ロコモ丼のレシピ

あまりにもひどい最近のテレビ

2015年1月29日、安倍首相が1月27日午後の衆議院本会議で、2017年4月に消費税を10%に再増税 すると表明しました。消費税10%増税は2017年の4の月に確実に実行するというこの表明は我々の生活に直結する大きなニュースだと思うのですが、夕方の民放ニュースはさして論評をさしはさむこともなく淡々と伝えるのみでした。
ここ数日はイスラム国の日本人人質事件で持ちきりでしたね。
確かに大きく扱うべき題材ではあるのですが、 それ以上に国内問題も大事だと思います。
選挙前のウリのひとつでもあった軽減税率も見送りとなったのですが(最初からやる気はなかったと思われます)これもショートニュース扱いでした。 社会保障の充実のための増税なのに早速福祉が削られています。
かと思うと某北の国の動きにはご執心のようで側近が失脚しただのの話題は専門家を交えてかなりの時間を割いて喧々諤々してますが正直くだらない。情報の閉ざされた国の話をしても全部憶測になってしまいますから。
今日び民放の夕方ニュースは各局2時間以上の枠を取っていますが肝心のニュースはスカスカ、どこどこの食い物店はうまいとかどこどこの安売り店は本当に安いとか「そんなのは個人のブログでやれ」といいたくなる(爆)ネタでお茶を濁しています。しかも各局横並びで。
どうもテレビマスコミとネット、ニュース重要度というかプライオリティにものすごく乖離があるように思えます。
最近ではSAS桑田の政権風刺事件がネットでは「祭り」だったのにテレビでは「どこの平行世界なんだ」といいたくなるくらい無風でした。
現政権として大々的に触れて欲しくないこと、つまり日本の本当の現状だとか、国民が決して歓迎しない法案や政策の決定などは極力小さく扱う方針のようです。「GDP成長率マイナス!」を大事件のように扱えば「なんだアベノミクスはちっともうまくいってないじゃないか」となりますからね。
現政権側からお達しがあったのか、テレビ側が勝手に自粛しているのかそれはよく分かりませんがネット情報に寄れば安倍首相とテレビ局トップはゴルフや会食を頻繁にともにする関係のようです。民放は相次ぐスポンサー離脱で今どこも苦しい。いずれにしろ今のテレビメディアの政治へのスタンスは由々しきことではないでしょうか。
そのせいか、どうも国民に今の日本への危機感があまり感じられません。まあそれがあれば先ほどの選挙の投票率のような寒々しいことはなりえせんよね。
民主党政権が終わり、自公政権に戻った時まず筆者が思ったのは「これからは厳しい、生き辛い世の中になるな」という一種の絶望感でした。現政権はこれからも手を変え品を変え、搾り取るところからは搾り取る路線と思われます。追い討ちをかけるように公共料金や食品の値上げ、明るい話題を探すのに苦労しますね。
ネットにも欠点はありますが、ひとりひとりが今のテレビの欺瞞を見抜き、上手に情報を摂取して現状をよくするにはどうしたらいいか考えるようになればいいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  1. 2015/02/09(月) 23:20:13|
  2. 素朴な疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

にほんブログ村の不思議

lee-sung-hung (2)
ここ数日のアクセス数にはとても幸せな気分になれました。
来訪に感謝です。
またバナーを押して下さったり、拍手を下さった方、とても励みになっています。
ありがとうございます。

lee-sung-hung.jpg
当ブログも開設から1年半が経過しましたが、ぶろぐ村の総合ランキング的には大きな変化はありません。
100~200位を行ったり来たりです。ぶろぐ村のシステムでは上位進出にINポイントが大きなウェイトを占めます。
当ブログは今でもINポイントなしが10日くらい続くことがあります。
*本日分が「圏外」になってる~、また不具合なのかな。

ただFC2のアクセス数は最近上がりつつあります。
ここ数ヶ月はそれを実感しています。これが一番嬉しい。

どういう記事が受けているのか、FC2だとそれを解析する機能がないようですが、大体の傾向は分かりました。
趣味資金は2014年も苦しい状況でした。
というか開設した頃から状況は悪くなっています。
豊かな趣味生活=潤沢な趣味資金という公式は必ずしも成り立ちませんが、構想はあってもなかなか思うようなことができずもどかしい気分になることしばし。
少ない予算で鉄道模型を楽しもう、これをコンセプトにした記事がいいのかな。
今後は真鍮線で色々なことをやるつもりです。

lee-sung-hung (1)
もうひとつ励みになるデータが。
最近導入されたPVポイントというモノなのですが、
当ブログではこれが高めというのは知っていましたがPVポイントだけのランキングですと上のようになってしまいます。
なんだか信じられないランキングですね。
ブログ村名物の不具合のなせるわざという奴なのでしょうか。
そもそもPVポイントとはなになのか、ブログ村の村長の説明を聞いてきました。
・・・・・・・・・・・・分かったような分からないような筆者の理解を越えた説明を聞かされまして。
筆者は小難しいことを考えるのが苦手なので分かったようなフリをして村長宅をあとにしました。
工作経過記事ひとつをとってもなるべく無味乾燥にならないように心がけています。

今年も残りわずかになってまいりました。
年の瀬のあわただしい時期ですが筆者のような事故に遭っては目も当てられません。
皆様が無事平穏に新年を迎えられるようお祈りしております。

  1. 2014/12/26(金) 02:03:26|
  2. 素朴な疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

横浜 踏切事故に思うこと

月曜日ついにPCが逝ってしまいました。
以前から電源の調子が悪かったのですが誤魔化しつつ使ってました。
電源が完全にお亡くなりになったようです。
中のデータは大丈夫そうですが、
メーカー修理依頼すると中のデータを消されて返されることもあるとも聞いているので
修理依頼には二の足を踏んでいます。

古い写真のアップが一段落した後だったのは不幸中の幸いでした。
代わりのPCを使っていますがなにしろ低スペックなので重くてストレスがたまりまくりです。
元の環境を取り戻すまでは簡単更新、写真なし更新が多くなるかも知れませんが
よろしくお願いします。

で今日の投稿です。
取り上げるにはなんとなく機を逸した感があるのですが、
横浜で40歳女性が75歳男性を助けようとして亡くなった事故のことなのです。
女性の判断をめぐっては侃々諤々されていますが、これは誰も責められません。
事故はなぜ起きたのか、どうして止められなかったのか
原因とか結果とか頭をグルグルさせつつ導き出した答えは結局
「そこに危険な踏切があったから」ということに落ち着いてしまいます。
筆者が上京した時、人口密度が高いところに無数の踏切があるのに驚きました。
比較的最近にも京王線の踏み切りを自転車でわたろうとしたおじいさんが転んでしまい
周囲の人に助け出される所を目撃したことがあります。
幸い警報はなっていませんでしたが分刻みで上がり降りするだけに
タイミングひとつで危ないところでした。
また利用客比で非常に狭いホームにも同様の感想を抱きました。
特に京王新宿駅などが危ない構造なのは誰の目にも明らかだと思うのですが
今日に至るまで大きな改善がなされていないように思えます。
一昨年ころ年配男性が酔っ払いに押されてホームに転落、
電車に轢かれるという痛ましい事故がありました。
何かしらの対策が採られるのだろうと筆者は予想したのですが
何の対策も講じられることなく事故そのものも風化してしまいました。

個人的な出来事としましては、この夏筆者が中央総武線に乗っていたところ、
先に降りようとしていた80くらいのお婆さんの体が急にズルズルと沈み込んだのです。
足を踏み外し電車とホームの間に落ち込みそうになっているではありませんか。
それを見た次の瞬間、筆者はお婆さんの両脇を抱え、抱っこする格好で引っ張り上げていました。
ホーム側にいた人がお婆さんの両足を持ってくれたお陰で助け出され、怪我もなかったようでした。
その駅のホームは大きく湾曲する構造でした。

ホームドア設置はコストのこともあるし構造上設置が難しいところがある、というのもわかります。
筆者の気がつかないところでさまざまなバリアフリーが巡らされていることも軽視しているわけではありません。
都会に踏切があるのは当たり前。狭いホームに利用客があふれかえるのも当たり前。
鉄道会社側にも利用客側にもこういう共通認識があると思います。
その一方でこのままではよくないという考えの人も確実にいるはずです。
この「当たり前」とか「既成事実」をまず疑問視しない限り安全というものはいつまでたっても先に進めないと思うのです。
「脱踏切」「脱危険な狭いホーム」こそ急務ではないでしょうか。

  1. 2013/10/23(水) 00:27:09|
  2. 素朴な疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セメンダイン

蒸気神さま
「セメンダイン」という呼称は初耳でした。
筆者の周囲では「セメダイン」と呼んでいたと思います。ただこういった呼称にはどうも地域性が絡んでいるようですね。
たとえば絆創膏はうちの地域では「リバテープ」と呼んでいました。「バンドエイド」と呼んでいるところもあったようです。
セメダインでいの一番に連想するのはやはりというかあまりに有名な黄色い外箱とチューブの「セメダインC」でしょうか。
あと蛇足かも知れませんが母の話によると筆者は小さい頃、テレビに大泉晃と戸浦六宏が出てくると「あっ、この人セメダインみたいな顔している~」とつぶやいていたらしいです。「セメダインみたいな顔」ってどういうつもりでいったんでしょうね。くどい顔ってことなんでしょうか(笑)。ちなみに大泉晃とは俳優なのですが俳優業より練馬の家庭菜園で有名な人でした(故人)。

9600の分解修理記事はとても参考になりました。これからも記事を楽しみにしております。

ここを「Nゲージ蒸気機関車」主宰者さまがご覧になっている可能性は低いと思いますが勝手にお答えしてしまいました。

rokomodon76 007
ぼちぼちやってます。

rokomodon76 009
死蔵品となりつつあるこんなものにも手を入れようかと思います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2013/09/27(金) 00:52:14|
  2. 素朴な疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道模型 こんなものあったらいいな

rokomodon55 006

眠れぬ熱帯夜に妄想炸裂!

機関車のT車
大手2社は頑としてやりませんね。重連前提の機関車などはむしろ1機はT車にしてくれた方が協調に神経使わなくて楽なんですが。「モーターやギヤを抜けばいいではないか」と言われそうですが中には抜いても車輪が転がらないものもあるようです。

煙を吐くSL
T車化することで煙を吐くギミックを収納するスペースが生まれます。
ピストン運動に連動した吐き方は無理ですが絶気状態なら十分これで作れるのではないでしょうか。
以前ワールド工芸が発煙装置つきのホヌ30を出しましたね。
あれはどこまで実用できたのでしょう?

架線集電するEL、電車
製品として出なくても筆者はいつか実現したいという希望を持っています。

ピン穴つきシンキョーカプラー
やはりピン穴を作る加工は面倒ですー。数が必要なものなんで。台湾メーカーに要望したい気持ちです。

実在する(した)駅舎のコレクション
これはむしろどこもやらないのが不思議で仕方ありません。
貨車シリーズが頓挫したアシェット社はどうせなら貨車でなくこれをやって欲しかった。

パーツコピー機
お湯で作る簡易なものはあるようですがこれの発展型みたいなものを。

唐突ですが23日からスタートレックの劇場版公開ですね。筆者はとても楽しみにしています。
この作品にテレビシリーズ時代からおなじみの文明の利器としてレプリケータというものが登場します。
一瞬にして食べ物を作り出す機械といった方が通りがいいかも。
食べ物以外のものを作り出すシーンも時々ありまして。
TVシリーズの「スタートレックヴォイジャー」でチャコティ副長がジェインウェイ艦長に誕生日プレゼントとして懐中時計を渡すシーンがあります。
この時計ですがチャコティがパーツ単位で複製し忙しい合間をぬって自分でせっせと素組みしたものらしいです。
400年後でも時計やその他の機械を完成品として作り出すのはさすがに難しいようで。

こんな便利なものが現在にあったらタキ車やコキ車やセキ3000はユーザーはみな1個づつしか買わなくなるのでメーカー、問屋、小売店は倒産しますよ!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2013/08/14(水) 00:56:50|
  2. 素朴な疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ