ロコモ丼のレシピ

インナーン セブンティーン! (トミ機関車のナックル化)

表題にまったく意味はありません。叫んでみたくなったので・・

間もなくGWですが今月は肌寒い日々が続いているようです。関東では不意な雨によく見舞われました。おととい夕にもゲリラ的にザッと降りました。「天気予報、全然当たらネエ」と感じる方も多いのではないでしょうか。
先々週日曜なども出先の世田谷で予期せぬ雨にやられ「ふざけるな天気予報」とひとりごちたのですが、この天気予報、つまり天気協会の予想(公式Webサイト)についてはなんだかんだで結構信頼を置いています、条件付で。
一週間先の日がどうなるか、結果的に降ろうと降るまいと当日どんよりとした空になっているのだから専門家の予想というのはバカにできません。ただ外れる時も外れ方にはいくつかの法則性があるように思います。筆者が気づいたのは、
週間予想で「一週間後を雨と予想→2、3日前に雨予想を取り下げる→しかし当日は盛大に降る」。このパターン、多いように思います。なんで途中でいじるんですか。一週間前の予想を押し通せば協会の予想は飛躍的にアップするじゃありませんか(笑)。
あと違うパターンで「雨の一日前倒し」という得意技もあります。「過去の膨大なデータを基に一番ありえる予想を立てている」そうですが素人目には逆のことをしているような印象を受けます、それも自信なさげに。一応税金で運営しているのだから(そうだよね?)、気象専門家の方々はもっと自信を持って職務を遂行して欲しいなと思います。

で、と

カスタマイズ手付かずだった機関車のナックル化を進めています。
TOMIXの機関車も基本ナックル化しますが、下回りがグレーの機関車を前にはたと困りました。
かもめナックルカプラーのグレー版こと「EH200ナックルカプラー」の市場在庫がまったくないのです。

なので代案。

EH50039 (1)
使うのは購入時機関車についている方のアーノルドのホルダー。

EH50039 (4)
そしてシンキョーカプラーのグレーの登場です。

EH50039 (3)
1mm厚のプラ板をホルダー底に貼り付けます。プラ板ならなんでもいいんですが、
evergreenの品番146、040×125というのは上の画像の通り、幅がドンピシャ!カットが楽なのでお勧めできます。

EH50039 (8)
お尻の突起は現物あわせでカット。
接着します。

EH50039 (9)
ホルダー上下のパーツを合わせて出来上がり。

EH50039 (10)
水平になっているのを確認

EH50039 (15)
なかなか小ぶりな感じでいいですね。

EH50039 (16)
早速貨車を牽かせてテスト走行。貨車がミスマッチですが問題なく牽いて勾配を駆けて行きました。

しかし、最近KATOは下回りグレーの機関車は発売してないんですかね。こういうパーツは常に買えるように安定供給して欲しいものですが。

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2017/04/24(月) 06:51:33|
  2. カプラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会社を潰す ~三流社長の危険な経営~

のバナーがしつこいのでネタにしてやりましょうか。
筆者の実体験です。筆者が25歳から12年間勤めた会社の社長なんですが、

誰でも採用する人でした(笑)。そのお陰で筆者も入れたわけなんですが、常識を超えた人も多数出ては入って出ては入って・・・。
こういうとこの社長、人間大好きな人と思われるかも知れませんが、外面はいいけど社内では辛気臭い人でした。
そしてさらに問題なのは仕事の方法論を含めて、各セクションのリーダー、つまり部署の長のことなんですがその人たちに何でも○投げしてしまうんです。なので部署の長たちは増長しまくりでした。
「新入社員のDさん、もうやめたんですって」
何でも出先でC部長に罵倒されたんだそうです。つまり社外の大勢の人がいる前でです。しかもDさんの方が大分年上です。
そりゃプライドズタズタでしょうね。
部署の長たちは決して仕事のコアの部分やノウハウの共有など絶対しない人たちばかりでした。理由は簡単、部下が自分以上に有能になられては自分の地位が危なくなるから(笑)。長たちはでしゃばる部下が嫌いですから(笑)皆指示された以上のことはやらなくなり、定時で帰っていきました。元ウチの会社は中小企業の抱える問題はおよそ持ち合わせていたわけです。大企業なら人事異動などがありますから人の入れ替わりで一気に風通しがよくなることはあるんですが中小でしたら嫌な奴とはやめるまで顔を突き合せなくてはなりません。
そんなある時、業界内を揺るがすような出来事が起き元うちの会社も打撃を受けました。その後の潮流の変化にもついていけず、状況は悪化、20数人いた社員も一桁になりました。筆者もその時会社を去ったんですが正直ホッとしました。上司という人が重箱の隅をつつくような性格で、毎日が胃の痛くなり日々でしたから。

そうそう、最後の頃になって社員に「打開策があれば何でも意見を言ってみろ」と言われました。何を今さら・・・

その後会社は業務縮小しつつも何とか続いていると聞きましたが今はどうなっているのか分かりません。
ダン・ケネディは元ウチの社長をどう評価されるのでしょうか。

で、と

KATOから発表になっています(笑)。

2017_8a.jpg
山手貨物で見た奇怪な車両が製品化です。車両限界を超えていそうなすごいカタイです。
特に語ることもないラインナップです。(ドツボだった人へごめんなさい)。

TOMIXからはキハ45系の首都圏色(タラコ色)やEH200などが出るそうです。
TOMIX風ブルーサンダーはちょっと楽しみです。姥捨こえを模型で楽しもう。

筆者、4月はKATOのC11とキハ26初期急行色バス窓は購入予定ですがTOMIXのC11は叩き売りになったら考えたいです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

  1. 2017/04/15(土) 01:33:39|
  2. 鉄道車両(模型)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよなら蒲田 (& ED70・・・)

まずは私事になりますが、
夜勤で通っていた物流倉庫との更新はしないことにしました。前々から申請していた配置転換は認められず担当は「嫌ならやめれば」といわんばかりだったので意を決しました。返事をした時点でもうあの職場へ行くことはありません。「2年間一緒に働いてきた人たちに別れの挨拶もできず終いじゃん」「蒲田の街ともお別れじゃん」なことにあとになって気がつき軽く後悔しましたが、基本悔いはありません。
というわけで昼型の生活に戻りましたがこれが実に快適。夜ぐっすり眠る毎日がこんなに心地よいとは! そして何より趣味の時間を取れるようになりました。ここ2年、朝方に帰ってきて寝床にIN。お昼に目が醒めて少し食べてまた寝床にINな日々でしたから。
この春から新しい生活のスタートです。以前の生活サイクルに戻っただけですが少しワクワクしています。

で、と

Nゲージ蒸機製品が軒並み延期、延期になっています。
なので余計な買い物をしてしまいました。

ef5315 (16)-001
キハ45形ディーゼルカー JR四国色

ef5315 (17)
アマゾンで35%引きでした。

ef5315 (18)
最近四国色に嵌っています。
無煙化先行地域として四国では早くからディーゼルカーやディーゼル機関車が活躍していました。
(蒸気機関車は8620やC58らが活躍しました。書物によってはD51はいなかったとしているものもありますがこれは誤りで実際には配置されていました。)

ef5315 (19)
走らせて楽しみました。

ed7014 (1)
ED70!
ですがこれはマイクロ製です。

ed7014 (2)
2号と14号。貫通と非貫通、スノープローの有無くらいの違いですがディティール表現頑張っています。

ed7014 (3)
あえてKATO製を見送りましたが、このマイクロ製、予想以上に作りこみがされてますし、走行もスローがとてもよく効いてます。
2両で4k少々でしたがとてもよい買い物だったと思います。
とはいえ大手2社から決定版登場→暴落したマイクロ製を導入という流れもそろそろお終いにしたいところですね。マイクロ製で「これは買ってよかった」と思えるものがそうそうあるわけではないですし。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2017/04/05(水) 07:11:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

久々の工作~♪ (EF53のデッキ)

4月も間近というのに寒い日が続いています。
筆者は相変わらず大好きな食べ歩きを楽しむ日々です。ふと気がついたら週5回もチャーハンを食べていてやはり自分はお米のご飯を食べないと力が出ない人間なんだと再認識しました。しかし最近お米のご飯が美味しくないお店がやたらあってガッカリすることしきりです。ある日ふらっと入った蒲田の某家系ラーメン店、ラーメンはまずまずだったのにご飯が妙に固くて美味しくない! 家系といえばご飯がセットみたいなスタイルですからこれはちょっとよくないです。ほどなくしてそのお店、閉店することになったそうです。お米のご飯のよくないチェーン店といえば東京チカ○めしなんかもそうですが、あれほどご飯が不評なのになかなか改善せず、結局店舗を減らしていきました。飲食店側にはもう少し自分たちの提供品に対して客観的に見つめて欲しいものだと思います。
そのほか最近飲食店で不快に思うこと、つけてきたマスクを食卓の上に置くお客が目に付きます。自分の肌につけていたものだから不潔なものではないと思っているんでしょうけど、他人から見ると決して清潔なものではありませんよ。これをする人、結構多いんです。

で、と

ef5315 (25)
定期点検というわけでないですが、筆者は割りと所有模型はマメにケースから取り出して走らせる方です。
ある日、マイクロのこのEF53を取り出してみたところ、

ef5315 (31)
デッキ手すりがひしゃげてる!
飴のようにクニャッとなってるんです。
あ、上の写真は正常な方のエンドです。ひしゃげてる写真は撮ったのですがうっかり消してしまったみたいです。

ef5315 (32)
ロンした時にどこかにぶつけてしまったのでしょうか。ちょっと心当たりがありません。

ef5315 (9)
全部ひっぺがしました。「欄干のない橋」状態になりました。
さてどう修繕しようか。KATOのASSYがあればいいのですが、EF53は未発売ですし、既発売のゴナナやゴロクは形状がかなり違います。
なので、ここは自作してみましょうか。

それにしても鉄道誌を見るとデッキに乗客が乗ってる写真が結構ありますね。筆者はてっきり戦後の闇市へ買出しに行く時代限定かと思ってました。そういう意味では旧型電機は乗客との距離の近い車両といえるかと思います。

ef5315 (10)
大まかな採寸の上、0.3mm真鍮線にて作成、

ef5315 (13)
仮付けです。まあまあかな(笑)。

ef5315 (5)
久しぶりに伸ばしランナーを作成、

ef5315 (21)
このままでは取り付け穴がガバガバなので、いったんこれで塞ぎ、小さな穴を開け直します。

ef5315 (23)
これは後部手すりです。

ef5315 (24)
支柱を刺します。接着剤はゴム系ですね。位置決めの時間が要るので瞬間接着剤はNGです。瞬間は最後に爪楊枝で点付けします。

ef5315 (26)
じゃーん

ef5315 (27)
微妙な狂いもありますがある程度は修正できます。

ef5315 (28)
後部手すりは寸法が合わず、今日の取り付けはダメでした。
また明日から頑張ります。しかしまだ一波乱ありそうな・・・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
  1. 2017/03/26(日) 23:33:11|
  2. Nゲージ電気機関車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ロコ列車で巡る春

ずいぶんと寒い3月です。
毎年ロクなことのない2月も終わり、なんとなく士気が上がってくるのが3月です。頭の中では松任谷由美の「Reincarnation」のナンバーがグルグルしています。日も高くなり朝6時半に車窓から見る蒲田の街がすがすがしいです。
しかしあの年の3月は大分様子が違いました。3:11の年です。あれから6年、ここ最近地震活動がまた不穏な動きを見せているそうです。こういうとなんだそれといわれそうですが、大手メディアでは「五輪に向けて世界にいたづらに不安を煽るから」という理由で地震に注意を促すニュースはやらないと聞きました。もしそれが本当なら恐ろしいことです。2週間足らずの国家掲揚のイベントが大事なのか、国民の安全が大事なのかという話になります。今この国は色々な意味で異常になっています。
他に3月ですと1976年の同月に追分機関区の入れ替え蒸機をもって無煙化完了となりました。9600や4個積みのコキをバックに関係者がインタビューに答える映像を覚えています。前年12月14日のさよならSL列車に比べるとずいぶん地味なセレモニーだったように思います。

で、と

この春も色々なものが発売になります。

ef6627 (5)
左がやがて“旧製品”となるTOMIXのEF66後期形ひさしあり。右が再生産になるKATO EF66ブルトレ牽引機

ef6627 (7)
初期の工作が懐かしいですね。

延期のお知らせが来ました。
KATO
2021 C11 11,000円+税 (繰り下げ)
3月29日から4月に繰り下げです。

したがって
TOMIX
2643 真岡鐵道 C11形蒸気機関車(325号機) 14,800円+税
こちらが先になりそうですね。

さらに悲報です。
KATO
8033 ワム380000(2両入) 1,200円+税
8034 ワム480000(2両入) 1,200円+税
8039 ワム80000(2両入) 1,200円+税
茶ワム、青ワム、チップワムが出ますが「デカいまま」の再生産です。

KATO
2017年4月
3047-2 EF66 後期形 ブルートレイン牽引機 ¥6,500+税
3013-2 ED76 0 後期形 JR九州仕様 ¥7,500+税
3066-5 EF81 400 JR九州仕様 ¥7,200+税
7011-1 DE10 耐寒形 ¥6,300+税
九州ものが登場です。ED72やC59戦前形にも期待してしまいます。

KATO
2017年5月
2017-2 C62 2 北海道形 ¥12,500+税
2017-3 C62 3 北海道形 ¥12,500+税
ゴールデンコンビ、長らく中古市場で高騰してましたからね。

3055-1 EF58 初期形 小窓 茶 (かもめ牽引機) ¥6,200+税
2022-1 C12 ¥10,000+税
意外に早く出てきました、再生産C12。

ホビーセンターカトー
2017年6月
3077-9 EF10 24 関門タイプ 予¥8,000+税
筆者の時代は既にEF30でしたが。C62~EF10~C59orC61・・・・なんとも豪華なリレーです。そんな時代に生まれたかったです。
なお「ラウンドハウス」というブランド名がいつの間にかなくなってしまいました。

TOMIX
2017年4月
9175 JR EF65-500形電気機関車(F形・JR貨物更新車) 6,500
9176 JR EF65-500形電気機関車(P形・後期型・JR貨物更新車) 6,500
9177 JR EF81-600形電気機関車(JR貨物更新車) 6,700
2227 国鉄 DD13-300形ディーゼル機関車(一般型) 6,800
2228 国鉄 DD13-600形ディーゼル機関車(寒地型) 6,800
同社のDE10が素晴らしい走りだったので、DD13にも期待してしまいます。

TOMIX
2017年5月
9178 JR EF66-0形電気機関車(後期型・特急牽引機・灰台車) 6,700
9179 JR EF66-0形電気機関車(中期型・JR貨物新更新車) 6,700
今度のは国産、ですよね?

TOMIX
2017年9月
98031 JR EF63形電気機関車(1次形/2次形・青色)セット 14,200円+税
筆者はロクサンはひとつも持ってないです。

2017年9月
2003 C57形蒸気機関車(135号機) 15,400円+税
TOMIX蒸機の再生産というのはたぶん初めてではないでしょうか。
今まで記憶にないのでやらないものと思ってました。
そろそろ初回品が走らせ過ぎて傷だらけになったので新しいのが欲しいなと思ってたら蒸機神様が同じことを書かれていました。

進行中の工作があるんですが、形になりそうでしたらまた記事にします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
  1. 2017/03/17(金) 01:24:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ