ロコモ丼のレシピ

くうちゃんが逝きました

jose-mann (2)
先日、実家猫のくうちゃんこと黒助が亡くなったことを聞かされました。
享年16歳。♂。黒猫。家族唯一の東京生まれ。
逝去の報を聞いた後、筆者はただ部屋の一点を見つめてボーっとしていました。

くうちゃんは16年前、当時東京で働いていたうちの家族に保護されました。腹を空かせてさ迷い歩いていたそうです。
子猫の段階でエイズキャリアが判明。長生きは難しいだろうといわれました。
帰省の際に初対面。筆者の姿を見るや押入れに逃げ込まれるという洗礼を浴びました。
第一印象は「眼力のない仔だなあ」。体調の波が激しいそうでした。ただ食欲は旺盛で元々骨格が大きいこともあり、あっという間に7kg弱の大猫へと変貌を遂げました。

それから実家との連絡がつながると開口一番「ドス黒いのはどうしてる?」「暗黒怪獣は元気か?」と体調を確認するのがお約束になりました。多少の波はあるものの大方の予想を裏切り、二桁年齢に突入。嬉しい誤算でした。

いくつもの四季が巡り巡りて、15歳の声を聞く頃から体重の低下が止まらなくなりました。
昨秋、母が上京してきましたが体調が相当厳しくなったとのこと。
この頃から筆者にもある種の心の準備ができていました。でも逝ってしまった今はとても寂しいですね。なくなる直前は1.7kgだったそうです。

くうちゃんはエネルギー体に還って、痛みも苦しみもない世界へ行き、今頃幼き日に生き別れた兄妹たちと再会しているのでしょうか。

くうちゃん、うちに来てくれてありがとう。いつでも戻っておいで。大好きだったミオコンボデリパックとねずみちゃんのじゃらしを用意して待っているからね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2016/02/19(金) 18:25:16|
  2. ねこログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バーニングオレンジ

don-d-lee (18)
筆者の通勤コースにいる猫たちを紹介します。
こちらは長毛のサビ猫。

don-d-lee (30)
アパートの裏をねぐらにしているようです。

don-d-lee (33)
しかしまったく人馴れしていません。
常にカメラ目線なので写真を撮るのは楽です。

don-d-lee (46)
サビ猫の多い土地柄です。
ここはかつてキクが住んでいた町ですが、初めてこの子を見た時、あのキクが毛皮を着替えて筆者に会いに来たのかと思いました。
猫は避妊をしないと爆発的に増えるので町中同じ柄の子だらけになるのは至極当然でしょう。

don-d-lee (45)
こうやって見るとなかなか美しい猫です。
燃えるような赤ともオレンジともつかないカラーが強い印象を与えます。

v-cervantes (23)
いつも同じ場所にいるキジトラ。
こちらはいたってフレンドリー。
キョロキョロしてるので写真が難しい。

v-cervantes (21)
いつもアパートのところで寝ていて、通行人に撫でられてます。

v-cervantes (27)
非常に穏やかな癒し系。

k-arvarez (15)
こんなものをポチってます。

k-arvarez (5)
赤カマ病と初期内燃カマ病から抜け出せません。

本来はツインロコではなく独立した2両の機関車です。

k-arvarez (6)
当時流行の湘南顔です。
こういう車両チョイスはマイクロならではですね。

jose-mota (5)
T車と思われる方もやけに重いのでちょっとバラしてみました。

jose-mota (7)
筆者の大嫌いな台車マウントです。

jose-mota (6)
やはりというか中はがらんどうでした。
でも同社のEH10試作機に比べると走行はいいです。スローも効いて牽引力もありそうです。
蒸機と共存した機関車ですので同じレイアウトに載せたら楽しそうです。
マイクロアレルギーな向きにはワールド工芸からも発売されていますのでいかがでしょうか。
キットor完成品が時々オクにも出品されまして完成品は大体1万円前後で落札されるようです。

jose-mota (1)
恒例のローソン100の叩き売り商品。

jose-mota (2)
新機軸のカドメンなのですが、最近の同商品の麺はなかなか素晴らしいです。
粉末スープとコールタールのような液体スープを合わせます。

jose-mota (4)
これはなかなかおいしい。
追加で3個買いました。

黒いラーメンというと小山商店街の富山ブラックというのが気になっていたのですがいつの間にか看板が消えてました。
移転or閉店?

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

  1. 2015/06/30(火) 23:37:36|
  2. ねこログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

さび猫

DH000006.jpg
こんな色柄な猫を見たことがありますか。
さび猫というのですが、猫好きならご存知でしょうがやはり希少性があるので知らない人は知らないようです。
主に赤茶、ベージュぽい茶、黒の三色がなんの規則性もない模様を作り出しています。
中にはあしゅら男爵のように顔の正中線から左右塗り分けのようになっている子もいます。

写真の子は昔の仕事場に出入りしてたキクという雌猫です。
1989年生まれでした。元々はテナントに入ってたマンションのオーナー宅にて飼われていたのですが、一番可愛がってた娘さんが独立して言ったのを機にやや放置されるようになってたみたいです。
うちの職場に朝昼晩の決まった時間にやってきてゴハンを食べて行きました。それまで猫というのはもっと刹那的な生き物だと思ってたのですが、その行動はきわめてルーティンでして実は非常に家庭的な生き物なのだと実感させられます。

j-domingez (4)
事務所でくつろぐキクです。写真を整理している時に初めて「1996年ねこの日」に撮ったものだと気づきました。

このさび猫、ネットで見る感じではあまり人気がありません。
保護活動系のブログさんを見ていてもさび猫にはなかなか指名がありません。子猫の中でもだぶつき在庫のようになってしまいます。
大きくなって成猫近くなるともう大変でなかなか貰い手がありません。
なぜ人気がないのか。どこに目鼻があるか分からないような色柄が悪い? この辺は好き好きでしょうからなんともいえませんが筆者は大好きです。触り心地が悪そう? これは大変な誤解です(笑)。実はベロア地のような高級感さえもたらしてくれます。
筆者はキクをモフっている時が至福の時でしたから。
事務所の女子社員の人曰く「猫は嫌いでないけどこの猫は可愛くない」(オイオイ)。
うちの母が上京してきた時にこのキクに会わせたのですが、「何この色柄?」と数分間笑い転げていました。

やがて事務所を移転する日が来まして、引越し完了したあと、うちの社長が「あの猫、空になった事務所の前で呆然としてたよ」。
筆者はとてもやるせない気持ちになり、時々は会いに行く決意をしました。
事務所通い時代からキクが複数の民家を出入りするところを目撃していました。人間に取り入るのが上手いとても賢い猫でしたから、それぞれの家で別々の名前をつけられて可愛がられていたのでしょう。
そして最後にあったのが2003年頃です。この時もまったく知らない民家から出てきたところではち会ったのですが、それが永遠の別れとなりました。高齢者の多い静かな街だったので、最期はどこかのお家で看取られながら虹の橋へ旅立っていったのだと信じたいです。

機会があったらさび猫飼いたいなあ。
  1. 2015/06/09(火) 00:09:02|
  2. ねこログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々にミケミケ

jorge-jujes (8)
ロコモ~

jorge-jujes (9)
今日は早いのね。

jorge-jujes (10)
待ってて。

jorge-jujes (11)
今降りるから。

jorge-jujes (13)
着地成功。

jorge-jujes (14)
ロコモ~

jorge-jujes (15)
固形燃料をよこせ。固形燃料をよこせ。

はいはい。固形でも液体でもなんなりと。
しかしお前ら、

jorge-jujes (18)
もう少し仲良くできないのかよ。

二匹とも元気ですよ。最近は仕事時間が不規則なので毎日は会えませんが週3回は会ってます。
二匹とも猫は嫌いですが人は大好きなので地元の人や通行人にモフられ可愛がられつつ楽しく暮らしています。
  1. 2015/04/30(木) 21:40:45|
  2. ねこログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒いインベーダー

g-espinosa (27)
ミケミケに緊張が走る!

g-espinosa (11)
その原因は?

g-espinosa (4)
こいつです!

g-espinosa (5)
焼きかつおの匂いに釣られ、
休戦ラインを踏み越えてやってきてしまいました。

g-espinosa (6)-001
猫にとってテリトリーを侵入されるというのは大事です。

g-espinosa (7)
黒。小柄。性別不明。多分若そう。ボロボロの首輪をつけてます。
元飼い猫だったようです。

g-espinosa (8)
人間には一定の警戒心は持っててヘタに手を伸ばすと爪つきのパンチが飛んできます。
でも焼きかつおを見せるとあっさりシールド解除というかガードを下ろして食欲優先になってしまいます。
このあたりが生粋の野良と違うところです。
黒猫の写真は難しいのですが若干赤錆色が入っているのでなんとか写真になっています。

ここ1~2ヶ月こいつが侵入してきたお陰でミケミケが動揺しまくってます。
みーちゃんAは真横を犬が通過しても動じない神経の持ち主ですがこの黒が近づくと気が立ちっぱなし。
ビビリのみーちゃんBにいたってはおやつ会ボイコットを始める始末。

最近おやつは3匹別々の場所で食べてます。

一体どこからやってきたんだろう。
元飼い猫ならお家が見つかるといいんだけど。
  1. 2015/02/01(日) 23:32:06|
  2. ねこログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ