ロコモ丼のレシピ

破壊と再建

image_1382779956.jpg
こんばんは。
最近はどうも工作ネタがあまりなくて。アイディア倒れに終わったり大失敗だったり。
でも「失敗したけど何とか直しました」というネタならあるので今日はこれを。

マイクロエースDD51(A8528 DD51-1156 JR貨物車体更新車新塗装)
塗装の鮮やかさに惹かれて購入しました(笑)。

マイクロのカプラー交換の煩雑さはユーザー泣かせでつとに知られますが、
このDD51も例に漏れません。



先日、床下とカプラー押さえの間にマグネマティックカプラーをはさみ込もうと画策したのですが、
高さが合わず挫折。
その際にカプラー押さえ側のカプラー抜け出し防止の突起(緑部分)を全部削ってしまいました。
これでいかなるカプラーをも取り付け不可能になってしまいました。
後戻りできない状態という奴です。

完全に元通りにするにはメーカー修理対応にしてもらうしかありません。
しかしたかだかパーツ一個に修理扱いは往復の送料の方が高くついてしまいます。
また修理期間は3ヶ月ともそれ以上とも言われています。

自分で何とかするとしますか。

image_1382779617.jpg
ドリルで穴あけし、0.5mm金属線を通しました。
これが抜け出し防止突起の代わりになります。

image_1382779665.jpg
はみ出した部分をカットしました。瞬間接着剤を流して完全に固めました。
2本の金属線の後ろには薄く切ったウレタンを敷きました。

image_1382779757.jpg
5mm厚のプラ板を貼ります。これはカプラーのお辞儀防止策です。

image_1382779817.jpg
今回使用するのはシンキョーカプラー灰色です。
見づらくてすみませんがカプラーのお尻の突起をカットします。
右が未加工のものです。

image_1382779878.jpg
カプラーおよびカプラー押さえを装着し付属のネジを締めて完了です。
高さとしては合格のようですね。コキ側もシンキョーです。

走行して解放がないか確認します。大丈夫そうです。
一番相性的にいいのはKATOナックルカプラーでした。
ただ反対側エンド(破損してない方)のシンキョーはお辞儀対策なしのせいか、解放が多いです。

マイクロ製品の工作ネタ記事への需要がどれくらいあるのか分かりませんが、
こういうブログ記事は閉鎖しない限りずっと残るものなのでいつかはどなたかの役に立つこともあろうかなと思い、
あえてアップしました(役に立つんかいな?)。

注)文中の下線はまったく意味がないです。編集ミスです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/10/26(土) 20:24:57|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EF65-1000のメイクアップ その3


しばらく放置状態だったKATO EF65の続きです。
モールドを削り落とした跡の色差しおよび
欠損したひさしパーツの代用として調達したエッチング製パーツへの色入れなのですが、
そのための「青」を作らなければなりません。単色で市販しているものがあるのか、
調色が必要なのならどの色を使うのか塗装初心者の筆者にはかなりの難題です。

更新色の青
って見れば見るほどよくわからない色ですねえ。
特にKATOのものは難しいです。
なおKATOのものとトミックスのものを並べてみました。
ちょっとわかりにくいですが。

image_1382717932.jpg
画像では濃く見えるのがトミックス。

image_1382702131.jpg
淡く見えるのがKATO。でもこちらはただの青ではなさそうです。

image_1382702339.jpg
ヨドバシカメラホビー館をぶらつきつつ、フィーリングのみでこの色を選んでみました。
ガイアノーツのブライトロイヤルブルー。

image_1382702539.jpg
ん? これはトミックスの方の青に近いように思えます。
KATOの青とは明らかに違います。
KATOの青はなんというのかバイオレットかそういうものが入っているように見えます。

image_1382702441.jpg
このミディアムブルーを混ぜてみたら・・

かなり近くなったような。
まだ「決定版」ではありませんがこんな感じで少しずつ煮詰めていきたいと思います。
モリタの塗料にも興味ありますが販売店がまだ分かりません。

KATOのPF更新色(3019-6、3019-8)は旧製品ベースなので再生産の可能性はないものと思われます。
リニューアル版PFのバリエーション展開として将来的には発売になるものと思われますが、
その際にこの旧製品の塗色を踏襲されるのかどうかはまったく未知です。
今回の色作りに関してネット検索もかけてみたのですが、あまりヒットしませんでした。
PFファンの多くはPF更新色に関してはKATO旧製品には未練はなく、
トミックス製品で集めているのか、KATOのリニューアル待ちなのでしょうか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/26(土) 01:50:15|
  2. Nゲージ電気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

横浜 踏切事故に思うこと

月曜日ついにPCが逝ってしまいました。
以前から電源の調子が悪かったのですが誤魔化しつつ使ってました。
電源が完全にお亡くなりになったようです。
中のデータは大丈夫そうですが、
メーカー修理依頼すると中のデータを消されて返されることもあるとも聞いているので
修理依頼には二の足を踏んでいます。

古い写真のアップが一段落した後だったのは不幸中の幸いでした。
代わりのPCを使っていますがなにしろ低スペックなので重くてストレスがたまりまくりです。
元の環境を取り戻すまでは簡単更新、写真なし更新が多くなるかも知れませんが
よろしくお願いします。

で今日の投稿です。
取り上げるにはなんとなく機を逸した感があるのですが、
横浜で40歳女性が75歳男性を助けようとして亡くなった事故のことなのです。
女性の判断をめぐっては侃々諤々されていますが、これは誰も責められません。
事故はなぜ起きたのか、どうして止められなかったのか
原因とか結果とか頭をグルグルさせつつ導き出した答えは結局
「そこに危険な踏切があったから」ということに落ち着いてしまいます。
筆者が上京した時、人口密度が高いところに無数の踏切があるのに驚きました。
比較的最近にも京王線の踏み切りを自転車でわたろうとしたおじいさんが転んでしまい
周囲の人に助け出される所を目撃したことがあります。
幸い警報はなっていませんでしたが分刻みで上がり降りするだけに
タイミングひとつで危ないところでした。
また利用客比で非常に狭いホームにも同様の感想を抱きました。
特に京王新宿駅などが危ない構造なのは誰の目にも明らかだと思うのですが
今日に至るまで大きな改善がなされていないように思えます。
一昨年ころ年配男性が酔っ払いに押されてホームに転落、
電車に轢かれるという痛ましい事故がありました。
何かしらの対策が採られるのだろうと筆者は予想したのですが
何の対策も講じられることなく事故そのものも風化してしまいました。

個人的な出来事としましては、この夏筆者が中央総武線に乗っていたところ、
先に降りようとしていた80くらいのお婆さんの体が急にズルズルと沈み込んだのです。
足を踏み外し電車とホームの間に落ち込みそうになっているではありませんか。
それを見た次の瞬間、筆者はお婆さんの両脇を抱え、抱っこする格好で引っ張り上げていました。
ホーム側にいた人がお婆さんの両足を持ってくれたお陰で助け出され、怪我もなかったようでした。
その駅のホームは大きく湾曲する構造でした。

ホームドア設置はコストのこともあるし構造上設置が難しいところがある、というのもわかります。
筆者の気がつかないところでさまざまなバリアフリーが巡らされていることも軽視しているわけではありません。
都会に踏切があるのは当たり前。狭いホームに利用客があふれかえるのも当たり前。
鉄道会社側にも利用客側にもこういう共通認識があると思います。
その一方でこのままではよくないという考えの人も確実にいるはずです。
この「当たり前」とか「既成事実」をまず疑問視しない限り安全というものはいつまでたっても先に進めないと思うのです。
「脱踏切」「脱危険な狭いホーム」こそ急務ではないでしょうか。

  1. 2013/10/23(水) 00:27:09|
  2. 素朴な疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D51 トップナンバーとの対面

rokomodon90 012
盛岡、青森にて東北本線仕業に従事したトップナンバーが我が故郷に来る!
大ニュースでした。実際地元紙では異例の扱いでイチ機関車の転属を報じていました。
既に松江に越していた筆者は「彼」のねぐらのある浜田へはなかなか行けません。
そんな筆者のために叔父が機関区見学をセットしてくれました。

ようやくトップナンバーに遭えるということで胸は高鳴り放しでした。
簡単な手続きを終えて駅構内へ。
たくさんの機関車が忙しく出入りしたり憩う中、トップナンバーの姿を探す筆者。
赤レンガ機関庫にはいないようでした。

ターンテーブルの方へ目をやると、

rokomodon90 013
いたいた、いたいた!
rokomodon90 011
給水・給炭台のそばで憩うD51 1号機。
興奮のあまり後ろと横にいたC56をガン無視してカメラをパチパチする筆者。

天気はご覧のように雨模様でしたがぬれるのも構わず、

rokomodon90 001
記念撮影。

ついに念願の対面は果たしたものの、その後も普通の仕業中のトップナンバーにはなかなか遭えず、
配属から1年あまりで梅小路へと旅立ってしまいました。
しばらくは構内運転はもちろん、イベント運転など元気な様子が伝えられましたが、
数年後には火を落としました。

再び羽ばたく日は来るのでしょうか。

KATOのナメクジ形リニューアルが待ち遠しいですね。
筆者の推理に過ぎないのですがもしかしたら北海道、東北に多かった2灯式との兼ね合いで
メーカーも悩んでいるのかも。
重油タンクなどは大きいので脱着式にするのは簡単ですが副灯はユーザーを煩わせるのではとか
色々考えているのかも知れないです。もしかしたらですが。

冒頭の1枚は別の日に叔父が撮ってくれたものです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/21(月) 00:08:36|
  2. 鉄道車両(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

昼下がりの浜田機関区

rokomodon90 002
今回スキャンした写真は一気に吐き出そうと思います。
詳細なデータは残っていませんが昭和47~48年頃。
まずD51749。

rokomodon90 009
ワンオブ1115ですね。

rokomodon90 008
構内で子供が戯れています(笑)。
コラコラ君たち!

こちとらちゃんと事務所通して見学しているのに(笑)。
何とのどかな時代なことよ。

rokomodon90 007
D51839。
浜田区は扇形機関庫ではなく、3線式レンガ造り機関庫でした。
最近トミーテックから出たストラクチャーとよく似た機関庫です。

rokomodon90 006
rokomodon90 005
C56106。
三江北線仕業に従事。その前は木次線でしたが一足先に無煙化してしまいこちらに来ました。
ちなみに木次区には104~111が連番で配置されていました。

rokomodon90 004
C56「初めまして。どちらからですか」
C57「豊岡からです。その前が梅小路、福知山、金沢・・・思えば遠くへきたものだ」

そうです。若番でなおかつ原型をよくとどめていたことで関西時代非常に人気のあった5号機です。
5号機といえば形式入りナンバープレートだったはずなのに形式なしに差し替えられています。
何故こんなことに?

別の線区の話ですがやはり全般検査を終えて工場を出場した罐の形式入りプレートが形式なしにすげ替えられておりのちに砲金汚職が発覚したという話がありました。
しかしこの5号機の場合なぜ変えられていたのかは謎です。
筆者はこの5号機が大好きで日曜の朝の客レを早起きして追いかけました。

現在は姫路市の御立交通公園にて保存されています。
とても良好な状態を保っているようです。

その横にいるDF50も今の筆者だったら数カット収めていただろうなあ。
結構数がいたDF50も保存されたのは0番台が3両のみでした。
弁天町の交通科学館のは閉館後はどうなるんだろう?

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/20(日) 00:17:33|
  2. 鉄道車両(実車)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

山陰地方の模型店

16日の記事の1枚目の画像なのですが、
無煙化後に市内は高架化され、筆者の撮影スポットである踏み切りは過去のものとなってしまいました。
現在は丁度D51がいる位置、ガード下になるんですが模型店があります。
ベニヤ模型というRCにプラモデルから鉄道までほぼ全ジャンルをカバーする総合模型店です。
また、そことは別に本店が京店というところにあります。

鉄道中心の模型店だとホビーショップ ウエストというお店があります。
JR松江駅からのアクセスはあまりよくなく、隣りの乃木駅からの方が近いかも知れません。
都会のお店からは消えてしまった商品に遭えるかも?
人によってはストライクッ!な品揃えかもしれません。
あと鳥取県になりますが、米子市のエースも鉄道模型の扱いはよかったと思います。
住所や連絡先についてはメーカー公式の小売店一覧をご覧下さいませ。

小売店一覧といえばKATOの公式に浜田市の地球堂模型というお店が載っていたのには感動しました。
筆者が幼い頃足繁く通い、プラモデルを買ったお店です。
最後に行ってから30年近い月日が流れましたが今なお健在とは嬉しいですね。

皆様も山陰旅行の折に立ち寄られてはいかがでしょうか。
  1. 2013/10/18(金) 23:30:21|
  2. 鉄道車両(模型)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山陰のD51

rokomodon90 003
久しぶりに古い写真をアップしてみました。
今回は写真店に依頼しプロ機材でスキャニングしてもらったのですが仕上がりはいかに?

D51はやはり桁外れに両数が多いだけあって個体差は小さいようでかなりあります。
また全国に散らばって活躍しただけあって装備や改造に地域色のようなものが見られて興味深いですね。

筆者の故郷は山陰のD51は集煙装置装着がデフォウルトでしたので、標準形の天下でした。
装置の装着不可能なナメクジ形はほとんどいなく、トップナンバーはあくまで特別扱いだったようです。
ただSL最末期は、全検まで余裕のある調子のいい罐が全国から流れてきて
集煙装置なしD51やナメクジ形(酒田区の36号)も入ってきました。
筆者のトレードマークの254号も関西本線からの転入組です。
数あるD51の中でも変形デフのものは嫌でも目立つので今日はそういうものを取り上げて見ました。

上の画像の833号は後藤デフ(G-5)装着なので遠目にもすぐそれと分かりました。
かの有名な499号ほど派手ではないですが背中の重油タンクと相まってなかなか勇ましい姿です。
昭和47年頃松江市の大正町の踏み切りで撮影したものです。
付近のお店に時代を感じますね~。
なお自前の写真はほとんど撮影データが残っていません。
なぜ場所が分かるかというと筆者が撮影したのはたいてい市内の大正町か朝日町の踏み切りだったからです。

rokomodon90 010
こちらはやはり末期に長野から流れてきた473号機です。
長工式デフが一際異彩を放っています。N-2型というものだそうです。
前端梁からデフの先端まで垂直に伸びるステーが、九州の門デフとの相違点ですね。

こんな感じで順次アップして行きます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/16(水) 19:50:28|
  2. 鉄道車両(実車)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

またまた、またまた

rokomodon88 008
新規入線です。
マイクロエース EF10-24 4次形@豊橋機関区でございます。

rokomodon88 005
Rがなかなか効いています。

rokomodon88 009
走りは購入前チェック済みです。
EF10-35 7次形@東京機関区ともちゃんと協調しました。

rokomodon88 012
有井製車両のみで編成してみました。テラ1

rokomodon88 011
テム300

rokomodon88 013
タキ20500、ワム70000

rokomodon88 014
レ5000、レ6000

実機の方は非力で現場を煩わせたようで、
上り勾配にある場内信号で止まると貨車を引き出せなくなるので、
わざとノロノロ走って信号が変わるのを待った・・というエピソードを読んだ覚えがあります。
しかし模型のスペックは実機のそれを軽くオーバーしているようです(笑)。

コキスパイラル、ブルトレスパイラルみたいに旧型電機スパイラルなんてあるのでしょうか?
筆者は旧型電機の迷宮から抜け出せなくなりました。

有井の貨車はよい出来栄えですね。
実車写真に比べてもよく似ていると思います。
k商会の貨車だと車輪が歪んでたり(よく見ると車輪でなく軸受けの方が歪んでいたりする)
トラブルが怖くて買えません。
有井だとそういうトラブルは今のところないです。

先ほど復活させたEF57はまた不調になって、
集電は異常なく、バラしてみるとモーターが回っていませんでした。
今はまた走るようになったのですが、走行音は大きめで電圧食いまくりです。
モーターの推進力とかトルクのバランスがよくないのかも。
モーター交換を検討中です。しかしユニットにピッタリ合うモーターなんてあるのだろうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/15(火) 01:21:31|
  2. Nゲージ電気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来年以降メーカー発売品 (D51など)

rokomodon87 003
来年以降発売品も各メーカーから発表されているようです。

KATO
2016-3 D51 北海道形 12,600円
2016-4 D51 北海道形 ギースルエジェクター 12,600円

TOMIX
98922 <限定品>JR EF63形電機機関車(24・25号機)セット 14,910円
9151 JR EF66形電気機関車(27号機) 7,035円
9152 JR EF65-1000形電気機関車(田端運転所) 6,825円
9153 JR EF65-2000形電気機関車(JR貨物更新車) 6,825円

当ブログらしく罐を中心に並べてみました。
目玉はやはりD51だと思うのであります。
旧製品同様に次のバリエーション展開はなめくじ形だと思っていたところ、見事意表をつかれました。
とはいえギースルエジェクター機はなかなかそそるのであります。
なかでも追分機関区の241号機は好調機で人気もあり廃車後は保存が決まっていましたが、
機関庫の火災により、焼失してしまいました。
付属のナンバープレートには「241」は収録されている模様です。

241号機の代理の形で保存され、
現在でも追分の鉄道記念館にて現役機さながらに整備されているのが320号機ですね。
非ギースル機の方にはやはり「320」も入っているようです。

トミックスの方に目を移すとやはりELのトミックスだけあってELを並べてきています。
個人的にそろそろ65と66はおなか一杯感もあるのですがPFはまた買ってしまうんだろうなあ。

トミックスからは気動車のラインナップがすごいようです。
JR西日本のキハ40系更新車やら南海電鉄 キハ5501・キハ5551形セットやら目白押しです。
こんなに出されたら財布が続かないですよね。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/13(日) 23:29:30|
  2. 鉄道車両(模型)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ストラクチャーを増やそう

rokomodon85 005
動かなくなった模型が動くようになると気分がいいですね。

では今日の投稿なのですが、

我が鉄道の建造物を一挙公開します。
まずジオコレの郵便局と店舗(何屋さんか分からなくなった)。

rokomodon85 001
銭湯。

rokomodon85 004
駅前旅館。

rokomodon85 002
床屋さんです。以上がジオコレですね。

rokomodon85 003
トミックスロングセラー製品の田舎駅舎。先日塗り替えたものです。
こうやって他のストラクチャーと比較するとやはり大きめですね。
利用客の平均身長は2m50cmくらいなんでしょうか?

rokomodon85 006
同じく藁葺き農家。これまた昔からの定番品ですね。
以上。

たったこれだけ? たったこれだけです。
少なすぎですね。

rokomodon85 007
走行距離を稼ぐのに躍起になりストラクチャーを置きにくい構成になってしまいました。
メイン駅に駅舎を置くスペースがありませ~ん。

rokomodon85 008
ムリヤリ置くとこうなってしまう・・利用客が危険すぎます!

rokomodon86 002
まずは民家と小さなお店を増やしていきますか。
裏側から見たジオコレ店舗兼自宅です。
民家としてもなかなかいい感じです。
思うにこういう形の複雑でないものは自作いいんじゃないかなと。
自分なりのテンプレートを作成すれば作り放題です。
背丈や幅を変えたりして変化をつければいいでしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/13(日) 01:05:59|
  2. レイアウト製作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ