧製品しかありませんでした。
碍子と高圧線が一体モールドとなってます。しかもかなりぶっとい!
その間トミックスは順次ELリニューアルを進めていたのですが同社は屋根上には大きなこだわりはないようで
割とアッサリした表現です。
今回できる限りKATO新製品に近づけてみたいと思います。

vIMG0026.jpg
用意したのは0.3mm真鋳線と、


vIMG0028.jpg
銀河モデル製の碍子です。


vIMG0029.jpg
碍子をグリーンに塗装します。
また銀河のは足が長く動力ユニットに干渉するので足を若干ヤスりました。


dIMG0052.jpg
真鋳線曲げはこの精密ヤットコを使用しました。
自分の使いやすい道具が一番ですね。


dIMG0051.jpg
高圧線表現の折り曲げですがもっと苦戦するかと思いきや2度目で何とか形になりました。
ビギナーズラックという奴でしょうか。
次回は苦戦するような気がします。


dIMG0049.jpg
プラパーツとKATO新製品を見ながら作業を進めました。

んでもって出来上がったのがこれです!


cIMG0055.jpg
dIMG0056.jpg
dIMG0060.jpg
cIMG0059.jpg
dIMG0057.jpg
cIMG0061.jpg
いかがですか?
第1エンド パンタ付近の高圧線、下がりすぎ。
指摘ごもっともです。これ以上弄ると膠着して作業がドロドロになりそうだったので適当に矛を収めました。

しかし間近で見るとそれなりに格好いいのですが遠めだと大して目立たない!
もう少し太い金属線を使ってもいいかも知れないです。
碍子のグリーンももう少し明るめがよかったかな。

パーイチや交流機のお好きな方にはお勧めの工作だと思います。
ただ銀河の碍子は6段と7段のもので合計750円でした(定価店の場合)。
7段のものは1セットで1両分使い切ってしまいやや不経済な工作になってしまいます。
製品のプラの碍子を生かすのも手かもしれません。

今後も手元にある旧製品をどしどし弄っていきたいなと思いました。
ここで標語。

手放す前に 弄り倒そう 旧製品

お粗末!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
  1. 2014/03/20(木) 20:13:25|
  2. Nゲージ電気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ