ロコモ丼のレシピ

D51と集煙装置

まず最初に。
西城秀樹さんのご冥福をお祈りします。
自分史年表を整理しているとあの時,この時に流れていた歌を思い出します。

で、と

鉄道模型の新製品が少量生産になってひさしく、発売半年経ってないDD54はいまや模型店で見つけるのも困難になってしまったし「ゆったりやくも」に至っては発売数日で蒸発してしまった。少量生産は迷っているものについては「かえって諦めがついていいや」という見方も出来るがこの趣味を持つものとしては寂しい状況である。

そんな中安定して売られているアイテムもあるにはある。

D51 標準形 長野式集煙装置
C62 山陽形 呉線

についてはAmazonでは1年以上36~37%割引きにて販売されていて現在も購入可能だ。
少し前だと新165系も結構長く売られていた。
メーカーもこのふたつを主力製品と位置づけているようだ。
今回筆者はD51を5両、C62を4両導入した。特にD51は集煙装置つきというのが何ともよい。というよりも現役の頃のD51は集煙装置つきのものしか見たことがなく他線区の未装備のD51を見ると著しく画竜点睛を欠くような気になってしまうのだ。

0010007.jpg
0010006.jpg

画像は郷里のD51だが、後藤工場式と思われる。長野式とは大きな差異はないようである。煙突蓋の引き棒の形状もよく似ている。集煙装置つきという形での発売は将来的には肥薩式が出る可能性もある。九州で170号が58654に続いて動態復活すればメーカーも製品化を無視できなくなるだろう(笑)。

d51833x (7)

上が長野式、下が後藤式
後藤式集煙装置は伯備線石灰石列車セットの付属品

d51833x (4)

長野式

d51833x (3)

後藤式

d51833x (6)

d51833x (8)

こうやってみるとD51本体(2016と2016-6)もバイパス弁点検口や後部ライトくらいしか違いがない。長野式も「標準形」と銘打ってるくらいだから他線区の設定で遊んでもなんら問題はない。あえていうなら集煙装置なしにしたい時、外そうとすると煙突も一緒に外れてしまうことくらいだ。

スポンサーサイト
  1. 2018/05/24(木) 07:34:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そんなバナナ!?

1月20日
会社の届け物で墨田区へ飛んだ。
土地勘のないところなのでウロウロしていたら、

180120_130652.jpg

商業施設のようなものが見えてきた。
一体これは?と見上げたら

180120_130640.jpg

こんなものがそびえ立っていた。

180120_130629.jpg

プライベートでゆっくり来てみたい気もするがいつになることやら。
なお地図で見たら付近に「王貞治旧宅跡」というのもあるらしい。
町並みは王さんが野球少年だった時代とは変わり果ててしまったのだろうなあ。
そう遠くないところには「幸田露伴旧邸」というのもあるらしい。王さんは生きながらにして歴史の偉人になってしまったのか。

1月22日
かねてから大雪予想だった日になってしまった。
午後から降り出す予想だが既に午前中から粉雪が舞う。早々と仕事の中止が決まる。
午後になり粉雪は牡丹雪に変わり路面はあっという間に白一色に。
雪がひどくなる前にJR中野へ買出しに行くことにした。
食料の他、車両整理用のウレタンなどを購入。

skytree2 (4)

こんなものが手にひっついてきたのは言うまでもない。けっこういい値段でしょ?

skytree2 (3)

Casco(キャスコ)のウレタン、YP041だが、21m級8両収納可能。縦のスペースは短いものなら入ります。
西日本のキハ40がピッタリ収まった。四国色、再生産しないねえ。

skytree2 (1)

ところで、トミックスとマイクロの車両ケース、かなりの確率でホックがかからないものがある気がするのだが、

skytree2 (2)

原因はこれだった。ケース自体が反ってます! バナナ状態です!
あと、マイクロのはケース全体が膨らんでいるのもよくある気がする。
ご懐妊状態になるのはDD50のダイキャストだけではないらしい。

skytree2 (6)

そして、以前からやろうと思ってた、車両収納ラックを模型部屋から寝床の隣りへ移設。寝る前に模型を眺めて悦に入る図も可能になった。手前のPCは廃車体です。

skytree2 (5)

手書きのラベルがみっともないので公開をためらったが・・・・何かよい超整理法があったら試してみたい。100均においてあるラベルシールはペロペロめくれ上がってしまってちょっとダメだね。


  1. 2018/01/24(水) 08:18:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます

旧年中は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

joey-olibo (10)

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

mikemike1 (42)

                              迎春

2018年元旦
  1. 2018/01/01(月) 14:47:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ちょっと変わったものを

みなさまの小中学校時代の音楽の時間というのは楽しかったですか。
筆者はあまり行儀のよい生徒ではなかったのでどちらかというと気詰まりな時間でした。でも音楽の授業で習った歌は40年経った今でも耳と心に残っています。
なお筆者の時代の授業の素材に使われた歌は、

サンタルチア(輝く海 輝く星空)
ゆかいに歩けば(ゆかいに歩けば歌もはずむ)
飛べよ飛べ(飛べよ飛べ 風を切り)
故郷の人々(はるかなるスワニー河)
駅馬車( あの村この町を 今日また後にして)

こんなところが思い出されます。
筆者と違う世代のみなさまの頃と比べていかがでしょうか。
ちょっと検索して調べてみると、
3つ目だけが日本の歌で残りはすべて外国民謡らしいです。
「飛べよ飛べ」の鳥はずっと鷹だと思ってたら鳩でした。また「スワニー河の歌」と覚えていた歌の正式なタイトルは「故郷の人々」という意外にありきたりなものでした。
よく替え歌で「はるかなる天神川~(松江市内を流れるあまりきれいでない川)」とふざけて歌ったものです。
「駅馬車」の歌詞がなかなかいいです。主語を蒸機に置き換えてもしっくりくる内容です。
何曲かご存知の歌があればうれしいですね。

なお校内音楽会で我がクラスから出品したのは「紀ノ川」でした。

で、と

ちょっと珍しいものを購入しました。

diotown1 (2)
半額くらいだったら欲しいなあと思ってたものがこの値段で!

diotown1 (1)
カトーのジオタウンシリーズでした。

diotown1 (3)
出桁造りの商店1と

diotown1 (4)
出桁造りの角店2 (右)

diotown1 (5)
こちらが角店。
たまに実物で中央部分が経年劣化で凹んでるものもありますね。

diotown1 (6)
メイドインチャイナですが細密感あるストラクチャーです。
トミーテックの大味なのもあれはあれでいいのですが。

diotown1 (7)
こちらはもう一軒の。

diotown1 (8)
何屋さんにしましょうか。
ちなみに看板用シールなど付属品もあります。

diotown1 (9)
妙に敷地内が広いです。何か植樹でもしましょうか。

蒸機時代に合うストラクチャーとして一応マークしていた製品ですがこういうものも地道に集めていきたいと思います。
以前作ったGMの火の見やぐらと組み合わせても楽しそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
  1. 2017/05/15(月) 01:17:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さよなら蒲田 (& ED70・・・)

まずは私事になりますが、
夜勤で通っていた物流倉庫との更新はしないことにしました。前々から申請していた配置転換は認められず担当は「嫌ならやめれば」といわんばかりだったので意を決しました。返事をした時点でもうあの職場へ行くことはありません。「2年間一緒に働いてきた人たちに別れの挨拶もできず終いじゃん」「蒲田の街ともお別れじゃん」なことにあとになって気がつき軽く後悔しましたが、基本悔いはありません。
というわけで昼型の生活に戻りましたがこれが実に快適。夜ぐっすり眠る毎日がこんなに心地よいとは! そして何より趣味の時間を取れるようになりました。ここ2年、朝方に帰ってきて寝床にIN。お昼に目が醒めて少し食べてまた寝床にINな日々でしたから。
この春から新しい生活のスタートです。以前の生活サイクルに戻っただけですが少しワクワクしています。

で、と

Nゲージ蒸機製品が軒並み延期、延期になっています。
なので余計な買い物をしてしまいました。

ef5315 (16)-001
キハ45形ディーゼルカー JR四国色

ef5315 (17)
アマゾンで35%引きでした。

ef5315 (18)
最近四国色に嵌っています。
無煙化先行地域として四国では早くからディーゼルカーやディーゼル機関車が活躍していました。
(蒸気機関車は8620やC58らが活躍しました。書物によってはD51はいなかったとしているものもありますがこれは誤りで実際には配置されていました。)

ef5315 (19)
走らせて楽しみました。

ed7014 (1)
ED70!
ですがこれはマイクロ製です。

ed7014 (2)
2号と14号。貫通と非貫通、スノープローの有無くらいの違いですがディティール表現頑張っています。

ed7014 (3)
あえてKATO製を見送りましたが、このマイクロ製、予想以上に作りこみがされてますし、走行もスローがとてもよく効いてます。
2両で4k少々でしたがとてもよい買い物だったと思います。
とはいえ大手2社から決定版登場→暴落したマイクロ製を導入という流れもそろそろお終いにしたいところですね。マイクロ製で「これは買ってよかった」と思えるものがそうそうあるわけではないですし。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2017/04/05(水) 07:11:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ