FC2ブログ

ロコモ丼のレシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マイクロエースC11に前カプラーを その2

rokomodon51 022
再度挑戦します、C11の前カプラー。
前回はカプラー押さえ(抜け出し防止)をプラ板で作りましたが十分な成果を得られませんでした。
プラ版だと細かい切り出しをすると強度の点でかなり不安定になります。
ですので、適切な高さを作れませんでした。

rokomodon51 013
今回はこの薄い真鍮板を使用します。

rokomodon51 014
使用接着剤は色々検討しましたがこれをまず試すとします。

rokomodon51 016
接着剤定着のため60番ペーパーでやすった後、こんな風に切り出します。

rokomodon51 017
エポキシを塗布し圧着します。
しかし・・エポキシはなぜかまったく付きませんでした。瞬間接着剤に変更し今度は付きました。

rokomodon51 023
カプラー押さえが付きました。使用するのはその1同様EF66ナックルです。ピン穴にはバラけ防止のためGクリアを塗布した丸棒を入れてあります。カプラー自体は一切固定してなくブランブランの状態です。抜け出さないようただ封じ込めただけです。

rokomodon51 020
緊張の試運転です。画像のような状態でバック運転します。手始めに緩急側カトーカプラーNの2軸貨車を試したところ、最初の勾配カーブであっけなく解放しました。
次は画像のヨ8000を使います。このヨはナックルカプラー、シンキョーカプラーをそれぞれのエンドにつけてあります。

rokomodon51 002
少しスピードを上げてのテストです。緩急側ナックルだと3周目の上り勾配カーブで解放しました。
緩急側シンキョーも同様に3周目まで頑張りましたがここで力尽きました。
若干スピードを下げてみますと今度はそれぞれ5周目まで持ちこたえました。

今回ほぼ同じ箇所で解放しました。上り勾配カーブを上りきったところです。そこ以外はいい感じで走っていたように見受けました。うちには平坦線路だけのコースはないので、確かなことは言えませんが、平坦線コースだとかなりいけるのではないでしょうか。
やはり前端梁マウントだと完全なものは難しいですね。完全を期すならば思い切って先台車マウントにして見た方が機能面で上だと思います。

今回は成功といっていいのかよく分かりません。六分咲きといったところでしょうか。

次回は平坦線コースでテスト運転をしてみます。それを試した上でこの項を終了としたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/08/04(日) 19:49:06|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シンキョー改

rokomodon50 005
シンキョーカプラーをピン穴差込できるよう加工します。
ピン穴を開けるために以前KATOカプラーNでやった要領でカプラー基部(お尻の部分)の面積を稼ぎます。

rokomodon50 004
経過写真忘れました。すいません。
製品のランナーをはんだごてであぶり、基部に盛り付けていきます。
そしてをドリルでΦ1.2mm穴をあけてピンが入るようにします。

rokomodon50 008
先日購入したマイクロエースDF50に取り付けます。
画像では少し垂れているように見えますがバネはちゃんと利いてます。

rokomodon50 009
試運転しました。コキ50000やスハ43を牽かせて10周以上走らせましたが自然解放はなしです。
マイクロ機関車との相性は抜群ですね。

マイクロエースやKATOのEL、DLの大半はこのようにピン穴差込方式のカプラーポケットです。
シンキョーカプラーの基部はアーノルドのポケットに入れるのが前提のような構造をしていますが遊びを減らす工夫をしないと確実に解放します。「シンキョーは使ったことがあるけどあまりよくなかった」という声がたまに聞かれます。
シンキョーはピン穴差込方式でこそよさを発揮するように思えます。
ということで前述の加工なしで入るようなあらかじめピン穴の入ったシンキョーカプラーがあったら最高ですね。
メーカーの台湾のFORMOSA RAILにリクエストしましょうか。

こんな風に

貴社におかれましてはますますご清栄のことかとお慶び申し上げます。
さて貴社製品であるシンキョーカプラーは日本の鉄道模型ファンに非常に愛用されております。
つきましてはピン穴差込方式の同製品の開発、発売を要望致します。
日本のファンにはさらに喜ばれるかと存じます。
何卒ご検討の程よろしくお願いします。

もう少しこの手の定型文を勉強しておけばよかったですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2013/08/04(日) 01:01:33|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。