ロコモ丼のレシピ

マイクロエースC11に前カプラーを その1

rokomodon48 005
マイクロエースC11 画像は2000年初頭に出た旧製品。単体で見ると結構C11しているように見える。しかしKATO D51等と並べるとやはり高さが目立ってしまう。とはいえ現時点では貴重な、ファインスケールに近いC11である。

Nゲージの蒸気機関車でユーザーの頭を悩ませる問題の一つなのが「前カプラー化」でしょう。
最近のKATO製品からやや流れが変わってきましたがそれ以前の製品には標準装備どころか取り付けを考慮したものすらまったくなかったのですから。

rokomodon48 004
かくいう筆者もこのマイクロのC11の前カプラー装着に挑んだのですが
「ああでもない、こうでもない」と色々弄っていくうちにどんどん拡大していくカプラー口(笑)。
画像のごとくやや無残な状態になってしまいそのまま工作放棄となってしまいました。

rokomodon48 006
久しぶりに重い腰を上げ、上のようなカプラー押さえをプラ板で作って見ました。
使用カプラーはKATO EF66前期形ナックルカプラー。
下からこの押さえをゴム系接着剤で仮止めしました。
問題の高さはどうでしょう。

rokomodon48 009
高すぎのようでした。
これでは平坦線でも無理ですね。
もう少し低くすればいけると思います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/07/31(水) 23:20:32|
  2. Nゲージ蒸気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

201系中央線 オレンジ色のニクい奴

rokomodon47 003

こういうことを言うとフリークの方から大目玉を食いそうですがNゲージに入門するまで通勤形電車というのは日陰のジャンルだと思っていました。それが大間違いなのは世に出ている充実した製品群で計り知れるわけですが、筆者の私的鉄道においては決して重きを置いているわけではありません。知識も大してありません。
にも係わらずこの201系中央線は貧乏編成ではありますがかなり早くから揃えていました。
よく乗った馴染み深い電車ということもありますが、非常に格好よく洗練されたデザインの電車という印象が昔からあります。
既に運用廃止となった今となっても古臭さがまったく感じられません。
で、この趣味に入ってまもなくKATOから単品販売されている車両を収集しました。
筆者が探し始めた頃はもう発売されてかなり時間が経っていたのか、どの店の在庫もまばらで難航しました。
筆者宅からは遠い足立区の果てのお店まで探しに行ったこともあります。
繁華街から大きく外れた住宅街の中にあるお店でようやく目当ての車両を見つけた時には嬉しさより安堵したものでした。

先日レイアウトリニューアルの杮落としにでもと久しぶりにケースから取り出したのですが、

rokomodon47 005
ヘッドマークも方向幕もがらんどうである! 無線アンテナや信号炎管こそついているものの典型的な「手に入れた段階で安心」です。まったくもってけしからんですな。

さてとりあえず今の所分かっているのは
①JR仕様である(見れば分かる)
②所属は全車「東ムコ」である
③高尾⇔東京間として使用してもいい

すみません、無知も甚だしくて。

所有車両は、
クハ201 2
クハ200 1
モハ201 4
モハ200 2(M車 1)

中間に来るクハ200がもう一つ欲しいところですね。
今後は単品販売は望み薄のようですのでまた中古店等を地道に探すしかありません。
トミックス新製品に期待したいところですが早々と系列のTOMIYTECから鉄道コレクションとして発売されてしまいました。
これはとりもなおさず本家トミックスからの新規発売は「当分期待しないで」ということです。何だかガッカリですね。

各シールを貼る前に実車の研究を進めてみようかなと、これを次回記事までの宿題としたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/31(水) 00:18:48|
  2. Nゲージ通勤形電車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOMIX EF30を更に弄り倒す

rokomodon40 008
Before
kk
After
rokomodon46 009

rokomodon46 010

rokomodon46 008

rokomodon46 002
これ以上弄るつもりはなかったのですが日曜日に別の探し物でいったKATOホビセンでこんなものを見つけてしまったばっかりに・・・。

rokomodon46 001
手製のガイドで解放テコの穴を開けます。

rokomodon46 003
手すりは前面に突起があるのでガイドが使えないため目分量で穴の位置を決めます。
一箇所穴あけしくじってますね・・。
Assyは手すり、解放テコとも1両分きっかり、予備は一切なし、にも係わらず手すり2個をひん曲げて潰してしまいました。
仕方ないので手持ちの銀河モデル3.5mm手すりを代用に立てました。

いかがだったでしょうか。
出来栄えはさておき、色々なものがついて20年前の設計の模型とは思えなくなっています。

豚鼻2灯ライトのも欲しくなりますね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/30(火) 15:56:27|
  2. Nゲージ電気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鉄道模型店

rokomodon45 002
時々新製品の予約を入れさせて頂いている秋葉原のお店がこの7月で4周年とのことだそうです。
もうそんなになるのかと思いました。
画像はオープン時に頂いたうちわです。まだ使ってますよ~。

しかしここ2年くらいは秋葉原からはやや足が遠のいています。
やはり掘り出し物が多いのでついつい余計な買い物をしがちなのと、あと思うことがあって。

個人経営の模型店は東京ではどんどん減っています。
特に23区の西側では絶滅危惧種といっていいほどで、最近も西荻窪のお店が廃業しました。
残っているお店も店主の高齢化が顕著です。
ちょっと遠方にある某店にて在庫の確認をお願いしたら店主が探している途中でゲシュタルト崩壊?を起こされてしまったことがあります。
「あ、ワシはさっきまで何をしていたんだろう?」という感じで。

最近は自宅から自転車20分圏内のお店で買い物をします。
ここの店主は若いので問い合わせへのレスポンスもいいですし、新製品もできるだけ沢山仕入れるようにしてくれているので秋葉原ですぐなくなった製品が数ヶ月後でも買えたりします。発売日にすぐ買えない筆者のような〇ビ(死語)の人間には有難いです。
でもせっかく仕入れたものがあまり売れずに残っていたりすると次の仕入れに支障が出ないかなとか少々下世話な心配をしてしまいます。
やはり潰れたりして欲しくないですからね!

つまり、消費者たるユーザーが少しでも地域のお店を盛り立てることが業界全体のためにもなるのではと考えるわけです。

というわけで今後は秋葉原へ出向くことはますます少なくなると思いますが、

rokomodon45 003
たまにお邪魔しますので今後ともよろしくお願いしますね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/28(日) 01:04:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

人はなぜ同じ模型をつい何個も買ってしまうのか

興味深い命題でございます。
人によっては走行用、観賞用、保存用と決めて3個、4個と買うようです。
でも筆者はこれには該当しません。買った模型はすべて走らせます。
ガタがきたなと思ったら再生産でまた買います。

でまたまた、またまた新たな入線です。

rokomodon44 007
DF5060、2個目ご入線~。
安かったのでついムラムラと。もうほとんど病気としか。
機番が被るのはどうしようかな。KATO DF50の付属メタルインレタ使用も検討してみます。

rokomodon44 010
D51もご入線~。ファインスケールの新D51は4両目です。
格安新品です。Salam091さん、情報ありがとうございました。私にはとても有益な情報でした。
非の打ち所のない模型ですが過走気味な走りが時々うるさく感じることがあります。
そんな時はマイクロエース製品のソフトな走りもいいなと感じますね。

で、上の命題ですが、
この世界に入って色々なマニアの方がいるのに驚かされました。
EF66を特定機ごとに作り分けられたり、115系や103系が大好きで実車数に迫る勢いで集めている人もいます。
情景(レイアウト)から入る人も少なくないと思いますが大半の人は「憧れのあの車両を模型で再現したい」だと思います。
その憧れの車両がうじゃうじゃたむろしている電車区なり機関区というのもまた鉄道マニアにとっての原風景であり、いつまでも忘れえぬ風景だと思います。
そういうものも含めて再現したいのでしょう、筆者もそんな一人であります。
たとえば浜田区ならD51、米子区ならC11、DF50や雑多な気動車ですね。
どうしてもどんどん増えてしまいます(笑)。

rokomodon44 003
車窓から撮影した昭和48年ごろの米子機関区内。C11とキハ58系、後ろにはDE10らしき姿が見える。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/25(木) 23:53:10|
  2. 鉄道車両(模型)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レイアウト苦闘中

rokomodon44 004
地上線(高架部分)は完全にバラされています。
バラしてみて色々考えたことは、このレイアウトを立ち上げたのは4年前ですが当時の自分は
限られたスペースを有効利用しようと彼なりに色々考えていたんですね。
何も考えてないようでなかなか無駄のないスペースの使い方をしているのを再確認しました。
ちょっと感心もしました。「エライッ」とまでは言いませんが。
で、車両遭難の問題は点検穴を設けるということで今回大きな変更はしないことにしました。
でもそれだけではつまらないので面白い仕掛けも考えています。

購入車両の試走もしなくてはいけないので今は車両が一周できるよう地上線はボンドで仮留めしてあります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/25(木) 23:00:55|
  2. レイアウト製作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レイアウト苦戦中

rokomodon43.jpg
ちょっと遠出して大きいダイソーへ行ってきました。
各種工具はもちろんのこと、角材なども売っています。
工具は自社オリジナル品のようです。
さすがダイソーは一味違いますね。

で、レイアウトなのですが、まずベースにボンドで頑固にくっついていた山の補強用の角材を左にあるミニてこで除去しました。
これで製作の障害はなくなったのですが、「もっといいプランがあるのでは」と色々思いを巡らせているうちに手がまったく動かなくなりました。
で、今日は進捗あまりなしです。すみません。
  1. 2013/07/23(火) 00:08:33|
  2. レイアウト製作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レイアウト工事再開 築堤移動工事着工

rokomodon42 006
第三セクター雲南鉄道の事故多発地点ついに解消へ。
問題の地点は築堤上を走る地上線と築堤の腹をえぐるように走る地下線がやや重なっている所。
国鉄雲南線時代から地下線の急カーブで解放し立ち往生した貨車、客車に後続列車が激突するという事故が年に数回起こる魔の地点として知られていた。
さらに同地点は深い藪に覆われていることもあり救援隊の進入を難しくしていた。
今回築堤を21m移動するとともに地下線の勾配を若干緩くすることにより、事故頻度を下げる狙い。
竣工式に立ち会った地元竹薮村村長の鬼瓦権三郎氏は「この日をどれだけ待ち焦がれてきたことか。これで悲惨な事故も過去のものになるといい。」と感慨深げに語った。(雲南日日新聞)

関連記事ココ→http://http://kurokikumie.blog.fc2.com/blog-category-2.html

rokomodon42 004
4年間変化なしだった雲南鉄道がついに変わります。
雲南鉄道というのは今日命名しました。木次(島根県)⇔三次(広島県)間を結ぶローカル線です。
現実には国道54号線があるだけの区間で筆者の脳内にのみ存在する鉄道です。

rokomodon42 002
今回必要なレールはたったこれだけです。
ぼくなんかこれだけですよ!・・と昭和のギャグを飛ばしてみる。

rokomodon42 003
とりあえず現行レイアウトでのラストランです。改造工事の完了したEF30に走ってもらいました。
まずこの山を解体します。その後山とトンネルをまた作るかは未定です。
今回の工事は詰まる所増築工事です。
うまくいけば問題点は解決し、しばらくは楽しく走らせることができるでしょう。
でもまた問題が発生したり飽きたりしたらさらに継ぎ足すのでしょうか。
さすがに「次回」はないでしょう。解体して新製すると思います。
そういえば高校の同級生の家で横並びに部屋を増築していったために玄関から突き当たりにあるそいつの部屋まで全部の部屋を通らないとたどり着けない間取りだったのを思い出しました。

rokomodon42 001
工事に入りました。余計なものを撤去する作業が面倒です。
どういう風になるのかは自分でも分かりませんが明日には大勢は判明するでしょう、きっと、たぶん。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/21(日) 19:36:17|
  2. レイアウト製作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公約違反には罰則を

本日参議院議員選挙が行われますが、皆さんにおかれましてはどのような決意の元、お出かけになられますでしょうか、もしくは棄権されるのでしょうか。
筆者はかつてないほどの政府不信に覆われています。
前政権担当者である民主党のことです。
公約違反の嵐にガッカリされた人は少なくないかと思います。
中には努力目標として頑張ったがだめだった、な項目もありますがほとんど公約反古に近いものもあります。
あまつさえ質問にもろくに答えられず官僚に助け舟を出してもらう大臣まで!
「官僚主導から政治家主導へ」なる基本理念さえ裏切られました。
我が地元にも民主党の大臣経験者がいますが街頭演説に耳を貸す人は少なかったと聞きます。

「結局誰がなっても同じ」。
好きな言葉ではありませんが政治家に自分の仕事に責任を持ってもらわないと。
マニフェストに織り込んだ公約については実現に向けて全力でぶつかってもらわないと。
いったん国政に送り出したら有権者は見守る以外にはなにもできません。
化けの皮を脱がれても、心変わりされてももう彼らをストップすることはできません。

公約違反には罰則を!

なぜこんな取り決めを作れないんでしょうか。
私は正直民主党、特に野田政権の面々は刑事告訴されてもいいレベルだと思っています。
誰が告訴するのって? 「一票の格差」で物申した人たちあたりはこの点どう思っているのかな?

政策や主義主張を途中で変えたいんであればその都度国民の審判を仰ぐべきです。

c5345 016
政治はよく分からないニャン。
  1. 2013/07/21(日) 05:56:13|
  2. 日常のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOMIX EF30をスカートマウント化する その4 (画像、説明追加)

えっまだ引っ張るの?という感じですが「その3」の仕上がりに不満が残るのでさらに改良?を加えていきました。
ここからはほとんど筆者の拘りの追及なので第三者の方が見てもためになるものは少ないと思いますのでよろしければお付き合い下さいませ。

rokomodon40 005
「その3」ではスカート周りが寂しかったので今回これを使います。
KATO DD54初期形お召し用カプラーセットについている車上子保護板です。

rokomodon36 004
しかしこのままでは合わせる部分がまったくありません。

rokomodon40 001
スカートの内側からプラ板を貼っていきます。
これで「はめ込み部分」を作るとともに接着剤の接着面積を稼ぎます。

rokomodon40 002
分かりづらいかも知れないので角度を変えて。
瞬着を圧着しましたので見た目よりガッチリついてます。
ちなみに両側に1mm厚に0.5mm厚プラ板を重ねています。

こういう工作は本当に現物合わせの連続なので画像がないとなかなか説明が難しいです。

rokomodon40 004
ナックルカプラーが上に上がるのを防止するストッパーもこしらえました。
板バネもちゃんとついているので「その3」と違ってちゃんと首を振ります。

rokomodon41 005
スカート下に接着します。瞬間接着剤でガッチリ固めます。
これでもう後戻りはできません。doki doki・・

rokomodon40 008
完成!ステップまでついて実感的になりました。
ナックルカプラーもついたのでKATO機のような感覚で扱うことができます。
碍子を緑に塗装すればKATO機と騙すことも可能です(それはムリ)。

rokomodon41 007
下から見た図です。スカスカ感がなくなり格好よくなったようです。

rokomodon41 004
試走は問題ないようです。復元バネがあると安心感があります。
本当は無理にやる必要のない工作ですがたとえばジャンクで見つけてきた古い模型を今風模型に蘇えらせる助けとしてこうした工作が役に立つことがあるかも知れません。
でこの項を一応終わりとします。

久しぶりにオリジナルの工作を紹介できた気がします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/18(木) 01:02:16|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ