ロコモ丼のレシピ

インナーン セブンティーン! (トミ機関車のナックル化)

表題にまったく意味はありません。叫んでみたくなったので・・

間もなくGWですが今月は肌寒い日々が続いているようです。関東では不意な雨によく見舞われました。おととい夕にもゲリラ的にザッと降りました。「天気予報、全然当たらネエ」と感じる方も多いのではないでしょうか。
先々週日曜なども出先の世田谷で予期せぬ雨にやられ「ふざけるな天気予報」とひとりごちたのですが、この天気予報、つまり天気協会の予想(公式Webサイト)についてはなんだかんだで結構信頼を置いています、条件付で。
一週間先の日がどうなるか、結果的に降ろうと降るまいと当日どんよりとした空になっているのだから専門家の予想というのはバカにできません。ただ外れる時も外れ方にはいくつかの法則性があるように思います。筆者が気づいたのは、
週間予想で「一週間後を雨と予想→2、3日前に雨予想を取り下げる→しかし当日は盛大に降る」。このパターン、多いように思います。なんで途中でいじるんですか。一週間前の予想を押し通せば協会の予想は飛躍的にアップするじゃありませんか(笑)。
あと違うパターンで「雨の一日前倒し」という得意技もあります。「過去の膨大なデータを基に一番ありえる予想を立てている」そうですが素人目には逆のことをしているような印象を受けます、それも自信なさげに。一応税金で運営しているのだから(そうだよね?)、気象専門家の方々はもっと自信を持って職務を遂行して欲しいなと思います。

で、と

カスタマイズ手付かずだった機関車のナックル化を進めています。
TOMIXの機関車も基本ナックル化しますが、下回りがグレーの機関車を前にはたと困りました。
かもめナックルカプラーのグレー版こと「EH200ナックルカプラー」の市場在庫がまったくないのです。

なので代案。

EH50039 (1)
使うのは購入時機関車についている方のアーノルドのホルダー。

EH50039 (4)
そしてシンキョーカプラーのグレーの登場です。

EH50039 (3)
1mm厚のプラ板をホルダー底に貼り付けます。プラ板ならなんでもいいんですが、
evergreenの品番146、040×125というのは上の画像の通り、幅がドンピシャ!カットが楽なのでお勧めできます。

EH50039 (8)
お尻の突起は現物あわせでカット。
接着します。

EH50039 (9)
ホルダー上下のパーツを合わせて出来上がり。

EH50039 (10)
水平になっているのを確認

EH50039 (15)
なかなか小ぶりな感じでいいですね。

EH50039 (16)
早速貨車を牽かせてテスト走行。貨車がミスマッチですが問題なく牽いて勾配を駆けて行きました。

しかし、最近KATOは下回りグレーの機関車は発売してないんですかね。こういうパーツは常に買えるように安定供給して欲しいものですが。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2017/04/24(月) 06:51:33|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DD54てんまつ記

よく行く社会問題系のブログさんによりますと、最近の十代の若者のPC離れが顕著になっているそうです。
最近の若者・・・・・車離れもそうですし、恋愛離れとか、アルコール離れとか何でもアリです。
しかしPC離れは相当マズいでしょう。今はデスクワークでなくともPC必須の就職口が非常に多いですし、就活の段階で慌ててスクールなりに通うのでしょうか?
電車の中では最新の端末でゴムマリのようなものがワラワラ沸いてくるゲームをしている人をよく見かけますね。調べ物も買い物のあの端末で全部間に合っているんでしょうか。
PC離れはいたし方ない部分もあると思います。筆者も昨年まで低スペックのPCをムリヤリ使ってましたが毎日が不具合との戦いでした。あるときはPC環境が壊滅状態になりまして途方にくれました。色々思案したところ動画視聴ツールを導入したら、それと抱き合わせの抗ウイルスソフトが勝手に同時インスツールされ、そいつが悪さしていたことがあとになって分かりました。「分かりました」というのはアンインスツールしたら不具合が直ったということであって検索しても結局解決法に辿り着けませんでした。
PCもどんどん進化しているようですが、不具合トラブル対処までがそれに追いついていない感じです。
いつも思うのは「コンピュータというからにはなんで自己修復ができないの? それではただの端末ではないですか」。
昔のSF漫画や映画ではコンピュータが人間を守ったり、面倒なことをしてくれる頼もしい存在として登場します。
♪コンピュータに守られた バビルの塔に住んでいる~♪
すいません、古い唄でした。PCメーカーさんも若者をつなぎ止める努力は必要でしょう。

で、本題なのですが、
シンキョーカプラー改を1両分作れなかったので、片エンド側を

jeno-bozi (10)
マグネマチックカプラー#1015に換装しました。
やり方は過去記事のDD51 3次形とまったく一緒です。

jeno-bozi (5)
カプラーのケースを削ったりしてようやく入りました。

jeno-bozi (1)
ちょっとオーバースケールな気もしますが安定感は抜群です。

なお有井機関車製品のカプラー差し込みピン(過去記事画像の赤しるしのピン)は非常に弱いものでして、気をつけていても折ってしまうこともあるかと思います。
折ってしまってもその部分に同じ直径の金属の丸棒を入れるとよろしいかと。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/14(月) 08:56:08|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

非推奨な工作

victor-jejus (9)
西落合から7月発売品が発表になっています。
285系サンライズや飯田線旧国、画像のホキ2200などが出るようです。
ホキの「南」は東京南鉄道管理局のことらしいですね。こんなのがEF15あたりに牽かれて都内を往来していたのでしょうか。見たかった気がします。製品はそろそろ所属と車番を変えて出して欲しい気もしますね。
サンライズはふるさとへ向かう列車なので導入したい気もしますが我が家ではちびくろサンボの虎状態になってしまい宝の持ち腐れになってしまいそうです。F-MODELSさんの貸しレで走らせてみましょうか?

victor-jejus (1)
最近マイクロ車が増えましたのでふたたびシンキョーを改造しました。
前回前々回記事はこちら。

穴あけ用のドリルと、穴のあたりつけ用の千枚通しです。

victor-jejus (6)
今回はうまくいったようです。0.4mm穴をあけてから今度は最終的には0.8mm穴で拡大します。徐々にやらないと崩壊するのです。
前回記事では1.2mm穴となってますがこれではおじぎしてしまうようですね。

victor-jejus (7)
穴はとてもよい感じに開きました。うまくいくかに見えたのですが・・・・・・・・・
ランナーから切り出して整形する段階で5個中4個が崩壊してしまいましたぁ~~~ん。
シャンクの2つのパーツが分離してしまいました。もっとはんだごてでゴリゴリ練った方がよかったのか。

victor-jejus (8)-002
何がいけないのかいな。ドリル穴を開ける際にドリルがそれて危険なのも相まって依然「非推奨」な工作です。
引き続き、誰でも安全・確実にできる方法を模索したいと思います。

victor-jejus (2)
成功の1個をDD54 1次形にセットしました。
よい感じです。ワキを牽いて走り出しました。解放もないです。

素直にナックルカプラーで行けばいいのに、でも素直な性格でないので仕方ないです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/12(土) 00:57:45|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイクロ機にかもめナックル

10月は記事数4と過去ワーストになってしまいました。
ネタがなくても記事は作成した方がいいですね。
というわけで今日は小ネタです。
マイクロEF13のカプラー交換をしました。
以前紹介のシンキョー化ですが狭い範囲に穴あけするので怪我が絶えなくて、先日はドリルを指に刺して、爪の中が血まみれになってしまいました。
今日はかもめナックルカプラーを使ってみました。

j-benitez (11)
塗りつぶした部分をカット。これで首振りします。
しかしお尻が板バネに届きません。

j-benitez (14)
なので同じく塗りつぶした部分に瞬間接着剤を盛ります。
ゼリー状のものがやりやすいです。もちろんパーツは分離して接着剤を盛ります。
これでカプラーは正面を向き、復元するようになります。
板バネも純正のものは弾力性がイマイチなので、KATOのものに交換しました。


KATOのC59試作品はよいできばえですね。
呉線で3両残ったうちの161号がプロトタイプになるようです。
非公式側ランボード形状その他が同機に該当するようです。
年内間に合わないかも知れませんがよいものを作ってくれるなら全然オッケーですよ。なにせ古いファンは30年以上待ったのですから。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2015/11/07(土) 03:30:23|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

量産体勢です

日曜日の仕事中にカッターナイフを親指にぶっ刺してしまいました。全治2週間。当分はデザインナイフとか刃物を見るのもイヤになりそうです。


joe-lim (4)
シンキョーをナックルカプラーと同じように使うための工作です。
量産体勢に入ります。
なかなか要領がつかめなかったですがだんだんつかめてきました。
上が成功例ですね。

joe-lim (7)
これは失敗。孔がそれてます。また孔を埋めてやり直しが可能です。

joe-lim (8)
やり方ですが、半田ごてを矢印の三方向から突起に押し付けるように当てていきます。ゆ~っくりとです。
で、ドリルは0.4から始めて0.6、最後は1.2と少しずつ孔を大きくしていきます。
いきなり大きなドリルでやると壊れてしまうのです。

joe-lim (12)
DF90

joe-lim (11)
なかなかいい感じでしょ。貨車を牽かせて何周もしましたが全然外れません。

joe-lim (14)
EF13
ちょっとおじぎしてしまうので下に薄いプラ板を挟みました。これもいい感じです。
当面はマイクロ機が中心ですがどんどんアーノルドを置き換えていきましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
  1. 2015/10/02(金) 00:02:40|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ